CriAtomExAcb API


構成

struct  CriAtomExAcbInfoTag
 ACB情報 [詳細]
struct  CriAtomExWaveformInfoTag
 音声波形情報 [詳細]
struct  CriAtomExCuePos3dInfoTag
 キュー3D情報 [詳細]
struct  CriAtomExCueInfoTag
 キュー情報 [詳細]

型定義

typedef CriAtomExAcbObj * CriAtomExAcbHn
 ACBハンドル
typedef CriSint32 CriAtomExCueId
 キューID
typedef CriSint32 CriAtomExCueIndex
 キューインデックス
typedef CriAtomExAcbInfoTag CriAtomExAcbInfo
 ACB情報
typedef CriAtomExWaveformInfoTag CriAtomExWaveformInfo
 音声波形情報
typedef enum CriAtomExAcbCueTypeTag CriAtomExAcbCueType
 キュータイプ
typedef CriAtomExCuePos3dInfoTag CriAtomExCuePos3dInfo
 キュー3D情報
typedef CriAtomExCueInfoTag CriAtomExCueInfo
 キュー情報
typedef CriBool(CRIAPI *) CriAtomExAcbHandleCbFunc (void *obj, CriAtomExAcbHn acb_hn)
 ACBハンドルコールバック関数型
typedef void(CRIAPI *) CriAtomExAcbDetectionInGamePreviewDataCbFunc (void *obj, const CriChar8 *acb_name)
 インゲームプレビュー用データのロード検知コールバック関数
typedef void(CRIAPI *) CriAtomExMonitoringVoiceStopCbFunc (void *obj, CriAtomExMonitoringVoiceStopInfo *voice_stop)
 ボイス停止を監視するコールバック関数型
typedef void(CRIAPI *) CriAtomExMonitorDataUpdateNotificationCbFunc (void *obj, const CriAtomExMonitorDataUpdateNotificationInfo *info)
 オーサリングツールによるデータ更新通知情報取得コールバック関数

列挙型

enum  CriAtomExAcbCueTypeTag {
  CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_POLYPHONIC = (0), CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_SEQUENTIAL, CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_SHUFFLE, CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_RANDOM,
  CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_RANDOM_NO_REPEAT, CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_SWITCH_GAME_VARIABLE, CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_COMBO_SEQUENTIAL, CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_SWITCH_SELECTOR,
  CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_TRACK_TRANSITION_BY_SELECTOR
}
 キュータイプ [詳細]

関数

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbData (void *acb_data, CriSint32 acb_data_size, CriFsBinderHn awb_binder, const CriChar8 *awb_path)
 オンメモリACBデータのロードに必要なワーク領域サイズの計算
CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbDataById (void *acb_data, CriSint32 acb_data_size, CriFsBinderHn awb_binder, CriUint16 awb_id)
 オンメモリACBデータのロードに必要なワーク領域サイズの計算(CPKコンテンツID指定)
CriAtomExAcbHn CRIAPI criAtomExAcb_LoadAcbData (void *acb_data, CriSint32 acb_data_size, CriFsBinderHn awb_binder, const CriChar8 *awb_path, void *work, CriSint32 work_size)
 オンメモリACBデータのロード
CriAtomExAcbHn CRIAPI criAtomExAcb_LoadAcbDataById (void *acb_data, CriSint32 acb_data_size, CriFsBinderHn awb_binder, CriUint16 awb_id, void *work, CriSint32 work_size)
 オンメモリACBデータのロード(CPKコンテンツID指定)
CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbFile (CriFsBinderHn acb_binder, const CriChar8 *acb_path, CriFsBinderHn awb_binder, const CriChar8 *awb_path)
 ACBファイルのロードに必要なワーク領域サイズの計算
CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbFileById (CriFsBinderHn acb_binder, CriUint16 acb_id, CriFsBinderHn awb_binder, CriUint16 awb_id)
 ACBファイルのロードに必要なワーク領域サイズの計算(CPKコンテンツID指定)
CriAtomExAcbHn CRIAPI criAtomExAcb_LoadAcbFile (CriFsBinderHn acb_binder, const CriChar8 *acb_path, CriFsBinderHn awb_binder, const CriChar8 *awb_path, void *work, CriSint32 work_size)
 ACBファイルのロード
CriAtomExAcbHn CRIAPI criAtomExAcb_LoadAcbFileById (CriFsBinderHn acb_binder, CriUint16 acb_id, CriFsBinderHn awb_binder, CriUint16 awb_id, void *work, CriSint32 work_size)
 ACBファイルのロード(CPKコンテンツID指定)
void CRIAPI criAtomExAcb_Release (CriAtomExAcbHn acb_hn)
 ACBハンドルのリリース
void CRIAPI criAtomExAcb_ReleaseAll (void)
 全てのACBハンドルをリリース
CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_EnumerateHandles (CriAtomExAcbHandleCbFunc func, void *obj)
 ACBハンドルの列挙
CriUint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetVersion (void *acb_data, CriSint32 acb_data_size, void *flag)
 オンメモリACBのバージョン取得
CriUint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetVersionFromFile (CriFsBinderHn acb_binder, const CriChar8 *acb_path, void *work, CriSint32 work_size, CriBool *flag)
 ACBファイルのバージョン取得
void CRIAPI criAtomExAcb_GetSupportedVersion (CriUint32 *version_low, CriUint32 *version_high)
 ロード可能バージョン情報取得
CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetNumCues (CriAtomExAcbHn acb_hn)
 キュー数の取得
CriBool CRIAPI criAtomExAcb_ExistsId (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueId id)
 キューの存在確認(キューID指定)
CriBool CRIAPI criAtomExAcb_ExistsName (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *name)
 キューの存在確認(キュー名指定)
CriBool CRIAPI criAtomExAcb_ExistsIndex (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueIndex index)
 キューの存在確認(キューインデックス指定)
CriAtomExCueId CRIAPI criAtomExAcb_GetCueIdByIndex (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueIndex index)
 キューIDの取得(キューインデックス指定)
CriAtomExCueId CRIAPI criAtomExAcb_GetCueIdByName (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *name)
 キューIDの取得(キュー名指定)
const CriChar8 *CRIAPI criAtomExAcb_GetCueNameByIndex (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueIndex index)
 キュー名の取得(キューインデックス指定)
const CriChar8 *CRIAPI criAtomExAcb_GetCueNameById (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueId id)
 キュー名の取得(キューID指定)
CriAtomExCueIndex CRIAPI criAtomExAcb_GetCueIndexById (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueId id)
 キューインデックスの取得(キューID指定)
CriAtomExCueIndex CRIAPI criAtomExAcb_GetCueIndexByName (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *name)
 キューインデックスの取得(キュー名指定)
const CriChar8 *CRIAPI criAtomExAcb_GetUserDataById (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueId id)
 ユーザデータ文字列の取得(キューID指定)
const CriChar8 *CRIAPI criAtomExAcb_GetUserDataByName (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *name)
 ユーザデータ文字列の取得(キュー名指定)
CriSint64 CRIAPI criAtomExAcb_GetLengthById (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueId id)
 キューの長さの取得(キューID指定)
CriSint64 CRIAPI criAtomExAcb_GetLengthByName (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *name)
 キューの長さの取得(キュー名指定)
CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetNumUsableAisacControlsById (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueId id)
 キューでコントロール可能なAISAC Controlの個数の取得(キューID指定)
CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetNumUsableAisacControlsByName (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *name)
 キューでコントロール可能なAISAC Controlの個数の取得(キュー名指定)
CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetUsableAisacControlById (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueId id, CriUint16 index, CriAtomExAisacControlInfo *info)
 キューでコントロール可能なAISAC Controlの取得(キューID指定)
CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetUsableAisacControlByName (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *name, CriUint16 index, CriAtomExAisacControlInfo *info)
 キューでコントロール可能なAISAC Controlの取得(キュー名指定)
CriBool CRIAPI criAtomExAcb_IsUsingAisacControlById (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueId id, CriAtomExAisacControlId aisac_control_id)
 キューがAISAC Controlでコントロール可能かどうかの取得(ID指定)
CriBool CRIAPI criAtomExAcb_IsUsingAisacControlByName (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *name, const CriChar8 *aisac_control_name)
 キューがAISAC Controlでコントロール可能かどうかの取得(名前指定)
CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetCuePriorityById (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueId id)
 キューに設定されているプライオリティの取得(キューID指定)
CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetCuePriorityByName (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *name)
 キューに設定されているプライオリティの取得(キュー名指定)
CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetWaveformInfoById (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueId id, CriAtomExWaveformInfo *waveform_info)
 音声波形情報の取得(キューID指定)
CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetWaveformInfoByName (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *name, CriAtomExWaveformInfo *waveform_info)
 音声波形情報の取得(キュー名指定)
CriAtomAwbHn CRIAPI criAtomExAcb_GetOnMemoryAwbHandle (CriAtomExAcbHn acb_hn)
 オンメモリ再生用AWBハンドルの取得
CriAtomAwbHn CRIAPI criAtomExAcb_GetStreamingAwbHandle (CriAtomExAcbHn acb_hn)
 ストリーム再生用AWBハンドルの取得
CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetCueInfoByName (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *name, CriAtomExCueInfo *info)
 キュー情報の取得(キュー名指定)
CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetCueInfoById (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueId id, CriAtomExCueInfo *info)
 キュー情報の取得(キューID指定)
CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetCueInfoByIndex (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueIndex index, CriAtomExCueInfo *info)
 キュー情報の取得(キューインデックス指定)
CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetNumCuePlayingCountByName (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *name)
 キューリミットが設定されているキューの発音数の取得(キュー名指定)
CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetNumCuePlayingCountById (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueId id)
 キューリミットが設定されているキューの発音数の取得(キューID指定)
CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetNumCuePlayingCountByIndex (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueIndex index)
 キューリミットが設定されているキューの発音数の取得(キューインデックス指定)
CriAtomExBlockIndex CRIAPI criAtomExAcb_GetBlockIndexByIndex (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueIndex index, const CriChar8 *block_name)
 ブロックインデックスの取得(キューインデックス指定)
CriAtomExBlockIndex CRIAPI criAtomExAcb_GetBlockIndexById (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueId id, const CriChar8 *block_name)
 ブロックインデックスの取得(キューID指定)
CriAtomExBlockIndex CRIAPI criAtomExAcb_GetBlockIndexByName (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *name, const CriChar8 *block_name)
 ブロックインデックスの取得(キュー名指定)
void CRIAPI criAtomExAcb_SetDetectionInGamePreviewDataCallback (CriAtomExAcbDetectionInGamePreviewDataCbFunc func, void *obj)
 インゲームプレビュー用データのロード検知コールバック関数の登録
CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetAcbInfo (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExAcbInfo *acb_info)
 ACB情報の取得
void CRIAPI criAtomExAcb_ResetCueTypeStateByName (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *name)
 キュータイプステートのリセット(キュー名指定)
void CRIAPI criAtomExAcb_ResetCueTypeStateById (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueId id)
 キュータイプステートのリセット(キューID指定)
void CRIAPI criAtomExAcb_ResetCueTypeStateByIndex (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriAtomExCueIndex index)
 キュータイプステートのリセット(キューインデックス指定)
void CRIAPI criAtomExAcb_AttachAwbFile (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriFsBinderHn awb_binder, const CriChar8 *awb_path, const CriChar8 *awb_name, void *work, CriSint32 work_size)
 ストリーム用AWBファイルのアタッチ
void CRIAPI criAtomExAcb_DetachAwbFile (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *awb_name)
 ストリーム用AWBファイルのデタッチ
CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForAttachAwbFile (CriFsBinderHn awb_binder, const CriChar8 *awb_path)
 ストリーム用AWBファイルのアタッチに必要なワークサイズ取得
CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetNumAwbFileSlots (CriAtomExAcbHn acb_hn)
 ストリーム用AWBスロット数の取得
const CriChar8 *CRIAPI criAtomExAcb_GetAwbFileSlotName (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriUint16 index)
 ストリーム用AWBスロットの取得
CriBool CRIAPI criAtomExAcb_IsAttachedAwbFile (CriAtomExAcbHn acb_hn, const CriChar8 *awb_name)
 ストリーム用AWBファイルのアタッチ状態取得
void CRIAPI criAtomExAcb_Decrypt (CriAtomExAcbHn acb_hn, CriUint64 key, CriUint64 nonce)
 復号キーの指定

