アクション

「アクション機能」とは、「再生、停止、パラメーター変更などを、キューをトリガーすることで行うことができる」機能です。
例えば、爆発音のキューとその爆発音を停止するアクション設定したキューを用意し、
爆発音のキューが再生している時に、停止アクションのキューをトリガーすると、再生している爆発音を停止させることが出来ます。

参照:
ポーズ時に音を変化させる
アクション機能を使用するには、キューに再生、停止等のアクションを設定するための「アクショントラック」を用意します。
アクショントラックは影響対象によって複数のタイプが存在します。

アクショントラックの種類 影響対象 説明
アクショントラック キュー、カテゴリ キューやカテゴリに対するアクションが作成できます。
プレーヤーアクショントラック プレーヤー キューを再生したプレーヤーに対するアクションが作成できます。

アクショントラックは影響対象のキュー、カテゴリ等をターゲットオブジェクトとして指定し、トラック内にアクションを設定してデータの作成を行います。

アクションの作成

アクションの作成は次の手順で行います。

  1. アクショントラックの作成
  2. ターゲットオブジェクト 」の設定
  3. アクションの登録・設定

アクションの編集

アクショントラックやアクションは、インスペクターからも編集が可能です。
タイムライン上で各項目を選択すると、選択項目の詳細が表示されます。

 アクション機能と「 ビート同期 」機能を組み合わせて使用することでビートに同期したBGMの切り換えや追加効果音の再生を行うことも可能です。

参照:

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.