CriAtomExCategory API


構成

struct  CriAtomExCategoryInfoTag
 カテゴリ情報取得用構造体 [詳細]
struct  CriAtomExReactFadeParameterTag
 REACTフェードパラメーター構造体 [詳細]
struct  CriAtomExReactDuckerParameterTag
 REACTによるダッカーパラメーター構造体 [詳細]
struct  CriAtomExReactAisacModulationParameterTag
 AISACモジュレーショントリガーパラメーター構造体 [詳細]
struct  CriAtomExReactParameterTag
 REACT駆動パラメーター構造体 [詳細]

マクロ定義

#define CRIATOMEXCATEGORY_MAX_CATEGORIES_PER_PLAYBACK   (16)
 最大再生毎カテゴリ参照数

型定義

typedef CriUint32 CriAtomExCategoryId
 カテゴリID
typedef CriAtomExCategoryInfoTag CriAtomExCategoryInfo
 カテゴリ情報取得用構造体
typedef enum CriAtomExReactTypeTag CriAtomExReactType
 REACTタイプ
typedef enum CriAtomExReactDuckerTargetTypeTag CriAtomExReactDuckerTargetType
 REACTによるダッキングのターゲット
typedef enum CriAtomExReactDuckerCurveTypeTag CriAtomExReactDuckerCurveType
 REACTによるダッキングの曲線タイプ
typedef CriAtomExReactFadeParameterTag CriAtomExReactFadeParameter
 REACTフェードパラメーター構造体
typedef enum CriAtomExReactHoldTypeTag CriAtomExReactHoldType
 REACTホールドタイプ
typedef CriAtomExReactDuckerParameterTag CriAtomExReactDuckerParameter
 REACTによるダッカーパラメーター構造体
typedef CriAtomExReactAisacModulationParameterTag CriAtomExReactAisacModulationParameter
 AISACモジュレーショントリガーパラメーター構造体
typedef CriAtomExReactParameterTag CriAtomExReactParameter
 REACT駆動パラメーター構造体

列挙型

enum  CriAtomExReactTypeTag { CRIATOMEX_REACT_TYPE_DUCKER = 0, CRIATOMEX_REACT_TYPE_AISAC_MODULATION_TRIGGER }
 REACTタイプ [詳細]
enum  CriAtomExReactDuckerTargetTypeTag { CRIATOMEX_REACT_DUCKER_TARGET_TYPE_VOLUME = 0, CRIATOMEX_REACT_DUCKER_TARGET_TYPE_AISAC_CONTROL_VALUE }
 REACTによるダッキングのターゲット [詳細]
enum  CriAtomExReactDuckerCurveTypeTag {
  CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_LINEAR = 0, CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_SQUARE, CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_SQUARE_REVERSE, CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_S,
  CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_FLAT_AT_HALF
}
 REACTによるダッキングの曲線タイプ [詳細]
enum  CriAtomExReactHoldTypeTag { CRIATOMEX_REACT_HOLD_TYPE_WHILE_PLAYING, CRIATOMEX_REACT_HOLD_TYPE_FIXED_TIME }
 REACTホールドタイプ [詳細]