型定義

typedef CriAtomExAcbObj* CriAtomExAcbHn

ACBハンドル

説明:
キューシート情報を管理するハンドルです。
criAtomExAcb_LoadAcbFile 関数等で読み込んだキューシートファイル内の 音声を再生する場合、本ハンドルとキューIDをプレーヤーに対してセットします。
参照:
criAtomExAcb_LoadAcbFile, criAtomExPlayer_SetCueId

typedef CriSint32 CriAtomExCueId

キューID

説明:
キューIDは、ユーザがオーサリングツール上でキューに対して割り当てた一意のIDです。
キューIDをプログラム中で保持する際には、本変数型を用いて値を取り扱う必要があります。
参照:
criAtomExPlayer_SetCueId

typedef CriSint32 CriAtomExCueIndex

キューインデックス

説明:
キューインデックスは、ACBファイル内のコンテンツのオフセットを示す番号です。
(先頭のコンテンツが0番、その次のコンテンツが1番…というふうに、コンテンツに 順番に割り当てられる番号です。)
キューインデックスをプログラム中で保持する際には、本変数型を用いて値を取り扱う必要があります。
参照:
criAtomExPlayer_SetCueIndex

typedef struct CriAtomExAcbInfoTag CriAtomExAcbInfo

ACB情報

説明:
ACBデータの各種情報です。
参照:
criAtomExAcb_GetAcbInfo

typedef struct CriAtomExWaveformInfoTag CriAtomExWaveformInfo

音声波形情報

説明:
波形情報は、各キューから再生される音声波形の詳細情報です。
参照:
criAtomExAcb_GetWaveformInfoById, criAtomExAcb_GetWaveformInfoByName

typedef enum CriAtomExAcbCueTypeTag CriAtomExAcbCueType

キュータイプ

参照:
CriAtomExCueInfo

typedef struct CriAtomExCuePos3dInfoTag CriAtomExCuePos3dInfo

キュー3D情報

説明:
波形情報は、キューの3D詳細情報です。
参照:
CriAtomExCueInfo

typedef struct CriAtomExCueInfoTag CriAtomExCueInfo

キュー情報

説明:
キューの詳細情報です。
参照:
criAtomExAcb_GetCueInfoByName, criAtomExAcb_GetCueInfoById, criAtomExAcb_GetCueInfoByIndex

typedef CriBool(CRIAPI *) CriAtomExAcbHandleCbFunc(void *obj, CriAtomExAcbHn acb_hn)

ACBハンドルコールバック関数型

引数:
[in] obj ユーザ指定オブジェクト
[in] acb_hn ACBハンドル
戻り値:
CriBool 列挙を続けるかどうか(CRI_TRUE:継続、CRI_FALSE:中止)
説明:
ACBハンドルの通知に使用される、コールバック関数の型です。
criAtomExAcb_EnumerateHandles 関数に本関数型のコールバック関数を登録することで、 ACBハンドルをコールバック経由で受け取ることが可能です。
注意:
ACBハンドルをコールバック関数内で破棄してはいけません。
参照:
criAtomExAcb_EnumerateHandles, CriAtomExAcbHn

typedef void(CRIAPI *) CriAtomExAcbDetectionInGamePreviewDataCbFunc(void *obj, const CriChar8 *acb_name)

インゲームプレビュー用データのロード検知コールバック関数

説明:
引数:
[in] obj ユーザ指定オブジェクト
[in] acb_name ACB名
戻り値:
なし
説明:
インゲームプレビュー用データのロードを検知した場合に呼び出すコールバック関数です。
インゲームプレビュー用データを使用しているか調査する際に使用します。

コールバック関数の登録には criAtomExAcb_SetDetectionInGamePreviewDataCallback 関数を使用します。
登録したコールバック関数は、ACBロード関数内でACBの内容解析を行ったタイミングで実行されます。
注意:
基本的に、コールバック関数内ではAtomライブラリAPIを使用しないでください。
本コールバック関数内で長時間処理をブロックすると、音切れ等の問題が発生しますので、 ご注意ください。
参照:
criAtomExAcb_SetDetectionInGamePreviewDataCallback

typedef void(CRIAPI *) CriAtomExMonitoringVoiceStopCbFunc(void *obj, CriAtomExMonitoringVoiceStopInfo *voice_stop)

ボイス停止を監視するコールバック関数型

引数:
[in] obj ユーザ指定オブジェクト
[in] voice_stop ボイス停止内容
説明:
監視している再生ID内で発音しているボイスが停止した際に使用される、コールバック関数の型です。
注意:
基本的に、コールバック関数内ではAtomライブラリAPIを使用しないでください。
本コールバック関数内で長時間処理をブロックすると、音切れ等の問題が発生しますので、 ご注意ください。
参照:
criAtomEx_SetMonitoringVoiceStopCallback

typedef void(CRIAPI *) CriAtomExMonitorDataUpdateNotificationCbFunc(void *obj, const CriAtomExMonitorDataUpdateNotificationInfo *info)

オーサリングツールによるデータ更新通知情報取得コールバック関数

説明:
引数:
[in] obj ユーザ指定オブジェクト
[in] info データ更新通知情報取得
戻り値:
なし
説明:
インゲームプレビュー時にオーサリングツールからのデータ更新処理が発生した場合に呼び出すコールバック関数です。
インゲームプレビュー時にアプリケーション側でデータ更新状態を取得したい場合に使用します。

