CRI ADX2  Last Updated: 2021-04-27 11:06 p
CriAtomExCategory API

データ構造

struct  CriAtomExCategoryInfoTag
 カテゴリ情報取得用構造体 [詳解]
 
struct  CriAtomExReactFadeParameterTag
 REACTフェードパラメーター構造体 [詳解]
 
struct  CriAtomExReactDuckerParameterTag
 REACTによるダッカーパラメーター構造体 [詳解]
 
struct  CriAtomExReactAisacModulationParameterTag
 AISACモジュレーショントリガーパラメーター構造体 [詳解]
 
struct  CriAtomExReactParameterTag
 REACT駆動パラメーター構造体 [詳解]
 

マクロ定義

#define CRIATOMEXCATEGORY_MAX_CATEGORIES_PER_PLAYBACK   (16)
 最大再生毎カテゴリ参照数再生毎の最大カテゴリ参照数です。
[詳解]
 

型定義

typedef CriUint32 CriAtomExCategoryId
 カテゴリID [詳解]
 
typedef struct CriAtomExCategoryInfoTag CriAtomExCategoryInfo
 カテゴリ情報取得用構造体 [詳解]
 
typedef enum CriAtomExReactTypeTag CriAtomExReactType
 REACTタイプ [詳解]
 
typedef enum CriAtomExReactDuckerTargetTypeTag CriAtomExReactDuckerTargetType
 REACTによるダッキングのターゲット [詳解]
 
typedef enum CriAtomExReactDuckerCurveTypeTag CriAtomExReactDuckerCurveType
 REACTによるダッキングの曲線タイプ [詳解]
 
typedef struct CriAtomExReactFadeParameterTag CriAtomExReactFadeParameter
 REACTフェードパラメーター構造体 [詳解]
 
typedef enum CriAtomExReactHoldTypeTag CriAtomExReactHoldType
 REACTホールドタイプ [詳解]
 
typedef struct CriAtomExReactDuckerParameterTag CriAtomExReactDuckerParameter
 REACTによるダッカーパラメーター構造体 [詳解]
 
typedef struct CriAtomExReactAisacModulationParameterTag CriAtomExReactAisacModulationParameter
 AISACモジュレーショントリガーパラメーター構造体 [詳解]
 
typedef struct CriAtomExReactParameterTag CriAtomExReactParameter
 REACT駆動パラメーター構造体 [詳解]
 

列挙型

enum  CriAtomExReactTypeTag { CRIATOMEX_REACT_TYPE_DUCKER = 0 , CRIATOMEX_REACT_TYPE_AISAC_MODULATION_TRIGGER , CRIATOMEX_REACT_TYPE_ENUM_SIZE_IS_4BYTES = 0x7FFFFFFF }
 REACTタイプ [詳解]
 
enum  CriAtomExReactDuckerTargetTypeTag { CRIATOMEX_REACT_DUCKER_TARGET_TYPE_VOLUME = 0 , CRIATOMEX_REACT_DUCKER_TARGET_TYPE_AISAC_CONTROL_VALUE , CRIATOMEX_REACT_DUCKER_TARGET_TYPE_ENUM_SIZE_IS_4BYTES = 0x7FFFFFFF }
 REACTによるダッキングのターゲット [詳解]
 
enum  CriAtomExReactDuckerCurveTypeTag {
  CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_LINEAR = 0 , CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_SQUARE , CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_SQUARE_REVERSE , CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_S ,
  CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_FLAT_AT_HALF , CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_ENUM_SIZE_IS_4BYTES = 0x7FFFFFFF
}
 REACTによるダッキングの曲線タイプ [詳解]
 
enum  CriAtomExReactHoldTypeTag { CRIATOMEX_REACT_HOLD_TYPE_WHILE_PLAYING , CRIATOMEX_REACT_HOLD_TYPE_FIXED_TIME , CRIATOMEX_REACT_HOLD_TYPE_ENUM_SIZE_IS_4BYTES = 0x7FFFFFFF }
 REACTホールドタイプ [詳解]
 

関数

void CRIAPI criAtomExCategory_SetVolumeById (CriAtomExCategoryId id, CriFloat32 volume)
 ID指定によるカテゴリに対するボリューム設定 [詳解]
 
CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetVolumeById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定によるカテゴリボリューム取得 [詳解]
 
CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetTotalVolumeById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定による最終カテゴリボリューム取得 [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_SetVolumeByName (const CriChar8 *name, CriFloat32 volume)
 名前指定によるカテゴリに対するボリューム設定 [詳解]
 
CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetVolumeByName (const CriChar8 *name)
 名前指定によるカテゴリボリューム取得 [詳解]
 
CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetTotalVolumeByName (const CriChar8 *name)
 名前指定による最終カテゴリボリューム取得 [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_MuteById (CriAtomExCategoryId id, CriBool mute)
 ID指定によるカテゴリミュート状態設定 [詳解]
 
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsMutedById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定によるカテゴリミュート状態取得 [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_MuteByName (const CriChar8 *name, CriBool mute)
 名前指定によるカテゴリミュート状態設定 [詳解]
 
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsMutedByName (const CriChar8 *name)
 名前指定によるカテゴリミュート状態取得 [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_SoloById (CriAtomExCategoryId id, CriBool solo, CriFloat32 mute_volume)
 ID指定によるカテゴリソロ状態設定 [詳解]
 
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsSoloedById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定によるカテゴリソロ状態取得 [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_SoloByName (const CriChar8 *name, CriBool solo, CriFloat32 mute_volume)
 名前指定によるカテゴリソロ状態設定 [詳解]
 
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsSoloedByName (const CriChar8 *name)
 名前指定によるカテゴリソロ状態取得 [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_PauseById (CriAtomExCategoryId id, CriBool sw)
 ID指定によるカテゴリのポーズ/ポーズ解除 [詳解]
 
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsPausedById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定によるカテゴリのポーズ状態取得 [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_PauseByName (const CriChar8 *name, CriBool sw)
 名前指定によるカテゴリのポーズ/ポーズ解除 [詳解]
 
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsPausedByName (const CriChar8 *name)
 名前指定によるカテゴリのポーズ状態取得 [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeInTimeById (CriAtomExCategoryId id, CriUint16 ms)
 フェードイン時間の設定(カテゴリID指定) [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeInTimeByName (const CriChar8 *name, CriUint16 ms)
 フェードイン時間の設定(カテゴリ名指定) [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeOutTimeById (CriAtomExCategoryId id, CriUint16 ms)
 フェードアウト時間の設定(カテゴリID指定) [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeOutTimeByName (const CriChar8 *name, CriUint16 ms)
 フェードアウト時間の設定(カテゴリ名指定) [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_SetAisacControlById (CriAtomExCategoryId id, CriAtomExAisacControlId control_id, CriFloat32 control_value)
 ID指定によるカテゴリに対するAISACコントロール値設定 [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_SetAisacControlByName (const CriChar8 *name, const CriChar8 *control_name, CriFloat32 control_value)
 名前指定によるカテゴリに対するAISACコントロール値設定 [詳解]
 
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_ResetAllAisacControlById (CriAtomExCategoryId category_id)
 ID指定でカテゴリにアタッチされている全てのAISACコントロール値をデフォルト値に設定する [詳解]
 
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_ResetAllAisacControlByName (const CriChar8 *category_name)
 名前指定でカテゴリにアタッチされている全てのAISACコントロール値をデフォルト値に設定する [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_AttachAisacById (CriAtomExCategoryId id, const CriChar8 *global_aisac_name)
 ID指定でカテゴリにAISACを取り付ける [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_AttachAisacByName (const CriChar8 *name, const CriChar8 *global_aisac_name)
 名前指定でカテゴリにAISACを取り付ける [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacById (CriAtomExCategoryId id, const CriChar8 *global_aisac_name)
 ID指定でカテゴリからAISACを取り外す [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacByName (const CriChar8 *name, const CriChar8 *global_aisac_name)
 名前指定でカテゴリからAISACを取り外す [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacAllById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定でカテゴリから全てのAISACを取り外す [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacAllByName (const CriChar8 *name)
 名前指定でカテゴリから全てのAISACを取り外す [詳解]
 
CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定でカテゴリにアタッチされているAISAC数を取得する [詳解]
 
CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsByName (const CriChar8 *name)
 名前指定でカテゴリにアタッチされているAISAC数を取得する [詳解]
 
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetAttachedAisacInfoById (CriAtomExCategoryId id, CriSint32 aisac_attached_index, CriAtomExAisacInfo *aisac_info)
 ID指定でカテゴリにアタッチされているAISACの情報を取得する [詳解]
 
