CriAtomExAcbについて

CriAtomExAcbは、ACBファイルへアクセスするためのモジュールです。
CriAtomExAcbを使用することで、CRI Atom Craftで作成されたACBファイル内のキューが再生可能になります。
ACBファイル内のキューを再生する場合、操作手順は以下のようになります。
  1. criAtomExAcb_LoadAcbFile 関数を使用し、ACBファイルをロードする。
  2. criAtomExPlayer_SetCueId関数を使用し、AtomExプレーヤに対して再生するキューのIDをセットする。
  3. criAtomExPlayer_Start関数で再生を開始する。
criAtomExAcb_LoadAcbFile 関数を使用することで、ACBファイルがシステムメモリ上にロードされます。
ACBには、ファイル内の各キューの配置情報(どの位置から何バイトか)やパラメーター(ボリュームやピッチ等)が記録されています。
ACBをロードすることにより、AtomExプレーヤはACBデータ内のキューを再生することが可能になります。
[備考]
ストリーム再生用のキューを含むACBファイルを使用する場合、ACBファイルと共にストリーム再生用のAWBファイルを criAtomExAcb_LoadAcbFile 関数に指定する必要があります。


Next:CriAtomPlayerについて

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.