コールバック関数の登録には criAtomExMonitor_SetDataUpdateNotificationCallback 関数を使用します。
登録したコールバック関数は、インゲームプレビュー中にオーサリングツールからのデータ更新前後のタイミングで実行されます。
注意:
基本的に、コールバック関数内ではAtomライブラリAPIを使用しないでください。
本コールバック関数内で長時間処理をブロックすると、音切れ等の問題が発生しますので、 ご注意ください。
コールバック関数に引数として渡されるCriAtomExMonitorDataUpdateNotificationInfo構造体への参照はコールバック関数内だけで行ってください。
コールバック関数外で参照する場合は、別領域に内容を保存してから行ってください。
参照:
criAtomExMonitor_SetDataUpdateNotificationCallback, CriAtomExMonitorDataUpdateNotificationInfo


列挙型

enum CriAtomExAcbCueTypeTag

キュータイプ

参照:
CriAtomExCueInfo
列挙型の値:
CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_POLYPHONIC  ポリフォニック
CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_SEQUENTIAL  シーケンシャル
CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_SHUFFLE  シャッフル再生
CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_RANDOM  ランダム
CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_RANDOM_NO_REPEAT  ランダム非連続(前回再生した音以外をランダムに鳴らす)
CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_SWITCH_GAME_VARIABLE  スイッチ再生(ゲーム変数を参照して再生トラックの切り替える)
CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_COMBO_SEQUENTIAL  コンボシーケンシャル(「コンボ時間」内に連続コンボが決まるとシーケンシャル、最後までいくと「コンボループバック」地点に戻る)
CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_SWITCH_SELECTOR  スイッチ再生(セレクターを参照して再生トラックを切り替える)
CRIATOMEXACB_CUE_TYPE_TRACK_TRANSITION_BY_SELECTOR  トラックトランジション再生(セレクターを参照して再生トラックを切り替える)


関数

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbData ( void *  acb_data,
CriSint32  acb_data_size,
CriFsBinderHn  awb_binder,
const CriChar8 *  awb_path 
)

オンメモリACBデータのロードに必要なワーク領域サイズの計算

引数:
[in] acb_data ACBデータアドレス
[in] acb_data_size ACBデータサイズ
[in] awb_binder AWBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] awb_path AWBファイルのパス
戻り値:
CriSint32 ワーク領域サイズ
戻り値:
0以上 正常に処理が完了
-1 エラーが発生
説明:
criAtomExAcb_LoadAcbData 関数の実行に必要なワーク領域サイズを計算します。 criAtomEx_SetUserAllocator マクロによるアロケーター登録を行わずに criAtomExAcb_LoadAcbData 関数でAWBデータをロードする際には、 本関数が返すサイズ分のメモリをワーク領域として渡す必要があります。

ワーク領域サイズの計算に失敗すると、本関数は -1 を返します。
ワーク領域サイズの計算に失敗した理由については、エラーコールバックのメッセージで確認可能です。
備考:
データがCPKにパックされていない場合、引数binderにはNULLを指定してください。
注意:
ワーク領域のサイズはライブラリ初期化時( criAtomEx_Initialize 関数実行時) に指定したパラメーターによって変化します。
そのため、本関数を実行する前に、ライブラリを初期化しておく必要があります。
参照:
criAtomExAcb_LoadAcbData

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbDataById ( void *  acb_data,
CriSint32  acb_data_size,
CriFsBinderHn  awb_binder,
CriUint16  awb_id 
)

オンメモリACBデータのロードに必要なワーク領域サイズの計算(CPKコンテンツID指定)

引数:
[in] acb_data ACBデータアドレス
[in] acb_data_size ACBデータサイズ
[in] awb_binder AWBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] awb_id CPKファイル内のAWBデータのID
戻り値:
CriSint32 ワーク領域サイズ
戻り値:
0以上 正常に処理が完了
-1 エラーが発生
説明:
criAtomExAcb_LoadAcbDataById 関数の実行に必要なワーク領域サイズを計算します。 ファイルパスの代わりにCPKコンテンツIDを指定する点を除けば、 criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbData 関数と機能は同じです。
備考:
データがCPKにパックされていない場合、引数binderにはNULLを指定してください。
参照:
criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbData, criAtomExAcb_LoadAcbDataById

CriAtomExAcbHn CRIAPI criAtomExAcb_LoadAcbData ( void *  acb_data,
CriSint32  acb_data_size,
CriFsBinderHn  awb_binder,
const CriChar8 *  awb_path,
void *  work,
CriSint32  work_size 
)

オンメモリACBデータのロード

引数:
[in] acb_data ACBデータアドレス
[in] acb_data_size ACBデータサイズ
[in] awb_binder AWBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] awb_path AWBファイルのパス
[in] work ワーク領域
[in] work_size ワーク領域サイズ
戻り値:
CriAtomExAcbHn ACBハンドル
説明:
ACBデータをロードし、キュー再生に必要な情報を取り込みます。
ACBデータのロードに必要なワーク領域のサイズは、 criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbData 関数で計算します。

第3引数の awb_binder 、および第4引数の awb_path には、ストリーム再生用 のAWBファイルを指定します。
(オンメモリ再生のみのACBデータをロードする場合、 awb_binder および awb_path にセットした値は無視されます。)

ACBデータをロードすると、ACBデータにアクセスするためのACBハンドル ( CriAtomExAcbHn )が返されます。
AtomExプレーヤーに対し、 criAtomExPlayer_SetCueId 関数でACBハンドル、および再生する キューのIDをセットすることで、ACBデータ内のキューを再生することが可能です。

ACBファイルのロードに成功すると、本関数は戻り値として ACB ハンドルを返します。
リードエラー等によりACBファイルのロードに失敗した場合、本関数は戻り値として CRI_NULL を返します。
備考:
criAtomEx_SetUserAllocator マクロを使用してアロケーターを登録済みの場合、 本関数にワーク領域を指定する必要はありません。
( work に NULL 、 work_size に 0 を指定することで、登録済みのアロケーター から必要なワーク領域サイズ分のメモリが動的に確保されます。)
本関数は即時復帰関数です。
ACBファイルを事前にメモリにロードしてから本関数を実行することで、 ACBハンドル作成時に処理がブロックされるのを回避可能です。
データがCPKにパックされていない場合、引数binderにはNULLを指定してください。
注意:
本関数にてセットしたデータ領域やワーク領域のメモリ内容はACBハンドル破棄時 までアプリケーション中で保持し続ける必要があります。
(セット済みのワーク領域に値を書き込んだり、メモリ解放したりしてはいけません。)
また、データ領域の一部はワークとして使用されます。

ACBデータにはワーク領域も含まれています。
そのため、1つのACBデータ領域を複数回同時にロードすることはできません。
(作成されたACBハンドルを複数のAtomExプレーヤーで共有することは可能です。)

ACBハンドルは内部的にバインダー( CriFsBinderHn )を確保します。
ACBファイルをロードする場合、ACBハンドル数分のバインダーが確保できる設定で Atomライブラリ(またはCRI File Systemライブラリ)を初期化する必要があります。

本関数を実行する前に、ライブラリを初期化しておく必要があります。
参照:
criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbData, CriAtomExAcbHn, criAtomExPlayer_SetCueId

CriAtomExAcbHn CRIAPI criAtomExAcb_LoadAcbDataById ( void *  acb_data,
CriSint32  acb_data_size,
CriFsBinderHn  awb_binder,
CriUint16  awb_id,
void *  work,
CriSint32  work_size 
)

オンメモリACBデータのロード(CPKコンテンツID指定)

引数:
[in] acb_data ACBデータアドレス
[in] acb_data_size ACBデータサイズ
[in] awb_binder AWBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] awb_id CPKファイル内のAWBデータのID
[in] work ワーク領域
[in] work_size ワーク領域サイズ
戻り値:
CriAtomExAcbHn ACBハンドル
説明:
ACBデータをロードし、キュー再生に必要な情報を取り込みます。
ファイルパスの代わりにCPKコンテンツIDを指定する点を除けば、 criAtomExAcb_LoadAcbData 関数と機能は同じです。
備考:
データがCPKにパックされていない場合、引数binderにはNULLを指定してください。
参照:
criAtomExAcb_LoadAcbData

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbFile ( CriFsBinderHn  acb_binder,
const CriChar8 *  acb_path,
CriFsBinderHn  awb_binder,
const CriChar8 *  awb_path 
)