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetAttachedAisacInfoByName (const CriChar8 *name, CriSint32 aisac_attached_index, CriAtomExAisacInfo *aisac_info)
 名前指定でカテゴリにアタッチされているAISACの情報を取得する [詳解]
 
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetCurrentAisacControlValueById (CriAtomExCategoryId category_id, CriAtomExAisacControlId aisac_control_id, CriFloat32 *control_value)
 ID指定でカテゴリにアタッチされているAISACコントロールの現在値を取得する [詳解]
 
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetCurrentAisacControlValueByName (const CriChar8 *category_name, const CriChar8 *aisac_control_name, CriFloat32 *control_value)
 名前指定でカテゴリにアタッチされているAISACコントロールの現在値を取得する [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_SetReactParameter (const CriChar8 *react_name, const CriAtomExReactParameter *react_parameter)
 REACT駆動パラメーターの設定 [詳解]
 
CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetReactParameter (const CriChar8 *react_name, CriAtomExReactParameter *react_parameter)
 REACT駆動パラメーターの取得 [詳解]
 
CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumCuePlayingCountById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定でカテゴリに所属する発音中のキュー数を取得する [詳解]
 
CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumCuePlayingCountByName (const CriChar8 *name)
 名前指定でカテゴリに所属する発音中のキュー数を取得する [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_StopById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定でカテゴリに所属する発音中のキューを停止する [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_StopByName (const CriChar8 *name)
 名前指定でカテゴリに所属する発音中のキューを停止する [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_StopWithoutReleaseTimeById (CriAtomExCategoryId id)
 ID指定でカテゴリに所属する発音中のキューを即時停止する [詳解]
 
void CRIAPI criAtomExCategory_StopWithoutReleaseTimeByName (const CriChar8 *name)
 名前指定でカテゴリに所属する発音中のキューを即時停止する [詳解]
 

詳解

マクロ定義詳解

◆ CRIATOMEXCATEGORY_MAX_CATEGORIES_PER_PLAYBACK

#define CRIATOMEXCATEGORY_MAX_CATEGORIES_PER_PLAYBACK   (16)

最大再生毎カテゴリ参照数再生毎の最大カテゴリ参照数です。

参照
CriAtomExCueInfo

型定義詳解

◆ CriAtomExCategoryId

typedef CriUint32 CriAtomExCategoryId

カテゴリID

説明:
カテゴリIDは、ユーザがオーサリングツール上でカテゴリに対して割り当てた一意のIDです。
カテゴリIDをプログラム中で保持する際には、本変数型を用いて値を取り扱う必要があります。
参照
criAtomExCategory_SetVolumeById, criAtomExCategory_MuteById, criAtomExCategory_SoloById

◆ CriAtomExCategoryInfo

カテゴリ情報取得用構造体

説明:
カテゴリ情報を取得するための構造体です。
criAtomExAcf_GetCategoryInfo 関数に引数として渡します。
参照
criAtomExAcf_GetCategoryInfo

◆ CriAtomExReactType

◆ CriAtomExReactDuckerTargetType

REACTによるダッキングのターゲット

説明:
REACTによるダッキング対象のタイプです。
参照
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter

◆ CriAtomExReactDuckerCurveType

REACTによるダッキングの曲線タイプ

説明:
REACTによるダッキング曲線のタイプです。
参照
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter

◆ CriAtomExReactFadeParameter

REACTフェードパラメーター構造体

説明:
REACTのフェード駆動パラメーター情報を設定取得するための構造体です。
参照
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter

◆ CriAtomExReactHoldType

REACTホールドタイプ

説明:
REACTホールド(減衰時間の維持)タイプです。
参照
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter

◆ CriAtomExReactDuckerParameter

REACTによるダッカーパラメーター構造体

説明:
REACTによるダッカーの駆動パラメーター情報を設定取得するための構造体です。
参照
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter

◆ CriAtomExReactAisacModulationParameter

AISACモジュレーショントリガーパラメーター構造体

説明:
AISACモジュレーショントリガーの駆動パラメーター情報を設定取得するための構造体です。
参照
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter

◆ CriAtomExReactParameter

REACT駆動パラメーター構造体

説明:
REACTの駆動パラメーター情報を設定取得するための構造体です。
criAtomExCategory_SetReactParameter , criAtomExCategory_GetReactParameter 関数に引数として渡します。
参照
criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter

列挙型詳解

◆ CriAtomExReactTypeTag

REACTタイプ

説明:
REACTのタイプです。
参照
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter
列挙値
CRIATOMEX_REACT_TYPE_DUCKER 

ダッカー

CRIATOMEX_REACT_TYPE_AISAC_MODULATION_TRIGGER 

AISACモジュレーショントリガー

◆ CriAtomExReactDuckerTargetTypeTag

REACTによるダッキングのターゲット

説明:
REACTによるダッキング対象のタイプです。
参照
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter
列挙値
CRIATOMEX_REACT_DUCKER_TARGET_TYPE_VOLUME 

ボリュームのダッカー

CRIATOMEX_REACT_DUCKER_TARGET_TYPE_AISAC_CONTROL_VALUE 

AISACコントロール値のダッカー

◆ CriAtomExReactDuckerCurveTypeTag

REACTによるダッキングの曲線タイプ

説明:
REACTによるダッキング曲線のタイプです。
参照
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter
列挙値
CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_LINEAR 

直線

CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_SQUARE 

低速変化

CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_SQUARE_REVERSE 

高速変化

CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_S 

S字曲線

CRIATOMEX_REACT_DUCKER_CURVE_TYPE_FLAT_AT_HALF 

逆S字曲線

◆ CriAtomExReactHoldTypeTag

REACTホールドタイプ

説明:
REACTホールド(減衰時間の維持)タイプです。
参照
CriAtomExReactParameter, criAtomExCategory_SetReactParameter, criAtomExCategory_GetReactParameter
列挙値
CRIATOMEX_REACT_HOLD_TYPE_WHILE_PLAYING 

再生中にホールドを行う

CRIATOMEX_REACT_HOLD_TYPE_FIXED_TIME 

固定時間でホールドを行う

関数詳解

◆ criAtomExCategory_SetVolumeById()

void CRIAPI criAtomExCategory_SetVolumeById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriFloat32  volume 
)

ID指定によるカテゴリに対するボリューム設定

引数
[in]idカテゴリID
[in]volumeボリューム値
説明:
ID指定でカテゴリに対してボリュームを設定します。
注意
本関数による設定値はACFによって設定されているカテゴリボリュームを上書き変更します。
本関数による設定値とACF設定値との乗算適用は行われないことに注意してください。

◆ criAtomExCategory_GetVolumeById()

CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetVolumeById ( CriAtomExCategoryId  id)

ID指定によるカテゴリボリューム取得

引数
[in]idカテゴリID return CriFloat32 カテゴリボリューム
説明:
ID指定でカテゴリのボリュームを取得します。

◆ criAtomExCategory_GetTotalVolumeById()

CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetTotalVolumeById ( CriAtomExCategoryId  id)

ID指定による最終カテゴリボリューム取得

引数
[in]idカテゴリID return CriFloat32 カテゴリボリューム
説明:
ID指定でREACT、AISACなどの影響を受けた最終的なカテゴリのボリューム値を取得します。
備考:
最終的なカテゴリのボリューム値を取得するためにパラメーターの計算処理を行うので、 負荷が大きい関数です。

◆ criAtomExCategory_SetVolumeByName()

void CRIAPI criAtomExCategory_SetVolumeByName ( const CriChar8 *  name,
CriFloat32  volume 
)

名前指定によるカテゴリに対するボリューム設定

引数
[in]nameカテゴリ名
[in]volumeボリューム値
説明:
名前指定でカテゴリに対してボリュームを設定します。
注意
本関数による設定値はACFによって設定されているカテゴリボリュームを上書き変更します。
本関数による設定値とACF設定値との乗算適用は行われないことに注意してください。

◆ criAtomExCategory_GetVolumeByName()

CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetVolumeByName ( const CriChar8 *  name)

名前指定によるカテゴリボリューム取得

引数
[in]nameカテゴリ名 return CriFloat32 カテゴリボリューム
説明:
名前指定でカテゴリのボリュームを取得します。

◆ criAtomExCategory_GetTotalVolumeByName()

CriFloat32 CRIAPI criAtomExCategory_GetTotalVolumeByName ( const CriChar8 *  name)