関数

void CRIAPI criAtomExCategory_SetVolumeById (CriAtomExCategoryId id, CriFloat32 volume)
 ID指定によるカテゴリに対するボリューム設定
CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetVolumeById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定によるカテゴリボリューム取得
CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetTotalVolumeById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定による最終カテゴリボリューム取得
void CRIAPI criAtomExCategory_SetVolumeByName (const CriChar8 *name, CriFloat32 volume)
 名前指定によるカテゴリに対するボリューム設定
CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetVolumeByName (const CriChar8 *name)
 名前指定によるカテゴリボリューム取得
CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetTotalVolumeByName (const CriChar8 *name)
 名前指定による最終カテゴリボリューム取得
void CRIAPI criAtomExCategory_MuteById (CriAtomExCategoryId id, CriBool mute)
 ID指定によるカテゴリミュート状態設定
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsMutedById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定によるカテゴリミュート状態取得
void CRIAPI criAtomExCategory_MuteByName (const CriChar8 *name, CriBool mute)
 名前指定によるカテゴリミュート状態設定
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsMutedByName (const CriChar8 *name)
 名前指定によるカテゴリミュート状態取得
void CRIAPI criAtomExCategory_SoloById (CriAtomExCategoryId id, CriBool solo, CriFloat32 mute_volume)
 ID指定によるカテゴリソロ状態設定
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsSoloedById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定によるカテゴリソロ状態取得
void CRIAPI criAtomExCategory_SoloByName (const CriChar8 *name, CriBool solo, CriFloat32 mute_volume)
 名前指定によるカテゴリソロ状態設定
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsSoloedByName (const CriChar8 *name)
 名前指定によるカテゴリソロ状態取得
void CRIAPI criAtomExCategory_PauseById (CriAtomExCategoryId id, CriBool sw)
 ID指定によるカテゴリのポーズ/ポーズ解除
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsPausedById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定によるカテゴリのポーズ状態取得
void CRIAPI criAtomExCategory_PauseByName (const CriChar8 *name, CriBool sw)
 名前指定によるカテゴリのポーズ/ポーズ解除
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsPausedByName (const CriChar8 *name)
 名前指定によるカテゴリのポーズ状態取得
void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeInTimeById (CriAtomExCategoryId id, CriUint16 ms)
 フェードイン時間の設定(カテゴリID指定)
void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeInTimeByName (const CriChar8 *name, CriUint16 ms)
 フェードイン時間の設定(カテゴリ名指定)
void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeOutTimeById (CriAtomExCategoryId id, CriUint16 ms)
 フェードアウト時間の設定(カテゴリID指定)
void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeOutTimeByName (const CriChar8 *name, CriUint16 ms)
 フェードアウト時間の設定(カテゴリ名指定)
void CRIAPI criAtomExCategory_SetAisacControlById (CriAtomExCategoryId id, CriAtomExAisacControlId control_id, CriFloat32 control_value)
 ID指定によるカテゴリに対するAISACコントロール値設定
void CRIAPI criAtomExCategory_SetAisacControlByName (const CriChar8 *name, const CriChar8 *control_name, CriFloat32 control_value)
 名前指定によるカテゴリに対するAISACコントロール値設定
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_ResetAllAisacControlById (CriAtomExCategoryId category_id)
 ID指定でカテゴリにアタッチされている全てのAISACコントロール値をデフォルト値に設定する
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_ResetAllAisacControlByName (const CriChar8 *category_name)
 名前指定でカテゴリにアタッチされている全てのAISACコントロール値をデフォルト値に設定する
void CRIAPI criAtomExCategory_AttachAisacById (CriAtomExCategoryId id, const CriChar8 *global_aisac_name)
 ID指定でカテゴリにAISACを取り付ける
void CRIAPI criAtomExCategory_AttachAisacByName (const CriChar8 *name, const CriChar8 *global_aisac_name)
 名前指定でカテゴリにAISACを取り付ける
void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacById (CriAtomExCategoryId id, const CriChar8 *global_aisac_name)
 ID指定でカテゴリからAISACを取り外す
void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacByName (const CriChar8 *name, const CriChar8 *global_aisac_name)
 名前指定でカテゴリからAISACを取り外す
void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacAllById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定でカテゴリから全てのAISACを取り外す
void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacAllByName (const CriChar8 *name)
 名前指定でカテゴリから全てのAISACを取り外す
CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定でカテゴリにアタッチされているAISAC数を取得する
CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsByName (const CriChar8 *name)
 名前指定でカテゴリにアタッチされているAISAC数を取得する
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetAttachedAisacInfoById (CriAtomExCategoryId id, CriSint32 aisac_attached_index, CriAtomExAisacInfo *aisac_info)
 ID指定でカテゴリにアタッチされているAISACの情報を取得する
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetAttachedAisacInfoByName (const CriChar8 *name, CriSint32 aisac_attached_index, CriAtomExAisacInfo *aisac_info)
 名前指定でカテゴリにアタッチされているAISACの情報を取得する
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetCurrentAisacControlValueById (CriAtomExCategoryId category_id, CriAtomExAisacControlId aisac_control_id, CriFloat32 *control_value)
 ID指定でカテゴリにアタッチされているAISACコントロールの現在値を取得する
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetCurrentAisacControlValueByName (const CriChar8 *category_name, const CriChar8 *aisac_control_name, CriFloat32 *control_value)
 名前指定でカテゴリにアタッチされているAISACコントロールの現在値を取得する
void CRIAPI criAtomExCategory_SetReactParameter (const CriChar8 *react_name, const CriAtomExReactParameter *react_parameter)
 REACT駆動パラメーターの設定
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetReactParameter (const CriChar8 *react_name, CriAtomExReactParameter *react_parameter)
 REACT駆動パラメーターの取得
CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumCuePlayingCountById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定でカテゴリに所属する発音中のキュー数を取得する
CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumCuePlayingCountByName (const CriChar8 *name)
 名前指定でカテゴリに所属する発音中のキュー数を取得する
void CRIAPI criAtomExCategory_StopById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定でカテゴリに所属する発音中のキューを停止する
void CRIAPI criAtomExCategory_StopByName (const CriChar8 *name)
 名前指定でカテゴリに所属する発音中のキューを停止する
void CRIAPI criAtomExCategory_StopWithoutReleaseTimeById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定でカテゴリに所属する発音中のキューを即時停止する
void CRIAPI criAtomExCategory_StopWithoutReleaseTimeByName (const CriChar8 *name)
 名前指定でカテゴリに所属する発音中のキューを即時停止する