ACBファイルのロードに必要なワーク領域サイズの計算

引数:
[in] acb_binder ACBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] acb_path ACBファイルのパス
[in] awb_binder AWBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] awb_path AWBファイルのパス
戻り値:
CriSint32 ワーク領域サイズ
戻り値:
0以上 正常に処理が完了
-1 エラーが発生
説明:
criAtomExAcb_LoadAcbFile 関数の実行に必要なワーク領域サイズを計算します。 criAtomEx_SetUserAllocator マクロによるアロケーター登録を行わずに criAtomExAcb_LoadAcbFile 関数でACBファイルをロードする際には、 本関数が返すサイズ分のメモリをワーク領域として渡す必要があります。

ワーク領域サイズの計算に失敗すると、本関数は -1 を返します。
ワーク領域サイズの計算に失敗した理由については、エラーコールバックのメッセージで確認可能です。
注意:
ワーク領域のサイズはライブラリ初期化時( criAtomEx_Initialize 関数実行時) に指定したパラメーターによって変化します。
そのため、本関数を実行する前に、ライブラリを初期化しておく必要があります。

本関数は、関数実行開始時に criFsLoader_Create 関数でローダーを確保し、 終了時に criFsLoader_Destroy 関数でローダーを破棄します。
本関数を実行する際には、空きローダーハンドルが1つ以上ある状態になるよう、 ローダー数を調整してください。

本関数は完了復帰型の関数です。
ACBファイルのロードにかかる時間は、プラットフォームによって異なります。
ゲームループ等の画面更新が必要なタイミングで本関数を実行するとミリ秒単位で 処理がブロックされ、フレーム落ちが発生する恐れがあります。
ACBファイルのロードは、シーンの切り替わり等、負荷変動を許容できる タイミングで行うようお願いいたします。
参照:
criAtomExAcb_LoadAcbFile

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbFileById ( CriFsBinderHn  acb_binder,
CriUint16  acb_id,
CriFsBinderHn  awb_binder,
CriUint16  awb_id 
)

ACBファイルのロードに必要なワーク領域サイズの計算(CPKコンテンツID指定)

引数:
[in] acb_binder ACBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] acb_id CPKファイル内のACBデータのID
[in] awb_binder AWBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] awb_id CPKファイル内のAWBデータのID
戻り値:
CriSint32 ワーク領域サイズ
戻り値:
0以上 正常に処理が完了
-1 エラーが発生
説明:
criAtomExAcb_LoadAcbFileById 関数の実行に必要なワーク領域サイズを計算します。 ファイルパスの代わりにCPKコンテンツIDを指定する点を除けば、 criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbFile 関数と機能は同じです。
備考:
データがCPKにパックされていない場合、引数binderにはNULLを指定してください。
参照:
criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbFile, criAtomExAcb_LoadAcbFileById

CriAtomExAcbHn CRIAPI criAtomExAcb_LoadAcbFile ( CriFsBinderHn  acb_binder,
const CriChar8 *  acb_path,
CriFsBinderHn  awb_binder,
const CriChar8 *  awb_path,
void *  work,
CriSint32  work_size 
)

ACBファイルのロード

引数:
[in] acb_binder ACBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] acb_path ACBファイルのパス
[in] awb_binder AWBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] awb_path AWBファイルのパス
[in] work ワーク領域
[in] work_size ワーク領域サイズ
戻り値:
CriAtomExAcbHn ACBハンドル
説明:
ACBファイルをロードし、キュー再生に必要な情報を取り込みます。
ACBファイルのロードに必要なワーク領域のサイズは、 criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbFile 関数で計算します。

第3引数の awb_binder 、および第4引数の awb_path には、ストリーム再生用 のAWBファイルを指定します。
(オンメモリ再生のみのACBデータをロードする場合、 awb_binder および awb_path にセットした値は無視されます。)

ACBファイルをロードすると、ACBデータにアクセスするためのACBハンドル ( CriAtomExAcbHn )が返されます。
AtomExプレーヤーに対し、 criAtomExPlayer_SetCueId 関数でACBハンドル、および再生する キューのIDをセットすることで、ACBファイル内のキューを再生することが可能です。

ACBファイルのロードに成功すると、本関数は戻り値として ACB ハンドルを返します。
リードエラー等によりACBファイルのロードに失敗した場合、本関数は戻り値として CRI_NULL を返します。
備考:
criAtomEx_SetUserAllocator マクロを使用してアロケーターを登録済みの場合、 本関数にワーク領域を指定する必要はありません。
( work に NULL 、 work_size に 0 を指定することで、登録済みのアロケーター から必要なワーク領域サイズ分のメモリが動的に確保されます。)
備考:
データがCPKにパックされていない場合、引数binderにはNULLを指定してください。
注意:
本関数を実行する前に、ライブラリを初期化しておく必要があります。

本関数にワーク領域をセットした場合、セットした領域のメモリをACBハンドル破棄時 までアプリケーション中で保持し続ける必要があります。
(セット済みのワーク領域に値を書き込んだり、メモリ解放したりしてはいけません。)

ACBハンドルは内部的にバインダー( CriFsBinderHn )とローダー( CriFsLoaderHn )を確保します。
ACBファイルをロードする場合、ACBハンドル数分のバインダーとローダーが確保できる設定で Atomライブラリ(またはCRI File Systemライブラリ)を初期化する必要があります。

本関数は完了復帰型の関数です。
ACBファイルのロードにかかる時間は、プラットフォームによって異なります。
ゲームループ等の画面更新が必要なタイミングで本関数を実行するとミリ秒単位で 処理がブロックされ、フレーム落ちが発生する恐れがあります。
ACBファイルのロードは、シーンの切り替わり等、負荷変動を許容できる タイミングで行うようお願いいたします。
参照:
criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbFile, CriAtomExAcbHn, criAtomExPlayer_SetCueId

CriAtomExAcbHn CRIAPI criAtomExAcb_LoadAcbFileById ( CriFsBinderHn  acb_binder,
CriUint16  acb_id,
CriFsBinderHn  awb_binder,
CriUint16  awb_id,
void *  work,
CriSint32  work_size 
)

ACBファイルのロード(CPKコンテンツID指定)

引数:
[in] acb_binder ACBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] acb_id CPKファイル内のACBデータのID
[in] awb_binder AWBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] awb_id CPKファイル内のAWBデータのID
[in] work ワーク領域
[in] work_size ワーク領域サイズ
戻り値:
CriAtomExAcbHn ACBハンドル
説明:
ACBファイルをロードし、キュー再生に必要な情報を取り込みます。
ファイルパスの代わりにCPKコンテンツIDを指定する点を除けば、 criAtomExAcb_LoadAcbFile 関数と機能は同じです。
備考:
データがCPKにパックされていない場合、引数binderにはNULLを指定してください。
参照:
criAtomExAcb_LoadAcbFile

void CRIAPI criAtomExAcb_Release ( CriAtomExAcbHn  acb_hn  ) 

ACBハンドルのリリース

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
説明:
ACBハンドルを解放します。
criAtomEx_SetUserAllocator マクロを使用してアロケーターを登録済みの場合、 ACBハンドル作成時に確保されたメモリ領域が解放されます。
(ACBハンドル作成時にワーク領域を渡した場合、本関数実行後であれば ワーク領域を解放可能です。)
備考:
本関数でACBハンドルを破棄する際には、 当該ACBハンドルを参照しているキューは全て停止されます。
(本関数実行後に、ACBハンドルの作成に使用したワーク領域や、 ACBデータが配置されていた領域が参照されることはありません。)
注意:
本関数を実行すると、破棄しようとしているACBデータを参照している Atomプレーヤーが存在しないか、ライブラリ内で検索処理が行われます。
そのため、本関数実行中に他スレッドでAtomプレーヤーの作成/破棄を行うと、 アクセス違反やデッドロック等の重大な不具合を誘発する恐れがあります。
本関数実行時にAtomプレーヤーの作成/破棄を他スレッドで行う必要がある場合、 Atomプレーヤーの作成/破棄を criAtomEx_Lock 関数でロックしてから実行ください。
参照:
criAtomExAcb_LoadAcbData, criAtomExAcb_LoadAcbFile

void CRIAPI criAtomExAcb_ReleaseAll ( void   ) 

全てのACBハンドルをリリース

説明:
ロード済みの全てのACBハンドルを解放します。
criAtomEx_SetUserAllocator マクロを使用してアロケーターを登録済みの場合、 ACBハンドル作成時に確保されたメモリ領域が解放されます。
(ACBハンドル作成時にワーク領域を渡した場合、本関数実行後であれば ワーク領域を解放可能です。)
備考:
本関数を実行すると、全てのキュー再生がその時点で停止します。
(本関数実行後に、ACBハンドルの作成に使用したワーク領域や、 ACBデータが配置されていた領域が参照されることはありません。)
注意:
本関数を実行すると、指定したACBデータを参照しているAtomプレーヤーが存在しないか、 ライブラリ内で検索処理が行われます。
そのため、本関数実行中に他スレッドでAtomプレーヤーの作成/破棄を行うと、 アクセス違反やデッドロック等の重大な不具合を誘発する恐れがあります。
本関数実行時にAtomプレーヤーの作成/破棄を他スレッドで行う必要がある場合、 Atomプレーヤーの作成/破棄を criAtomEx_Lock 関数でロックしてから実行ください。
参照:
criAtomExAcb_LoadAcbData, criAtomExAcb_LoadAcbFile