名前指定による最終カテゴリボリューム取得

引数
[in]nameカテゴリ名 return CriFloat32 カテゴリボリューム
説明:
名前指定でREACT、AISACなどの影響を受けた最終的なカテゴリのボリューム値を取得します。
備考:
最終的なカテゴリのボリューム値を取得するためにパラメーターの計算処理を行うので、 負荷が大きい関数です。

◆ criAtomExCategory_MuteById()

void CRIAPI criAtomExCategory_MuteById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriBool  mute 
)

ID指定によるカテゴリミュート状態設定

引数
[in]idカテゴリID
[in]muteミュート状態(CRI_TRUE = ミュート、CRI_FALSE = ミュート解除)
説明:
ID指定でカテゴリのミュート状態を設定します。

◆ criAtomExCategory_IsMutedById()

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsMutedById ( CriAtomExCategoryId  id)

ID指定によるカテゴリミュート状態取得

引数
[in]idカテゴリID return CriBool ミュート状態(CRI_TRUE = ミュート中、CRI_FALSE = ミュートされていない)
説明:
ID指定でカテゴリのミュート状態を取得します。

◆ criAtomExCategory_MuteByName()

void CRIAPI criAtomExCategory_MuteByName ( const CriChar8 *  name,
CriBool  mute 
)

名前指定によるカテゴリミュート状態設定

引数
[in]nameカテゴリ名
[in]muteミュート状態(CRI_TRUE = ミュート、CRI_FALSE = ミュート解除)
説明:
名前指定でカテゴリのミュート状態を設定します。

◆ criAtomExCategory_IsMutedByName()

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsMutedByName ( const CriChar8 *  name)

名前指定によるカテゴリミュート状態取得

引数
[in]nameカテゴリ名 return CriBool ミュート状態(CRI_TRUE = ミュート中、CRI_FALSE = ミュートされていない)
説明:
名前指定でカテゴリのミュート状態を取得します。

◆ criAtomExCategory_SoloById()

void CRIAPI criAtomExCategory_SoloById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriBool  solo,
CriFloat32  mute_volume 
)

ID指定によるカテゴリソロ状態設定

引数
[in]idカテゴリID
[in]soloソロ状態(CRI_TRUE = ソロ、CRI_FALSE = ソロ解除)
[in]mute_volume他のカテゴリに適用するミュートボリューム値
説明:
ID指定でカテゴリのソロ状態を設定します。
mute_volumeで指定したボリュームは同一カテゴリグループに所属する カテゴリに対して適用されます。

◆ criAtomExCategory_IsSoloedById()

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsSoloedById ( CriAtomExCategoryId  id)

ID指定によるカテゴリソロ状態取得

引数
[in]idカテゴリID return CriBool ソロ状態(CRI_TRUE = ソロ中、CRI_FALSE = ソロではない)
説明:
ID指定でカテゴリのソロ状態を取得します。

◆ criAtomExCategory_SoloByName()

void CRIAPI criAtomExCategory_SoloByName ( const CriChar8 *  name,
CriBool  solo,
CriFloat32  mute_volume 
)

名前指定によるカテゴリソロ状態設定

引数
[in]nameカテゴリ名
[in]soloソロ状態(CRI_TRUE = ソロ、CRI_FALSE = ソロ解除)
[in]mute_volume他のカテゴリに適用するミュートボリューム値
説明:
名前指定でカテゴリのソロ状態を設定します。
mute_volumeで指定したボリュームは同一カテゴリグループに所属する カテゴリに対して適用されます。

◆ criAtomExCategory_IsSoloedByName()

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsSoloedByName ( const CriChar8 *  name)

名前指定によるカテゴリソロ状態取得

引数
[in]nameカテゴリ名 return CriBool ソロ状態(CRI_TRUE = ソロ中、CRI_FALSE = ソロではない)
説明:
名前指定でカテゴリのソロ状態を取得します。

◆ criAtomExCategory_PauseById()

void CRIAPI criAtomExCategory_PauseById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriBool  sw 
)