マクロ定義

#define CRIATOMEXCATEGORY_MAX_CATEGORIES_PER_PLAYBACK   (16)

最大再生毎カテゴリ参照数

再生毎の最大カテゴリ参照数です。

参照:
CriAtomExCueInfo


型定義

typedef CriUint32 CriAtomExCategoryId

カテゴリID

説明:
カテゴリIDは、ユーザがオーサリングツール上でカテゴリに対して割り当てた一意のIDです。
カテゴリIDをプログラム中で保持する際には、本変数型を用いて値を取り扱う必要があります。
参照:
criAtomExCategory_SetVolumeById, criAtomExCategory_MuteById, criAtomExCategory_SoloById

typedef struct CriAtomExCategoryInfoTag CriAtomExCategoryInfo

カテゴリ情報取得用構造体

説明:
カテゴリ情報を取得するための構造体です。
criAtomExAcf_GetCategoryInfo 関数に引数として渡します。
参照:
criAtomExAcf_GetCategoryInfo

typedef enum CriAtomExReactTypeTag CriAtomExReactType

REACTタイプ

説明:
REACTのタイプです。
参照:
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter

typedef enum CriAtomExReactDuckerTargetTypeTag CriAtomExReactDuckerTargetType

REACTによるダッキングのターゲット

説明:
REACTによるダッキング対象のタイプです。
参照:
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter

typedef enum CriAtomExReactDuckerCurveTypeTag CriAtomExReactDuckerCurveType

REACTによるダッキングの曲線タイプ

説明:
REACTによるダッキング曲線のタイプです。
参照:
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter

typedef struct CriAtomExReactFadeParameterTag CriAtomExReactFadeParameter

REACTフェードパラメーター構造体

説明:
REACTのフェード駆動パラメーター情報を設定取得するための構造体です。
参照:
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter

typedef enum CriAtomExReactHoldTypeTag CriAtomExReactHoldType

REACTホールドタイプ

説明:
REACTホールド(減衰時間の維持)タイプです。
参照:
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter

typedef struct CriAtomExReactDuckerParameterTag CriAtomExReactDuckerParameter

REACTによるダッカーパラメーター構造体

説明:
REACTによるダッカーの駆動パラメーター情報を設定取得するための構造体です。
参照:
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter

typedef struct CriAtomExReactAisacModulationParameterTag CriAtomExReactAisacModulationParameter

AISACモジュレーショントリガーパラメーター構造体

説明:
AISACモジュレーショントリガーの駆動パラメーター情報を設定取得するための構造体です。
参照:
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter

typedef struct CriAtomExReactParameterTag CriAtomExReactParameter

REACT駆動パラメーター構造体

説明:
REACTの駆動パラメーター情報を設定取得するための構造体です。
criAtomExCategory_SetReactParameter , criAtomExCategory_GetReactParameter 関数に引数として渡します。
参照:
criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter


列挙型

enum CriAtomExReactTypeTag

REACTタイプ

説明:
REACTのタイプです。
参照:
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter
列挙型の値:
CRIATOMEX_REACT_TYPE_DUCKER  ダッカー
CRIATOMEX_REACT_TYPE_AISAC_MODULATION_TRIGGER  AISACモジュレーショントリガー

enum CriAtomExReactDuckerTargetTypeTag

REACTによるダッキングのターゲット

説明:
REACTによるダッキング対象のタイプです。
参照:
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter
列挙型の値:
CRIATOMEX_REACT_DUCKER_TARGET_TYPE_VOLUME  ボリュームのダッカー
CRIATOMEX_REACT_DUCKER_TARGET_TYPE_AISAC_CONTROL_VALUE  AISACコントロール値のダッカー

enum CriAtomExReactDuckerCurveTypeTag

REACTによるダッキングの曲線タイプ

説明:
REACTによるダッキング曲線のタイプです。
参照:
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter
列挙型の値:
CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_LINEAR  直線
CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_SQUARE  低速変化
CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_SQUARE_REVERSE  高速変化
CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_S  S字曲線
CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_FLAT_AT_HALF  逆S字曲線

enum CriAtomExReactHoldTypeTag

REACTホールドタイプ

説明:
REACTホールド(減衰時間の維持)タイプです。
参照:
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter
列挙型の値:
CRIATOMEX_REACT_HOLD_TYPE_WHILE_PLAYING  再生中にホールドを行う
CRIATOMEX_REACT_HOLD_TYPE_FIXED_TIME  固定時間でホールドを行う