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_EnumerateHandles ( CriAtomExAcbHandleCbFunc  func,
void *  obj 
)

ACBハンドルの列挙

引数:
[in] func ACBハンドルコールバック関数
[in] obj ユーザ指定オブジェクト
戻り値:
CriSint32 列挙されたACBハンドルの数
説明:
ACBハンドルを列挙します。

本関数を実行すると、第 1 引数( func ) でセットされたコールバック関数がACBハンドルの数分だけ呼び出されます。
コールバック関数には、ACBハンドルが引数として渡されます。
備考:
第 2 引数( obj )にセットした値は、コールバック関数の引数として渡されます。
コールバック関数のその他の引数については、 別途 CriAtomExAcbHandleCbFunc の説明をご参照ください。

戻り値は列挙されたACBハンドルの数(登録したコールバック関数が呼び出された回数)です。
(初回コールバック時に列挙を中止した場合でも 1 が返されます。)
ACBハンドルが存在しない場合、本関数は 0 を返します。
また、引数が不正な場合等、エラーが発生した際には -1 を返します。
注意:
ACBハンドルをコールバック関数内で破棄してはいけません。
全てのACBハンドルを一括で破棄する場合には、本関数の代わりに、 criAtomExAcb_ReleaseAll 関数を使用してください。
参照:
CriAtomExAcbHandleCbFunc, criAtomExAcb_ReleaseAll

CriUint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetVersion ( void *  acb_data,
CriSint32  acb_data_size,
void *  flag 
)

オンメモリACBのバージョン取得

引数:
[in] acb_data ACBデータアドレス
[in] acb_data_size ACBデータサイズ
[out] flag ロード可能フラグ
戻り値:
CriUint2 ACBフォーマットバージョン
説明:
メモリ上に配置されたACBデータのフォーマットバージョンを取得します。
また、flag引数にロード可能なバージョンかどうかをBool値で返します。

CriUint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetVersionFromFile ( CriFsBinderHn  acb_binder,
const CriChar8 *  acb_path,
void *  work,
CriSint32  work_size,
CriBool *  flag 
)

ACBファイルのバージョン取得

引数:
[in] acb_binder ACBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] acb_path ACBファイルのパス
[in] work ワーク領域
[in] work_size ワーク領域サイズ
[out] flag ロード可能フラグ
戻り値:
CriUint2 ACBフォーマットバージョン
説明:
ACBファイルをメモリにロードしACBデータのフォーマットバージョンを取得します。
ACB情報の登録に必要なワーク領域のサイズは、 criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForLoadAcbFile 関数で計算します。

ACBファイルフォーマットバージョンを元にflag引数にロード可能なバージョンかどうかをBool値で返します。
備考:
criAtomEx_SetUserAllocator マクロを使用してアロケーターを登録済みの場合、 本関数にワーク領域を指定する必要はありません。
( work に NULL 、 work_size に 0 を指定することで、登録済みのアロケーター から必要なワーク領域サイズ分のメモリが動的に確保されます。)
備考:
データがCPKにパックされていない場合、引数binderにはNULLを指定してください。
注意:
本関数にセットしたワーク領域は、 アプリケーションで保持する必要はありません。
(メモリにロードしたデータは関数終了時に解放されます。)

本関数は、関数実行開始時に criFsLoader_Create 関数でローダーを確保し、 終了時に criFsLoader_Destroy 関数でローダーを破棄します。
本関数を実行する際には、空きローダーハンドルが1つ以上ある状態になるよう、 ローダー数を調整してください。

void CRIAPI criAtomExAcb_GetSupportedVersion ( CriUint32 *  version_low,
CriUint32 *  version_high 
)

ロード可能バージョン情報取得

引数:
[out] version_low ロード可能下位バージョン
[out] version_high ロード可能上位バージョン
説明:
ロード可能なACBのバージョン情報を取得します。
上位バージョンはライブラリビルド時点での情報のため、この値より上位のACBでも ロード可能な場合もあります。

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetNumCues ( CriAtomExAcbHn  acb_hn  ) 

キュー数の取得

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
戻り値:
CriSint32 キュー数
説明:
ACBデータに含まれるキュー数を取得します。
備考:
引数( acb_hn )に NULL を指定した場合、最後にロードしたACBデータを処理対象とします。

CriBool CRIAPI criAtomExAcb_ExistsId ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueId  id 
)

キューの存在確認(キューID指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] id キューID
戻り値:
CriBool キューが存在するかどうか(存在する:CRI_TRUE/存在しない:CRI_FALSE)
説明:
指定したIDのキューが存在するかどうかを取得します。
存在した場合にはCRI_TRUEを返します。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータが検索対象となります。
(指定したIDを持つACBデータが1つでも存在すれば、本関数は CRI_TRUE を返します。)

CriBool CRIAPI criAtomExAcb_ExistsName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  name 
)

キューの存在確認(キュー名指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] name キュー名
戻り値:
CriBool キューが存在するかどうか(存在する:CRI_TRUE/存在しない:CRI_FALSE)
説明:
指定した名前のキューが存在するかどうかを取得します。
存在した場合にはCRI_TRUEを返します。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータが検索対象となります。
(指定したキュー名を持つACBデータが1つでも存在すれば、本関数は CRI_TRUE を返します。)

CriBool CRIAPI criAtomExAcb_ExistsIndex ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueIndex  index 
)

キューの存在確認(キューインデックス指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] index キューインデックス
戻り値:
CriBool キューが存在するかどうか(存在する:CRI_TRUE/存在しない:CRI_FALSE)
説明:
指定したインデックスのキューが存在するかどうかを取得します。
存在した場合にはCRI_TRUEを返します。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータが検索対象となります。
(指定したキューインデックスを持つACBデータが1つでも存在すれば、本関数は CRI_TRUE を返します。)

CriAtomExCueId CRIAPI criAtomExAcb_GetCueIdByIndex ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueIndex  index 
)

キューIDの取得(キューインデックス指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] index キューインデックス
戻り値:
CriAtomExCueId キューID
説明:
キューインデックスからキューIDを取得します。
指定したキューインデックスのキューが存在しない場合、-1が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキューインデックスに 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキューインデックスを持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューのIDが返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

CriAtomExCueId CRIAPI criAtomExAcb_GetCueIdByName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  name 
)

キューIDの取得(キュー名指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] name キュー名
戻り値:
CriAtomExCueId キューID
説明:
キュー名からキューIDを取得します。
指定したキュー名のキューが存在しない場合、-1が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューのIDが返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

const CriChar8* CRIAPI criAtomExAcb_GetCueNameByIndex ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueIndex  index 
)

キュー名の取得(キューインデックス指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] index キューインデックス
戻り値:
const CriChar8* キュー名
説明:
キューインデックスからキュー名を取得します。
指定したキューインデックスのキューが存在しない場合、NULLが返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキューインデックスに 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキューインデックスを持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューの名前が返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

const CriChar8* CRIAPI criAtomExAcb_GetCueNameById ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueId  id 
)

キュー名の取得(キューID指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] id キューID
戻り値:
const CriChar8* キュー名
説明:
キューIDからキュー名を取得します。
指定したキューIDのキューが存在しない場合、NULLが返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキューIDに 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキューIDを持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューの名前が返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

CriAtomExCueIndex CRIAPI criAtomExAcb_GetCueIndexById ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueId  id 
)

キューインデックスの取得(キューID指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] id キューID
戻り値:
CriAtomExCueIndex キューインデックス
説明:
キューIDからキューインデックスを取得します。
指定したキューIDのキューが存在しない場合、-1が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキューIDに 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキューIDを持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューのインデックスが返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

CriAtomExCueIndex CRIAPI criAtomExAcb_GetCueIndexByName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  name 
)

キューインデックスの取得(キュー名指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] name キュー名
戻り値:
CriAtomExCueIndex キューインデックス
説明:
キュー名からキューインデックスを取得します。
指定したキュー名のキューが存在しない場合、-1が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューのインデックスが返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

const CriChar8* CRIAPI criAtomExAcb_GetUserDataById ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueId  id 
)

ユーザデータ文字列の取得(キューID指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] id キューID
戻り値:
const CriChar8 * ユーザデータ文字列
説明:
キューIDを指定して、キューのユーザデータ文字列を取得します。
指定したキューIDのキューが存在しない場合、NULLが返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキューIDに 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキューIDを持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューのユーザデータが返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

const CriChar8* CRIAPI criAtomExAcb_GetUserDataByName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  name 
)