ID指定によるカテゴリのポーズ/ポーズ解除

引数
[in]idカテゴリID
[in]swスイッチ(CRI_FALSE = ポーズ解除、CRI_TRUE = ポーズ)
説明:
ID指定でカテゴリのポーズ/ポーズ解除を行います。
criAtomExCategory_SetFadeOutTimeById 関数や::criAtomExCategory_SetFadeOutTimeByName 関数でフェードアウト時間が設定されている場合にポーズを行うと、設定された時間でフェードアウトした後に実際にポーズします。
criAtomExCategory_SetFadeInTimeById 関数や::criAtomExCategory_SetFadeInTimeByName 関数でフェードイン時間が設定されている場合にポーズ解除を行うと、ポーズ解除後、設定された時間でフェードインします。
備考:
カテゴリのポーズは、AtomExプレーヤー/再生音のポーズ (::criAtomExPlayer_Pause 関数や::criAtomExPlayback_Pause 関数でのポーズ)とは独立して扱われ、 音声の最終的なポーズ状態は、それぞれのポーズ状態を考慮して決まります。
すなわち、どちらかがポーズ状態ならポーズ、どちらもポーズ解除状態ならポーズ解除、となります。

◆ criAtomExCategory_IsPausedById()

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsPausedById ( CriAtomExCategoryId  id)

ID指定によるカテゴリのポーズ状態取得

引数
[in]idカテゴリID return CriBool ポーズ状態
説明:
ID指定でカテゴリのポーズ状態を取得します。

◆ criAtomExCategory_PauseByName()

void CRIAPI criAtomExCategory_PauseByName ( const CriChar8 *  name,
CriBool  sw 
)

名前指定によるカテゴリのポーズ/ポーズ解除

引数
[in]nameカテゴリ名
[in]swスイッチ(CRI_FALSE = ポーズ解除、CRI_TRUE = ポーズ)
説明:
名前指定でカテゴリのポーズ/ポーズ解除を行います。
カテゴリを名前で指定する以外は、::criAtomExCategory_PauseById 関数と仕様は同じです。
参照
criAtomExCategory_PauseById

◆ criAtomExCategory_IsPausedByName()

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_IsPausedByName ( const CriChar8 *  name)

名前指定によるカテゴリのポーズ状態取得

引数
[in]nameカテゴリ名 return CriBool ポーズ状態
説明:
名前指定でカテゴリのポーズ状態を取得します。

◆ criAtomExCategory_SetFadeInTimeById()

void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeInTimeById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriUint16  ms 
)

フェードイン時間の設定(カテゴリID指定)

引数
[in]idカテゴリID
[in]msフェードイン時間(ミリ秒単位)
説明:
カテゴリにフェードイン時間を設定します。
フェードイン時間はポーズ解除を行った際に利用されます。

◆ criAtomExCategory_SetFadeInTimeByName()

void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeInTimeByName ( const CriChar8 *  name,
CriUint16  ms 
)

フェードイン時間の設定(カテゴリ名指定)

引数
[in]nameカテゴリ名
[in]msフェードイン時間(ミリ秒単位)
説明:
カテゴリにフェードイン時間を設定します。
フェードイン時間はポーズ解除を行った際に利用されます。

◆ criAtomExCategory_SetFadeOutTimeById()

void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeOutTimeById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriUint16  ms 
)

フェードアウト時間の設定(カテゴリID指定)

引数
[in]idカテゴリID
[in]msフェードアウト時間(ミリ秒単位)
説明:
カテゴリにフェードアウト時間を設定します。
フェードアウト時間はポーズを行った際に利用されます。

◆ criAtomExCategory_SetFadeOutTimeByName()

void CRIAPI criAtomExCategory_SetFadeOutTimeByName ( const CriChar8 *  name,
CriUint16  ms 
)

フェードアウト時間の設定(カテゴリ名指定)

引数
[in]nameカテゴリ名
[in]msフェードアウト時間(ミリ秒単位)
説明:
カテゴリにフェードアウト時間を設定します。
フェードアウト時間はポーズを行った際に利用されます。

◆ criAtomExCategory_SetAisacControlById()

void CRIAPI criAtomExCategory_SetAisacControlById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriAtomExAisacControlId  control_id,
CriFloat32  control_value 
)

ID指定によるカテゴリに対するAISACコントロール値設定

引数
[in]idカテゴリID
[in]control_idAISACコントロールID
[in]control_valueAISACコントロール値
説明:
ID指定でカテゴリに対してAISACコントロール値を設定します。
備考:
カテゴリをID、AISACコントロールを名前で指定したい場合、::criAtomExAcf_GetAisacControlIdByName 関数にて変換を行ってください。
注意
キューやトラックに設定されているAISACに関しては、プレーヤーでのAISACコントロール値設定よりも、カテゴリのAISACコントロール値を優先して参照します。
カテゴリにアタッチしたAISACについては、常にカテゴリに設定したAISACコントロール値のみ、参照されます。
参照
criAtomExCategory_SetAisacControlByName, criAtomExCategory_AttachAisacById, criAtomExCategory_AttachAisacByName

