複数ACB再生

サンプルのディレクトリ

/cri/pc/samples/criatomex/playback_multi_acb

サンプルの解説

本SDKに含まれるサンプルの多くは、基本的には一つのACBファイルしか使っていませんが、複数のACBファイルを同時に使用することもできます。
以下のコードは、二つのACBファイルをロードし、それぞれのACBファイルのキューを再生する例です。
    CriAtomExAcbHn acb_hn[2];
    CriAtomExPlayerHn player[2];

    /* ACBファイルを読み込み、ACBハンドルを作成 */
    acb_hn[0] = criAtomExAcb_LoadAcbFile(NULL, PATH ACB_FILE, NULL, PATH AWB_FILE, NULL, 0);
    acb_hn[1] = criAtomExAcb_LoadAcbFile(NULL, PATH ACB2_FILE, NULL, NULL, NULL, 0);
    player[0] = criAtomExPlayer_Create(NULL, NULL, 0);
    player[1] = criAtomExPlayer_Create(NULL, NULL, 0);

    /* キューIDの指定 */
    criAtomExPlayer_SetCueId(player[0], acb_hn[0], CRI_ATOMCUESHEET_BOMB2);
    criAtomExPlayer_SetCueId(player[1], acb_hn[1], CRI_ATOMCUESHEET2_SIN32K1SHOT);

    /* 再生の開始 */
    criAtomExPlayer_Start(player[0]);
    criAtomExPlayer_Start(player[1]);

ACBファイルごとにACBヘッダーファイルが出力されるので、キューIDで再生する際は、ACBファイルとの対応に注意する必要があります。

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.