関数

void CRIAPI criAtomExCategory_SetVolumeById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriFloat32  volume 
)

ID指定によるカテゴリに対するボリューム設定

引数:
[in] id カテゴリID
[in] volume ボリューム値
説明:
ID指定でカテゴリに対してボリュームを設定します。
注意:
本関数による設定値はACFによって設定されているカテゴリボリュームを上書き変更します。
本関数による設定値とACF設定値との乗算適用は行われないことに注意してください。

CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetVolumeById ( CriAtomExCategoryId  id  ) 

ID指定によるカテゴリボリューム取得

引数:
[in] id カテゴリID return CriFloat32 カテゴリボリューム
説明:
ID指定でカテゴリのボリュームを取得します。

CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetTotalVolumeById ( CriAtomExCategoryId  id  ) 

ID指定による最終カテゴリボリューム取得

引数:
[in] id カテゴリID return CriFloat32 カテゴリボリューム
説明:
ID指定でREACT、AISACなどの影響を受けた最終的なカテゴリのボリューム値を取得します。
備考:
最終的なカテゴリのボリューム値を取得するためにパラメーターの計算処理を行うので、 負荷が大きい関数です。

void CRIAPI criAtomExCategory_SetVolumeByName ( const CriChar8 *  name,
CriFloat32  volume 
)

名前指定によるカテゴリに対するボリューム設定

引数:
[in] name カテゴリ名
[in] volume ボリューム値
説明:
名前指定でカテゴリに対してボリュームを設定します。
注意:
本関数による設定値はACFによって設定されているカテゴリボリュームを上書き変更します。
本関数による設定値とACF設定値との乗算適用は行われないことに注意してください。

CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetVolumeByName ( const CriChar8 *  name  ) 

名前指定によるカテゴリボリューム取得

引数:
[in] name カテゴリ名 return CriFloat32 カテゴリボリューム
説明:
名前指定でカテゴリのボリュームを取得します。

CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetTotalVolumeByName ( const CriChar8 *  name  ) 

名前指定による最終カテゴリボリューム取得

引数:
[in] name カテゴリ名 return CriFloat32 カテゴリボリューム
説明:
名前指定でREACT、AISACなどの影響を受けた最終的なカテゴリのボリューム値を取得します。
備考:
最終的なカテゴリのボリューム値を取得するためにパラメーターの計算処理を行うので、 負荷が大きい関数です。

void CRIAPI criAtomExCategory_MuteById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriBool  mute 
)

ID指定によるカテゴリミュート状態設定

引数:
[in] id カテゴリID
[in] mute ミュート状態(CRI_TRUE = ミュート、CRI_FALSE = ミュート解除)
説明:
ID指定でカテゴリのミュート状態を設定します。

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsMutedById ( CriAtomExCategoryId  id  ) 

ID指定によるカテゴリミュート状態取得

引数:
[in] id カテゴリID return CriBool ミュート状態(CRI_TRUE = ミュート中、CRI_FALSE = ミュートされていない)
説明:
ID指定でカテゴリのミュート状態を取得します。

void CRIAPI criAtomExCategory_MuteByName ( const CriChar8 *  name,
CriBool  mute 
)

名前指定によるカテゴリミュート状態設定

引数:
[in] name カテゴリ名
[in] mute ミュート状態(CRI_TRUE = ミュート、CRI_FALSE = ミュート解除)
説明:
名前指定でカテゴリのミュート状態を設定します。

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsMutedByName ( const CriChar8 *  name  ) 

名前指定によるカテゴリミュート状態取得

引数:
[in] name カテゴリ名 return CriBool ミュート状態(CRI_TRUE = ミュート中、CRI_FALSE = ミュートされていない)
説明:
名前指定でカテゴリのミュート状態を取得します。

void CRIAPI criAtomExCategory_SoloById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriBool  solo,
CriFloat32  mute_volume 
)

