音声再生しながら、データを読み込むには?


プラットフォーム提供のファイルシステムを使用して、大きなデータを読み込むと、データ読み込みが長時間リソースを占有してしまうため、ストリーミング再生中の音声が途切れます。

CRI File Systemは1メガバイト単位で分割してデータを読み込むため、音声を途切れさせずにゲームデータを読み込むことができます。
音声再生を行わないときも分割読み込みを行っていますが、ディスクドライブのキャッシュ機能により、一括読み込みと同等の速度で読み込めます。

具体的には、サンプルプログラム「音声再生中のデータ裏読み」を参考にしてください。


「CRI Audio」に搭載されていた「D-BAS」というゲームデータを高速に読み込む仕組みを、用意しています。
ゲームのステージ切り替えでは、通常BGMを1本だけストリーミング再生していることが多いです。 その場合、ステージ内でストリーミング再生しているセリフや環境音のバッファを利用して、1本のBGM再生することによって、音声ファイルの読み込み頻度を減らし、ゲームデータを高速に読み込むことができます。

Return:Tips

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.