◆ criAtomExCategory_SetAisacControlByName()

void CRIAPI criAtomExCategory_SetAisacControlByName ( const CriChar8 *  name,
const CriChar8 *  control_name,
CriFloat32  control_value 
)

名前指定によるカテゴリに対するAISACコントロール値設定

引数
[in]nameカテゴリ名
[in]control_nameAISACコントロール名
[in]control_valueAISACコントロール値
説明:
名前指定でカテゴリに対してAISACコントロール値を設定します。
カテゴリおよびAISACコントロールを名前で指定する以外は、::criAtomExCategory_SetAisacControlById 関数と仕様は同じです。
備考:
カテゴリを名前、AISACコントロールをIDで指定したい場合、::criAtomExAcf_GetAisacControlNameById 関数にて変換を行ってください。
参照
criAtomExCategory_SetAisacControlById, criAtomExCategory_AttachAisacById, criAtomExCategory_AttachAisacByName

◆ criAtomExCategory_ResetAllAisacControlById()

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_ResetAllAisacControlById ( CriAtomExCategoryId  category_id)

ID指定でカテゴリにアタッチされている全てのAISACコントロール値をデフォルト値に設定する

引数
[in]category_idカテゴリID
戻り値
CRI_TRUE= 成功
CRI_FALSE= 失敗
説明:
カテゴリにアタッチされている全てのAISACコントロール値をデフォルト値に設定します。
存在しないカテゴリを指定した場合、CRI_FALSEが返ります。
参照
criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById

◆ criAtomExCategory_ResetAllAisacControlByName()

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_ResetAllAisacControlByName ( const CriChar8 *  category_name)

名前指定でカテゴリにアタッチされている全てのAISACコントロール値をデフォルト値に設定する

引数
[in]category_nameカテゴリ名
戻り値
CRI_TRUE= 成功
CRI_FALSE= 失敗
説明:
カテゴリにアタッチされている全てのAISACコントロール値をデフォルト値に設定します。
存在しないカテゴリを指定した場合、CRI_FALSEが返ります。
参照
criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById

◆ criAtomExCategory_AttachAisacById()

void CRIAPI criAtomExCategory_AttachAisacById ( CriAtomExCategoryId  id,
const CriChar8 *  global_aisac_name 
)

ID指定でカテゴリにAISACを取り付ける

引数
[in]idカテゴリID
[in]global_aisac_name取り付けるグローバルAISAC名
説明:
カテゴリにAISACをアタッチ(取り付け)します。 AISACをアタッチすることにより、キューやトラックにAISACを設定していなくても、AISACの効果を得ることができます。

AISACのアタッチに失敗した場合、関数内でエラーコールバックが発生します。
AISACのアタッチに失敗した理由については、エラーコールバックのメッセージを確認してください。
備考:
全体設定(ACFファイル)に含まれるグローバルAISACのみ、アタッチ可能です。
AISACの効果を得るには、キューやトラックに設定されているAISACと同様に、該当するAISACコントロール値を設定する必要があります。
注意
キューやトラックに「AISACコントロール値を変更するAISAC」が設定されていたとしても、 その適用結果のAISACコントロール値は、カテゴリにアタッチしたAISACには影響しません。
カテゴリにアタッチしたAISACについては、常にカテゴリに設定したAISACコントロール値のみ、参照されます。
現在、「オートモジュレーション」や「ランダム」といったコントロールタイプのAISACのアタッチには対応しておりません。
現在、カテゴリにアタッチできるAISACの最大数は、8個固定です。
参照
criAtomExCategory_DetachAisacById

◆ criAtomExCategory_AttachAisacByName()

void CRIAPI criAtomExCategory_AttachAisacByName ( const CriChar8 *  name,
const CriChar8 *  global_aisac_name 
)

名前指定でカテゴリにAISACを取り付ける

引数
[in]nameカテゴリ名
[in]global_aisac_name取り付けるグローバルAISAC名
説明:
カテゴリにAISACをアタッチ(取り付け)します。 カテゴリを名前で指定する以外は、::criAtomExCategory_AttachAisacById 関数と仕様は同じです。
参照
criAtomExCategory_AttachAisacById, criAtomExCategory_DetachAisacByName