ユーザデータ文字列の取得(キュー名指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] name キュー名
戻り値:
const CriChar8 * ユーザデータ文字列
説明:
キュー名を指定して、キューのユーザデータ文字列を取得します。
指定したキュー名のキューが存在しない場合、NULLが返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューのユーザデータが返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

CriSint64 CRIAPI criAtomExAcb_GetLengthById ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueId  id 
)

キューの長さの取得(キューID指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] id キューID
戻り値:
CriSint64 キューの長さ(ミリ秒単位)
説明:
キューIDを指定して、キューの長さを取得します。キューの長さはミリ秒単位です。
指定したキューIDのキューが存在しない場合や、無限ループするキューの場合、-1が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキューIDに 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキューIDを持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューの長さが返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

CriSint64 CRIAPI criAtomExAcb_GetLengthByName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  name 
)

キューの長さの取得(キュー名指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] name キュー名
戻り値:
CriSint64 キューの長さ(ミリ秒単位)
説明:
キュー名を指定して、キューの長さを取得します。キューの長さはミリ秒単位です。
指定したキュー名のキューが存在しない場合や、無限ループするキューの場合、-1が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューの長さが返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetNumUsableAisacControlsById ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueId  id 
)

キューでコントロール可能なAISAC Controlの個数の取得(キューID指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] id キューID
戻り値:
CriSint32 AISAC Controlの個数
説明:
キューIDを指定して、キューでコントロール可能なAISAC Controlの個数を取得します。
指定したキューIDのキューが存在しない場合は、-1が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキューIDに 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキューIDを持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューのコントロール可能なAISAC Controlの個数が返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)
参照:
criAtomExAcb_GetNumUsableAisacControlsByName, criAtomExAcb_GetUsableAisacControlById, criAtomExAcb_GetUsableAisacControlByName

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetNumUsableAisacControlsByName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  name 
)

キューでコントロール可能なAISAC Controlの個数の取得(キュー名指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] name キュー名
戻り値:
CriSint32 AISAC Controlの個数
説明:
キュー名を指定して、キューでコントロール可能なAISAC Controlの個数を取得します。
指定したキュー名のキューが存在しない場合は、-1が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューのコントロール可能なAISAC Controlの個数が返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)
参照:
criAtomExAcb_GetNumUsableAisacControlsById, criAtomExAcb_GetUsableAisacControlById, criAtomExAcb_GetUsableAisacControlByName

CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetUsableAisacControlById ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueId  id,
CriUint16  index,
CriAtomExAisacControlInfo info 
)

キューでコントロール可能なAISAC Controlの取得(キューID指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] id キューID
[in] index AISAC Controlインデックス
[out] info AISAC Control情報
戻り値:
CriBool 取得に成功したかどうか(成功:CRI_TRUE、失敗:CRI_FALSE)
説明:
キューIDとAISAC Controlインデックスを指定して、AISAC Control情報を取得します。
指定したキューIDのキューが存在しない場合は、CRI_FALSEが返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキューIDに 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキューIDを持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューのAISAC Control情報が返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)
参照:
criAtomExAcb_GetNumUsableAisacControlsById, criAtomExAcb_GetNumUsableAisacControlsByName, criAtomExAcb_GetUsableAisacControlByName

CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetUsableAisacControlByName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  name,
CriUint16  index,
CriAtomExAisacControlInfo info 
)

キューでコントロール可能なAISAC Controlの取得(キュー名指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] name キュー名
[in] index AISAC Controlインデックス
[out] info AISAC Control情報
戻り値:
CriBool 取得に成功したかどうか(成功:CRI_TRUE、失敗:CRI_FALSE)
説明:
キュー名とAISAC Controlインデックスを指定して、AISAC Control情報を取得します。
指定したキュー名のキューが存在しない場合は、CRI_FALSEが返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューのAISAC Control情報が返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)
参照:
criAtomExAcb_GetNumUsableAisacControlsById, criAtomExAcb_GetNumUsableAisacControlsByName, criAtomExAcb_GetUsableAisacControlById

CriBool CRIAPI criAtomExAcb_IsUsingAisacControlById ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueId  id,
CriAtomExAisacControlId  aisac_control_id 
)

キューがAISAC Controlでコントロール可能かどうかの取得(ID指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] id キューID
[in] aisac_control_id AISAC Control id
戻り値:
CriBool コントロール可能かどうか(可能:CRI_TRUE、不可能:CRI_FALSE)
説明:
キューIDとAISAC Control Idを指定して、キューがAISAC Controlでコントロール可能かどうかを取得します。
指定したキューIDのキューが存在しない場合は、CRI_FALSEが返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキューIDに 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキューIDを持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューのAISAC Control情報を元に値を返します)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)
参照:
criAtomExAcb_IsUsingAisacControlByName

CriBool CRIAPI criAtomExAcb_IsUsingAisacControlByName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  name,
const CriChar8 *  aisac_control_name 
)

キューがAISAC Controlでコントロール可能かどうかの取得(名前指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] name キュー名
[in] aisac_control_name AISAC Controlインデックス
戻り値:
CriBool 取得に成功したかどうか(成功:CRI_TRUE、失敗:CRI_FALSE)
説明:
キュー名とAISAC Controlインデックスを指定して、AISAC Control情報を取得します。
指定したキュー名のキューが存在しない場合は、CRI_FALSEが返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューのAISAC Control情報を元に値を返します)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)
参照:
criAtomExAcb_IsUsingAisacControlById

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetCuePriorityById ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueId  id 
)

キューに設定されているプライオリティの取得(キューID指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] id キューID
戻り値:
CriSint32 プライオリティ(取得に失敗した場合-1が帰ります)
説明:
キューIDを指定して、キューに設定されているプライオリティを取得します。
指定したキューIDのキューが存在しない場合は、-1が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキューIDに 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキューIDを持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューのプライオリティが返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)
参照:
criAtomExAcb_GetCuePriorityByName

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetCuePriorityByName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  name 
)

キューに設定されているプライオリティの取得(キュー名指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] name キュー名
戻り値:
CriSint32 プライオリティ(取得に失敗した場合-1が帰ります)
説明:
キュー名を指定して、キューに設定されているプライオリティを取得します。
指定したキュー名のキューが存在しない場合は、-1が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューのプライオリティが返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)
参照:
criAtomExAcb_GetCuePriorityById

CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetWaveformInfoById ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueId  id,
CriAtomExWaveformInfo waveform_info 
)

音声波形情報の取得(キューID指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] id キューID
[out] waveform_info 音声波形情報
戻り値:
CriBool 取得に成功したかどうか(成功:CRI_TRUE、失敗:CRI_FALSE)
説明:
キューIDを指定して、そのキューで再生される音声波形の情報を取得します。
そのキューで再生される音声波形が複数ある場合、初めのトラックで初めに再生される音声波形の情報が取得されます。 指定したキューIDのキューが存在しない場合、CRI_FALSEが返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキューIDに 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキューIDを持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューの音声波形情報が返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetWaveformInfoByName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  name,
CriAtomExWaveformInfo waveform_info 
)

音声波形情報の取得(キュー名指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] name キュー名
[out] waveform_info 音声波形情報
戻り値:
CriBool 取得に成功したかどうか(成功:CRI_TRUE、失敗:CRI_FALSE)
説明:
キュー名を指定して、そのキューで再生される音声波形の情報を取得します。
そのキューで再生される音声波形が複数ある場合、初めのトラックで初めに再生される音声波形の情報が取得されます。 指定したキュー名のキューが存在しない場合、CRI_FALSEが返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューの音声波形情報が返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

CriAtomAwbHn CRIAPI criAtomExAcb_GetOnMemoryAwbHandle ( CriAtomExAcbHn  acb_hn  ) 

オンメモリ再生用AWBハンドルの取得

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
戻り値:
CriAtomAwbHn AWBハンドル
説明:
ACB データからオンメモリ再生用の AWB ハンドルを取得します。
備考:
ACB データ内には、オンメモリ再生用の波形データが AWB フォーマットで格納されています。
ACB ハンドルを作成する際、 Atom ライブラリはオンメモリ再生用に AWB データを読み込み、再生用のハンドル( AWB ハンドル)を作成します。

本関数を使用することで、 Atom ライブラリが内部的に作成した AWB ハンドルを 取得することが可能です。
取得した AWB ハンドルを使用することで、 ACB ハンドル内のオンメモリ波形データを、 アプリケーション側から criAtomExPlayer_SetWaveId 関数を使用して再生することが可能になります。
(キューに含まれる波形データをシームレス連結再生する際や、 デバッグ用途で ACB データ内に含まれるオンメモリ波形データを再生する、 といった用途に利用可能です。)
注意:
ACB ハンドルが保持する AWB ハンドルは、 ACB ハンドルリリース時に破棄されます。
本関数で取得した AWB ハンドルを個別に破棄したり、 取得済みの AWB ハンドルに ACB ハンドルリリース後にアクセスしたりすると、 アクセス違反等の重大な不具合が発生する可能性があります。
参照:
criAtomExAcb_GetStreamingAwbHandle