ID指定によるカテゴリソロ状態設定

引数:
[in] id カテゴリID
[in] solo ソロ状態(CRI_TRUE = ソロ、CRI_FALSE = ソロ解除)
[in] mute_volume 他のカテゴリに適用するミュートボリューム値
説明:
ID指定でカテゴリのソロ状態を設定します。
mute_volumeで指定したボリュームは同一カテゴリグループに所属する カテゴリに対して適用されます。

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsSoloedById ( CriAtomExCategoryId  id  ) 

ID指定によるカテゴリソロ状態取得

引数:
[in] id カテゴリID return CriBool ソロ状態(CRI_TRUE = ソロ中、CRI_FALSE = ソロではない)
説明:
ID指定でカテゴリのソロ状態を取得します。

void CRIAPI criAtomExCategory_SoloByName ( const CriChar8 *  name,
CriBool  solo,
CriFloat32  mute_volume 
)

名前指定によるカテゴリソロ状態設定

引数:
[in] name カテゴリ名
[in] solo ソロ状態(CRI_TRUE = ソロ、CRI_FALSE = ソロ解除)
[in] mute_volume 他のカテゴリに適用するミュートボリューム値
説明:
名前指定でカテゴリのソロ状態を設定します。
mute_volumeで指定したボリュームは同一カテゴリグループに所属する カテゴリに対して適用されます。

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsSoloedByName ( const CriChar8 *  name  ) 

名前指定によるカテゴリソロ状態取得

引数:
[in] name カテゴリ名 return CriBool ソロ状態(CRI_TRUE = ソロ中、CRI_FALSE = ソロではない)
説明:
名前指定でカテゴリのソロ状態を取得します。

void CRIAPI criAtomExCategory_PauseById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriBool  sw 
)

ID指定によるカテゴリのポーズ/ポーズ解除

引数:
[in] id カテゴリID
[in] sw スイッチ(CRI_FALSE = ポーズ解除、CRI_TRUE = ポーズ)
説明:
ID指定でカテゴリのポーズ/ポーズ解除を行います。
criAtomExCategory_SetFadeOutTimeById 関数やcriAtomExCategory_SetFadeOutTimeByName 関数でフェードアウト時間が設定されている場合にポーズを行うと、設定された時間でフェードアウトした後に実際にポーズします。
criAtomExCategory_SetFadeInTimeById 関数やcriAtomExCategory_SetFadeInTimeByName 関数でフェードイン時間が設定されている場合にポーズ解除を行うと、ポーズ解除後、設定された時間でフェードインします。
備考:
カテゴリのポーズは、AtomExプレーヤー/再生音のポーズ (criAtomExPlayer_Pause 関数やcriAtomExPlayback_Pause 関数でのポーズ)とは独立して扱われ、 音声の最終的なポーズ状態は、それぞれのポーズ状態を考慮して決まります。
すなわち、どちらかがポーズ状態ならポーズ、どちらもポーズ解除状態ならポーズ解除、となります。

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsPausedById ( CriAtomExCategoryId  id  ) 

ID指定によるカテゴリのポーズ状態取得

引数:
[in] id カテゴリID return CriBool ポーズ状態
説明:
ID指定でカテゴリのポーズ状態を取得します。

void CRIAPI criAtomExCategory_PauseByName ( const CriChar8 *  name,
CriBool  sw 
)

名前指定によるカテゴリのポーズ/ポーズ解除

引数:
[in] name カテゴリ名
[in] sw スイッチ(CRI_FALSE = ポーズ解除、CRI_TRUE = ポーズ)
説明:
名前指定でカテゴリのポーズ/ポーズ解除を行います。
カテゴリを名前で指定する以外は、criAtomExCategory_PauseById 関数と仕様は同じです。
参照:
criAtomExCategory_PauseById

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsPausedByName ( const CriChar8 *  name  ) 

名前指定によるカテゴリのポーズ状態取得

引数:
[in] name カテゴリ名 return CriBool ポーズ状態
説明:
名前指定でカテゴリのポーズ状態を取得します。

void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeInTimeById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriUint16  ms 
)

フェードイン時間の設定(カテゴリID指定)

引数:
[in] id カテゴリID
[in] ms フェードイン時間(ミリ秒単位)
説明:
カテゴリにフェードイン時間を設定します。
フェードイン時間はポーズ解除を行った際に利用されます。

void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeInTimeByName ( const CriChar8 *  name,
CriUint16  ms 
)

フェードイン時間の設定(カテゴリ名指定)

引数:
[in] name カテゴリ名
[in] ms フェードイン時間(ミリ秒単位)
説明:
カテゴリにフェードイン時間を設定します。
フェードイン時間はポーズ解除を行った際に利用されます。

void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeOutTimeById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriUint16  ms 
)

フェードアウト時間の設定(カテゴリID指定)

引数:
[in] id カテゴリID
[in] ms フェードアウト時間(ミリ秒単位)
説明:
カテゴリにフェードアウト時間を設定します。
フェードアウト時間はポーズを行った際に利用されます。

void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeOutTimeByName ( const CriChar8 *  name,
CriUint16  ms 
)

フェードアウト時間の設定(カテゴリ名指定)

引数:
[in] name カテゴリ名
[in] ms フェードアウト時間(ミリ秒単位)
説明:
カテゴリにフェードアウト時間を設定します。
フェードアウト時間はポーズを行った際に利用されます。

void CRIAPI criAtomExCategory_SetAisacControlById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriAtomExAisacControlId  control_id,
CriFloat32  control_value 
)

ID指定によるカテゴリに対するAISACコントロール値設定

引数:
[in] id カテゴリID
[in] control_id AISACコントロールID
[in] control_value AISACコントロール値
説明:
ID指定でカテゴリに対してAISACコントロール値を設定します。
備考:
カテゴリをID、AISACコントロールを名前で指定したい場合、criAtomExAcf_GetAisacControlIdByName 関数にて変換を行ってください。
注意:
キューやトラックに設定されているAISACに関しては、プレーヤーでのAISACコントロール値設定よりも、カテゴリのAISACコントロール値を優先して参照します。
カテゴリにアタッチしたAISACについては、常にカテゴリに設定したAISACコントロール値のみ、参照されます。
参照:
criAtomExCategory_SetAisacControlByName, criAtomExCategory_AttachAisacById, criAtomExCategory_AttachAisacByName

void CRIAPI criAtomExCategory_SetAisacControlByName ( const CriChar8 *  name,
const CriChar8 *  control_name,
CriFloat32  control_value 
)

名前指定によるカテゴリに対するAISACコントロール値設定

引数:
[in] name カテゴリ名
[in] control_name AISACコントロール名
[in] control_value AISACコントロール値
説明:
名前指定でカテゴリに対してAISACコントロール値を設定します。
カテゴリおよびAISACコントロールを名前で指定する以外は、criAtomExCategory_SetAisacControlById 関数と仕様は同じです。
備考:
カテゴリを名前、AISACコントロールをIDで指定したい場合、criAtomExAcf_GetAisacControlNameById 関数にて変換を行ってください。
参照:
criAtomExCategory_SetAisacControlById, criAtomExCategory_AttachAisacById, criAtomExCategory_AttachAisacByName

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_ResetAllAisacControlById ( CriAtomExCategoryId  category_id  ) 

ID指定でカテゴリにアタッチされている全てのAISACコントロール値をデフォルト値に設定する

引数:
[in] id カテゴリID
戻り値:
CRI_TRUE = 成功
CRI_FALSE = 失敗
説明:
カテゴリにアタッチされている全てのAISACコントロール値をデフォルト値に設定します。
存在しないカテゴリを指定した場合、CRI_FALSEが返ります。
参照:
criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_ResetAllAisacControlByName ( const CriChar8 *  category_name  ) 

名前指定でカテゴリにアタッチされている全てのAISACコントロール値をデフォルト値に設定する

引数:
[in] name カテゴリ名
戻り値:
CRI_TRUE = 成功
CRI_FALSE = 失敗
説明:
カテゴリにアタッチされている全てのAISACコントロール値をデフォルト値に設定します。
存在しないカテゴリを指定した場合、CRI_FALSEが返ります。
参照:
criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById

void CRIAPI criAtomExCategory_AttachAisacById ( CriAtomExCategoryId  id,
const CriChar8 *  global_aisac_name 
)

ID指定でカテゴリにAISACを取り付ける

引数:
[in] id カテゴリID
[in] global_aisac_name 取り付けるグローバルAISAC名
説明:
カテゴリにAISACをアタッチ(取り付け)します。 AISACをアタッチすることにより、キューやトラックにAISACを設定していなくても、AISACの効果を得ることができます。