CriAtomAwbHn CRIAPI criAtomExAcb_GetStreamingAwbHandle ( CriAtomExAcbHn  acb_hn  ) 

ストリーム再生用AWBハンドルの取得

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
戻り値:
CriAtomAwbHn AWBハンドル
説明:
ACB データからストリーム再生用の AWB ハンドルを取得します。
備考:
ACB データ内には、ストリーム再生用の AWB ファイルが関連付けられています。
ACB ハンドルを作成する際、 Atom ライブラリはストリーム再生用に AWB データを読み込み、再生用のハンドル( AWB ハンドル)を作成します。

本関数を使用することで、 Atom ライブラリが内部的に作成した AWB ハンドルを 取得することが可能です。
取得した AWB ハンドルを使用することで、 ストリーム再生用の波形データを、 アプリケーション側から criAtomExPlayer_SetWaveId 関数を使用して再生することが可能になります。
(キューに含まれる波形データをシームレス連結再生する際や、 デバッグ用途で ACB データに関連付けられたストリーム再生用波形データを再生する、 といった用途に利用可能です。)
注意:
ACB ハンドルが保持する AWB ハンドルは、 ACB ハンドルリリース時に破棄されます。
本関数で取得した AWB ハンドルを個別に破棄したり、 取得済みの AWB ハンドルに ACB ハンドルリリース後にアクセスしたりすると、 アクセス違反等の重大な不具合が発生する可能性があります。
参照:
criAtomExAcb_GetOnMemoryAwbHandle

CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetCueInfoByName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  name,
CriAtomExCueInfo info 
)

キュー情報の取得(キュー名指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] name キュー名
[out] info キュー情報
戻り値:
CriBool 取得に成功したかどうか(成功:CRI_TRUE、失敗:CRI_FALSE)
説明:
キュー名を指定して、キュー情報を取得します。
指定したキュー名のキューが存在しない場合、CRI_FALSEが返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューの情報が返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)
参照:
criAtomExAcb_GetCueInfoById, criAtomExAcb_GetCueInfoByIndex

CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetCueInfoById ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueId  id,
CriAtomExCueInfo info 
)

キュー情報の取得(キューID指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] id キューID
[out] info キュー情報
戻り値:
CriBool 取得に成功したかどうか(成功:CRI_TRUE、失敗:CRI_FALSE)
説明:
キューIDを指定して、キュー情報を取得します。
指定したキューIDのキューが存在しない場合、CRI_FALSEが返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューの情報が返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)
参照:
criAtomExAcb_GetCueInfoByName, criAtomExAcb_GetCueInfoByIndex

CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetCueInfoByIndex ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueIndex  index,
CriAtomExCueInfo info 
)

キュー情報の取得(キューインデックス指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] index キューインデックス
[out] info キュー情報
戻り値:
CriBool 取得に成功したかどうか(成功:CRI_TRUE、失敗:CRI_FALSE)
説明:
キューインデックスを指定して、キュー情報を取得します。
指定したキューインデックスのキューが存在しない場合、CRI_FALSEが返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューの情報が返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)
参照:
criAtomExAcb_GetCueInfoByName, criAtomExAcb_GetCueInfoById

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetNumCuePlayingCountByName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  name 
)

キューリミットが設定されているキューの発音数の取得(キュー名指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] name キュー名
戻り値:
CriSint32 発音数(キューリミットが設定されていないキューを指定した場合-1が帰ります)
説明:
キュー名を指定して、キューリミットが設定されているキューの発音数を取得します。
指定したキュー名のキューが存在しない場合や、キューリミットが設定されていないキューを指定した場合は-1が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューの発音数が返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)
参照:
criAtomExAcb_GetNumCuePlayingCountById, criAtomExAcb_GetNumCuePlayingCountByIndex

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetNumCuePlayingCountById ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueId  id 
)

キューリミットが設定されているキューの発音数の取得(キューID指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] id キューID名
戻り値:
CriSint32 発音数(キューリミットが設定されていないキューを指定した場合-1が帰ります)
説明:
キューIDを指定して、キューリミットが設定されているキューの発音数を取得します。
指定したキューIDのキューが存在しない場合や、キューリミットが設定されていないキューを指定した場合は-1が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューの発音数が返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)
参照:
criAtomExAcb_GetNumCuePlayingCountByName, criAtomExAcb_GetNumCuePlayingCountByIndex

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetNumCuePlayingCountByIndex ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueIndex  index 
)

キューリミットが設定されているキューの発音数の取得(キューインデックス指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] index キューインデックス
戻り値:
CriSint32 発音数(キューリミットが設定されていないキューを指定した場合-1が帰ります)
説明:
キュー名を指定して、キューリミットが設定されているキューの発音数を取得します。
指定したキューインデックスのキューが存在しない場合や、キューリミットが設定されていないキューを指定した場合は-1が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキューの発音数が返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)
参照:
criAtomExAcb_GetNumCuePlayingCountByName, criAtomExAcb_GetNumCuePlayingCountById

CriAtomExBlockIndex CRIAPI criAtomExAcb_GetBlockIndexByIndex ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueIndex  index,
const CriChar8 *  block_name 
)

ブロックインデックスの取得(キューインデックス指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] index キューインデックス
[in] block_name ブロック名
戻り値:
CriAtomExBlockIndex ブロックインデックス
説明:
キューインデックスとブロック名からブロックインデックスを取得します。
指定したキューインデックスのキューが存在しない場合やブロック名が存在しない場合は、 CRIATOMEX_INVALID_BLOCK_INDEX が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキューインデックスに 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキューインデックスを持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキュー内のブロックインデックスが返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

CriAtomExBlockIndex CRIAPI criAtomExAcb_GetBlockIndexById ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueId  id,
const CriChar8 *  block_name 
)

ブロックインデックスの取得(キューID指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] id キューID
[in] block_name ブロック名
戻り値:
CriAtomExBlockIndex ブロックインデックス
説明:
キューIDとブロック名からブロックインデックスを取得します。
指定したキューIDのキューが存在しない場合やブロック名が存在しない場合は、 CRIATOMEX_INVALID_BLOCK_INDEX が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキューIDに 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキューIDを持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキュー内のブロックインデックスが返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

CriAtomExBlockIndex CRIAPI criAtomExAcb_GetBlockIndexByName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  name,
const CriChar8 *  block_name 
)

ブロックインデックスの取得(キュー名指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] name キュー名
[in] block_name ブロック名
戻り値:
CriAtomExBlockIndex ブロックインデックス
説明:
キュー名とブロック名からブロックインデックスを取得します。
指定したキュー名のキューが存在しない場合やブロック名が存在しない場合は、 CRIATOMEX_INVALID_BLOCK_INDEX が返ります。
備考:
第1引数( ach_hn )に NULL を指定した場合、全てのACBデータを対象に、指定したキュー名に 合致するデータがないか、ライブラリ内で検索が行われます。
(指定したキュー名を持つACBデータが見つかった時点で、 当該ACBデータ内のキュー内のブロックインデックスが返されます。)
この際、検索の順序は、ACBデータのロード順とは逆順で行われます。
(後からロードされたデータから優先的に検索が行われます。)

void CRIAPI criAtomExAcb_SetDetectionInGamePreviewDataCallback ( CriAtomExAcbDetectionInGamePreviewDataCbFunc  func,
void *  obj 
)

インゲームプレビュー用データのロード検知コールバック関数の登録

引数:
[in] func ロード検知コールバック関数
[in] obj ユーザ指定オブジェクト
説明:
インゲームプレビュー用データのロードを検知した場合に呼び出すコールバック関数を登録します。
登録されたコールバック関数は、ACBロード関数内でACBの内容解析を行ったタイミングで実行されます。
注意:
基本的に、コールバック関数内ではAtomライブラリAPIを使用しないでください。
本コールバック関数内で長時間処理をブロックすると、音切れ等の問題が発生しますので、 ご注意ください。

コールバック関数は1つしか登録できません。
登録操作を複数回行った場合、既に登録済みのコールバック関数が、 後から登録したコールバック関数により上書きされてしまいます。

funcにNULLを指定することで登録済み関数の登録解除が行えます。
参照:
CriAtomExAcbDetectionInGamePreviewDataCbFunc

CriBool CRIAPI criAtomExAcb_GetAcbInfo ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExAcbInfo acb_info 
)

ACB情報の取得

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[out] acb_info ACB情報
戻り値:
CriBool 情報が取得できたかどうか?(取得できた:CRI_TRUE/取得できない:CRI_FALSE)
説明:
ACBデータの各種情報を取得します。
備考:
引数( acb_hn )に NULL を指定した場合、最後にロードしたACBデータを処理対象とします。
参照:
CriAtomExAcbInfo

void CRIAPI criAtomExAcb_ResetCueTypeStateByName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  name 
)