AISACのアタッチに失敗した場合、関数内でエラーコールバックが発生します。
AISACのアタッチに失敗した理由については、エラーコールバックのメッセージを確認してください。
備考:
全体設定(ACFファイル)に含まれるグローバルAISACのみ、アタッチ可能です。
AISACの効果を得るには、キューやトラックに設定されているAISACと同様に、該当するAISACコントロール値を設定する必要があります。
注意:
キューやトラックに「AISACコントロール値を変更するAISAC」が設定されていたとしても、 その適用結果のAISACコントロール値は、カテゴリにアタッチしたAISACには影響しません。
カテゴリにアタッチしたAISACについては、常にカテゴリに設定したAISACコントロール値のみ、参照されます。
現在、「オートモジュレーション」や「ランダム」といったコントロールタイプのAISACのアタッチには対応しておりません。
現在、カテゴリにアタッチできるAISACの最大数は、8個固定です。
参照:
criAtomExCategory_DetachAisacById

void CRIAPI criAtomExCategory_AttachAisacByName ( const CriChar8 *  name,
const CriChar8 *  global_aisac_name 
)

名前指定でカテゴリにAISACを取り付ける

引数:
[in] name カテゴリ名
[in] global_aisac_name 取り付けるグローバルAISAC名
説明:
カテゴリにAISACをアタッチ(取り付け)します。 カテゴリを名前で指定する以外は、criAtomExCategory_AttachAisacById 関数と仕様は同じです。
参照:
criAtomExCategory_AttachAisacById, criAtomExCategory_DetachAisacByName

void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacById ( CriAtomExCategoryId  id,
const CriChar8 *  global_aisac_name 
)

ID指定でカテゴリからAISACを取り外す

引数:
[in] id カテゴリID
[in] global_aisac_name 取り外すグローバルAISAC名
説明:
カテゴリからAISACをデタッチ(取り外し)します。

AISACのデタッチに失敗した場合、関数内でエラーコールバックが発生します。
AISACのデタッチに失敗した理由については、エラーコールバックのメッセージを確認してください。
参照:
criAtomExCategory_AttachAisacById

void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacByName ( const CriChar8 *  name,
const CriChar8 *  global_aisac_name 
)

名前指定でカテゴリからAISACを取り外す

引数:
[in] name カテゴリ名
[in] global_aisac_name 取り外すグローバルAISAC名
説明:
カテゴリからAISACをデタッチ(取り外し)します。
カテゴリを名前で指定する以外は、criAtomExCategory_DetachAisacById 関数と仕様は同じです。
参照:
criAtomExCategory_DetachAisacById, criAtomExCategory_AttachAisacByName

void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacAllById ( CriAtomExCategoryId  id  ) 

ID指定でカテゴリから全てのAISACを取り外す

引数:
[in] id カテゴリID
説明:
カテゴリから全てのAISACをデタッチ(取り外し)します。

void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacAllByName ( const CriChar8 *  name  ) 

名前指定でカテゴリから全てのAISACを取り外す

引数:
[in] name カテゴリ名
説明:
カテゴリから全てのAISACをデタッチ(取り外し)します。

CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById ( CriAtomExCategoryId  id  ) 

ID指定でカテゴリにアタッチされているAISAC数を取得する

引数:
[in] id カテゴリID
戻り値:
カテゴリにアタッチされているAISAC数
説明:
カテゴリにアタッチされているAISAC数を取得します。
存在しないカテゴリを指定した場合、負値が返ります。

CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsByName ( const CriChar8 *  name  ) 

名前指定でカテゴリにアタッチされているAISAC数を取得する

引数:
[in] name カテゴリ名
戻り値:
カテゴリにアタッチされているAISAC数
説明:
カテゴリにアタッチされているAISAC数を取得します。 存在しないカテゴリを指定した場合、負値が返ります。

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetAttachedAisacInfoById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriSint32  aisac_attached_index,
CriAtomExAisacInfo aisac_info 
)

ID指定でカテゴリにアタッチされているAISACの情報を取得する

引数:
[in] id カテゴリID
[in] aisac_attached_index アタッチされているAISACのインデックス
[out] aisac_info AISAC情報
戻り値:
CRI_TRUE = 情報が取得できた
CRI_FALSE = 情報が取得できなかった
説明:
カテゴリにアタッチされているAISACの情報を取得します。
存在しないカテゴリを指定した場合や、無効なインデックスを指定した場合、CRI_FALSEが返ります。
参照:
criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetAttachedAisacInfoByName ( const CriChar8 *  name,
CriSint32  aisac_attached_index,
CriAtomExAisacInfo aisac_info 
)

名前指定でカテゴリにアタッチされているAISACの情報を取得する

引数:
[in] name カテゴリ名
[in] aisac_attached_index アタッチされているAISACのインデックス
[out] aisac_info AISAC情報
戻り値:
CRI_TRUE = 情報が取得できた
CRI_FALSE = 情報が取得できなかった
説明:
カテゴリにアタッチされているAISACの情報を取得します。
存在しないカテゴリを指定した場合や、無効なインデックスを指定した場合、CRI_FALSEが返ります。
参照:
criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsByName

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetCurrentAisacControlValueById ( CriAtomExCategoryId  category_id,
CriAtomExAisacControlId  aisac_control_id,
CriFloat32 *  control_value 
)

ID指定でカテゴリにアタッチされているAISACコントロールの現在値を取得する

引数:
[in] id カテゴリID
[in] aisac_control_id AISACコントロールID
[out] control_value AISACコントロールの現在値
戻り値:
CRI_TRUE = 情報が取得できた
CRI_FALSE = 情報が取得できなかった
説明:
カテゴリにアタッチされているAISACコントロールの現在値を取得します。
存在しないカテゴリやAISACコントロールを指定した場合、CRI_FALSEが返ります。
参照:
criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetCurrentAisacControlValueByName ( const CriChar8 *  category_name,
const CriChar8 *  aisac_control_name,
CriFloat32 *  control_value 
)

名前指定でカテゴリにアタッチされているAISACコントロールの現在値を取得する

引数:
[in] name カテゴリ名
[in] aisac_control_name AISACコントロール名
[out] control_value AISACコントロールの現在値
戻り値:
CRI_TRUE = 情報が取得できた
CRI_FALSE = 情報が取得できなかった
説明:
カテゴリにアタッチされているAISACコントロールの現在値を取得します。
存在しないカテゴリを指定した場合や、無効なインデックスを指定した場合、CRI_FALSEが返ります。
参照:
criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById

void CRIAPI criAtomExCategory_SetReactParameter ( const CriChar8 *  react_name,
const CriAtomExReactParameter react_parameter 
)

REACT駆動パラメーターの設定

引数:
[in] react_name REACT名
[in] react_parameter REACT駆動パラメーター構造体
説明:
REACTを駆動させるパラメーターを設定します。
REACTが動作している間はパラメーターを設定することはできません(警告が発生します)。
存在しないREACT名を指定した場合は、エラーコールバックが返ります。
参照:
criAtomExCategory_GetReactParameter

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetReactParameter ( const CriChar8 *  react_name,
CriAtomExReactParameter react_parameter 
)

REACT駆動パラメーターの取得

引数:
[in] react_name REACT名
[out] react_parameter REACT駆動パラメーター構造体
戻り値:
CRI_TRUE = 情報が取得できた
CRI_FALSE = 情報が取得できなかった
説明:
REACTを駆動させるパラメーターの現在値を取得します。
存在しないREACT名を指定した場合は、エラーコールバックが発生しCRI_FALSEが返ります。
参照:
criAtomExCategory_SetReactParameter

CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumCuePlayingCountById ( CriAtomExCategoryId  id  ) 

ID指定でカテゴリに所属する発音中のキュー数を取得する

引数:
[in] id カテゴリID
戻り値:
カテゴリに所属する発音中のキュー数
説明:
カテゴリに所属する発音中のキュー数を取得します。
存在しないカテゴリを指定した場合、負値が返ります。

CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumCuePlayingCountByName ( const CriChar8 *  name  ) 

名前指定でカテゴリに所属する発音中のキュー数を取得する

引数:
[in] name カテゴリ名
戻り値:
カテゴリに所属する発音中のキュー数
説明:
カテゴリに所属する発音中のキュー数を取得します。 存在しないカテゴリを指定した場合、負値が返ります。

void CRIAPI criAtomExCategory_StopById ( CriAtomExCategoryId  id  ) 

ID指定でカテゴリに所属する発音中のキューを停止する

引数:
[in] id カテゴリID
説明:
指定したカテゴリに所属する発音中のキューを停止します。

void CRIAPI criAtomExCategory_StopByName ( const CriChar8 *  name  ) 

名前指定でカテゴリに所属する発音中のキューを停止する

引数:
[in] name カテゴリ名
説明:
指定したカテゴリに所属する発音中のキューを停止します。

void CRIAPI criAtomExCategory_StopWithoutReleaseTimeById ( CriAtomExCategoryId  id  ) 

ID指定でカテゴリに所属する発音中のキューを即時停止する

引数:
[in] id カテゴリID
説明:
指定したカテゴリに所属する発音中のキューを即時停止します。

void CRIAPI criAtomExCategory_StopWithoutReleaseTimeByName ( const CriChar8 *  name  ) 

名前指定でカテゴリに所属する発音中のキューを即時停止する

引数:
[in] name カテゴリ名
説明:
指定したカテゴリに所属する発音中のキューを即時停止します。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.