キュータイプステートのリセット(キュー名指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] name キュー名
説明:
キュー名を指定して、キュータイプステートをリセットします。
注意:
リセット対象は指定したキューのステートのみです。キューに含まれるサブシンセやキューリンク先の ステートはリセットされません。
備考:
キュータイプステートは、ポリフォニックタイプキュー以外のキュー再生時の前回再生トラックを ステートとして管理する仕組みです。
本関数は、ステート管理領域をリセットしACBロード直後の状態に戻します。
参照:
criAtomExAcb_ResetCueTypeStateById, criAtomExAcb_ResetCueTypeStateByIndex

void CRIAPI criAtomExAcb_ResetCueTypeStateById ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueId  id 
)

キュータイプステートのリセット(キューID指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] id キューID
説明:
キューIDを指定して、キュータイプステートをリセットします。
注意:
リセット対象は指定したキューのステートのみです。キューに含まれるサブシンセやキューリンク先の ステートはリセットされません。
備考:
キュータイプステートは、ポリフォニックタイプキュー以外のキュー再生時の前回再生トラックを ステートとして管理する仕組みです。
本関数は、ステート管理領域をリセットしACBロード直後の状態に戻します。
参照:
criAtomExAcb_ResetCueTypeStateByName, criAtomExAcb_ResetCueTypeStateByIndex

void CRIAPI criAtomExAcb_ResetCueTypeStateByIndex ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriAtomExCueIndex  index 
)

キュータイプステートのリセット(キューインデックス指定)

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] index キューインデックス
説明:
キューインデックスを指定して、キュータイプステートをリセットします。
注意:
リセット対象は指定したキューのステートのみです。キューに含まれるサブシンセやキューリンク先の ステートはリセットされません。
備考:
キュータイプステートは、ポリフォニックタイプキュー以外のキュー再生時の前回再生トラックを ステートとして管理する仕組みです。
本関数は、ステート管理領域をリセットしACBロード直後の状態に戻します。
参照:
criAtomExAcb_ResetCueTypeStateByName, criAtomExAcb_ResetCueTypeStateById

void CRIAPI criAtomExAcb_AttachAwbFile ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriFsBinderHn  awb_binder,
const CriChar8 *  awb_path,
const CriChar8 *  awb_name,
void *  work,
CriSint32  work_size 
)

ストリーム用AWBファイルのアタッチ

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] awb_binder AWBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] awb_path AWBファイルのパス
[in] awb_name AWB名
[in] work アタッチで必要な追加ワーク
[in] work_size 追加ワークサイズ
説明:
ACBハンドルに対してストリーム用のAWBファイルをアタッチします。 第2引数の awb_binder 、および第3引数の awb_path には、ストリーム再生用 のAWBファイルを指定します。
第5引数の awb_name はAWBをアタッチするスロットを指定するために使用します。 このため、AtomCraftが出力したAWB名(ファイル名から拡張子を取り除いた部分)を変更している場合 はオリジナルのAWB名を指定してください。
AWBファイルのアタッチを行なうには、ライブラリが内部で利用するためのメモリ領域 (ワーク領域)を確保する必要があります。
AWBファイルのアタッチに失敗した場合、エラーコールバックが発生します。
失敗の理由については、エラーコールバックのメッセージで確認可能です。
備考:
ワーク領域を確保する方法には、以下の2通りの方法があります。
(a) User Allocator方式:メモリの確保/解放に、ユーザが用意した関数を使用する方法。
(b) Fixed Memory方式:必要なメモリ領域を直接ライブラリに渡す方法。

User Allocator方式を用いる場合、ユーザがワーク領域を用意する必要はありません。
workにNULL、work_sizeに0を指定するだけで、必要なメモリを登録済みのメモリ確保関数から確保します。
アタッチ時に確保されたメモリは、デタッチ時( criAtomExAcb_DetachAwbFile 関数実行時)か、ACBハンドルリリース時( criAtomExAcb_Release 関数実行時)に解放されます。

Fixed Memory方式を用いる場合、ワーク領域として別途確保済みのメモリ領域を本関数に 設定する必要があります。
ワーク領域のサイズは criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForAttachAwbFile 関数で取得可能です。
本関数呼び出し時に criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForAttachAwbFile 関数で取得した サイズ分のメモリを予め確保しておき、本関数に設定してください。
尚、Fixed Memory方式を用いた場合、ワーク領域はデタッチ処理( criAtomExAcb_DetachAwbFile 関数実行時)か、ACBハンドルリリース処理( criAtomExAcb_Release 関数実行時)を行なうまでの間、 ライブラリ内で利用され続けます。
AWBファイルをアタッチするとライブラリ内部的にバインダー( CriFsBinderHn )とローダー( CriFsLoaderHn ) を確保します。
追加でAWBファイルをアタッチする場合、追加数分のバインダーとローダーが確保できる設定で Atomライブラリ(またはCRI File Systemライブラリ)を初期化する必要があります。
備考:
データがCPKにパックされていない場合、引数binderにはNULLを指定してください。
参照:
criAtomExAcb_DetachAwbFile, criAtomExAcb_Release, criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForAttachAwbFile

void CRIAPI criAtomExAcb_DetachAwbFile ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  awb_name 
)

ストリーム用AWBファイルのデタッチ

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] awb_name AWB名
説明:
ACBハンドルにアタッチされているストリーム用のAWBファイルをデタッチします。 第2引数の awb_name はAWBをアタッチ時に指定したものと同じAWB名を指定指定ください。
アタッチ時のワーク領域確保にUser Allocator方式を用いた場合は、アタッチ時に確保したメモリ領域が 本関数処理時に開放されます。
参照:
criAtomExAcb_AttachAwbFile

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_CalculateWorkSizeForAttachAwbFile ( CriFsBinderHn  awb_binder,
const CriChar8 *  awb_path 
)

ストリーム用AWBファイルのアタッチに必要なワークサイズ取得

引数:
[in] awb_binder AWBファイルを含むバインダーのハンドル
[in] awb_path AWBファイルのパス
戻り値:
CriSint32 ワーク領域サイズ
戻り値:
0以上 正常に処理が完了
-1 エラーが発生
説明:
criAtomExAcb_LoadAcbFileById 関数の実行に必要なワーク領域サイズを計算します。
備考:
データがCPKにパックされていない場合、引数binderにはNULLを指定してください。
参照:
criAtomExAcb_AttachAwbFile

CriSint32 CRIAPI criAtomExAcb_GetNumAwbFileSlots ( CriAtomExAcbHn  acb_hn  ) 

ストリーム用AWBスロット数の取得

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
戻り値:
CriSint32 ストリームAWBスロット数
説明:
ACBハンドルが必要とするストリームAWBの数を取得します。

const CriChar8* CRIAPI criAtomExAcb_GetAwbFileSlotName ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriUint16  index 
)

ストリーム用AWBスロットの取得

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] index スロットインデックス
戻り値:
const CriChar8* ストリームAWBポート名
説明:
インデックスを指定してACBハンドル内のストリームAWBスロット名を取得します。
取得したスロット名は criAtomExAcb_AttachAwbFile 関数の第4引数や、 criAtomExAcb_DetachAwbFile 関数の第2引数のスロット指定に使用します。

CriBool CRIAPI criAtomExAcb_IsAttachedAwbFile ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
const CriChar8 *  awb_name 
)

ストリーム用AWBファイルのアタッチ状態取得

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] awb_name AWB名
説明:
ACBハンドルにAWBファイルがアタッチされているかを取得します。 第2引数の awb_name はAWBをアタッチするスロット名です、状態を取得したいスロットのAWB名を指定してください。

void CRIAPI criAtomExAcb_Decrypt ( CriAtomExAcbHn  acb_hn,
CriUint64  key,
CriUint64  nonce 
)

復号キーの指定

引数:
[in] acb_hn ACBハンドル
[in] key 復号キー
[in] nonce ノンス
説明:
ACBデータの暗号を解除するための復号キーを指定します。
criAtomExAcb_LoadAcbFile 関数等でACBファイルをロードした後に本関数を実行することで、 ACBハンドルごとに異なる復号キーを使用することが可能です。
(デクリプタによる設定を無視して、当該ACBファイルについては本関数で指定した復号キーが使用されます。)
備考:
ノンスは将来の為に予約されています。
現状は必ず0を指定してください。
注意:
波形データを含まないACBファイルに対し、後から criAtomExAcb_AttachAwbFile 関数でAWBファイルをアタッチする場合、初回AWBファイルアタッチ後に本関数を実行する必要があります。
(暗号化の方式によっては、AWBファイルから復号に必要な情報を取得するケースがあるため。)


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.