◆ criAtomExCategory_DetachAisacById()

void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacById ( CriAtomExCategoryId  id,
const CriChar8 *  global_aisac_name 
)

ID指定でカテゴリからAISACを取り外す

引数
[in]idカテゴリID
[in]global_aisac_name取り外すグローバルAISAC名
説明:
カテゴリからAISACをデタッチ(取り外し)します。

AISACのデタッチに失敗した場合、関数内でエラーコールバックが発生します。
AISACのデタッチに失敗した理由については、エラーコールバックのメッセージを確認してください。
参照
criAtomExCategory_AttachAisacById

◆ criAtomExCategory_DetachAisacByName()

void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacByName ( const CriChar8 *  name,
const CriChar8 *  global_aisac_name 
)

名前指定でカテゴリからAISACを取り外す

引数
[in]nameカテゴリ名
[in]global_aisac_name取り外すグローバルAISAC名
説明:
カテゴリからAISACをデタッチ(取り外し)します。
カテゴリを名前で指定する以外は、::criAtomExCategory_DetachAisacById 関数と仕様は同じです。
参照
criAtomExCategory_DetachAisacById, criAtomExCategory_AttachAisacByName

◆ criAtomExCategory_DetachAisacAllById()

void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacAllById ( CriAtomExCategoryId  id)

ID指定でカテゴリから全てのAISACを取り外す

引数
[in]idカテゴリID
説明:
カテゴリから全てのAISACをデタッチ(取り外し)します。

◆ criAtomExCategory_DetachAisacAllByName()

void CRIAPI criAtomExCategory_DetachAisacAllByName ( const CriChar8 *  name)

名前指定でカテゴリから全てのAISACを取り外す

引数
[in]nameカテゴリ名
説明:
カテゴリから全てのAISACをデタッチ(取り外し)します。

◆ criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById()

CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById ( CriAtomExCategoryId  id)

ID指定でカテゴリにアタッチされているAISAC数を取得する

引数
[in]idカテゴリID
戻り値
カテゴリにアタッチされているAISAC数
説明:
カテゴリにアタッチされているAISAC数を取得します。
存在しないカテゴリを指定した場合、負値が返ります。

◆ criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsByName()

CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsByName ( const CriChar8 *  name)

名前指定でカテゴリにアタッチされているAISAC数を取得する

引数
[in]nameカテゴリ名
戻り値
カテゴリにアタッチされているAISAC数
説明:
カテゴリにアタッチされているAISAC数を取得します。 存在しないカテゴリを指定した場合、負値が返ります。

◆ criAtomExCategory_GetAttachedAisacInfoById()

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetAttachedAisacInfoById ( CriAtomExCategoryId  id,
CriSint32  aisac_attached_index,
CriAtomExAisacInfo aisac_info 
)

ID指定でカテゴリにアタッチされているAISACの情報を取得する

引数
[in]idカテゴリID
[in]aisac_attached_indexアタッチされているAISACのインデックス
[out]aisac_infoAISAC情報
戻り値
CRI_TRUE= 情報が取得できた
CRI_FALSE= 情報が取得できなかった
説明:
カテゴリにアタッチされているAISACの情報を取得します。
存在しないカテゴリを指定した場合や、無効なインデックスを指定した場合、CRI_FALSEが返ります。
参照
criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById

◆ criAtomExCategory_GetAttachedAisacInfoByName()

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetAttachedAisacInfoByName ( const CriChar8 *  name,
CriSint32  aisac_attached_index,
CriAtomExAisacInfo aisac_info 
)

名前指定でカテゴリにアタッチされているAISACの情報を取得する

引数
[in]nameカテゴリ名
[in]aisac_attached_indexアタッチされているAISACのインデックス
[out]aisac_infoAISAC情報
戻り値
CRI_TRUE= 情報が取得できた
CRI_FALSE= 情報が取得できなかった
説明:
カテゴリにアタッチされているAISACの情報を取得します。
存在しないカテゴリを指定した場合や、無効なインデックスを指定した場合、CRI_FALSEが返ります。
参照
criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsByName

◆ criAtomExCategory_GetCurrentAisacControlValueById()

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetCurrentAisacControlValueById ( CriAtomExCategoryId  category_id,
CriAtomExAisacControlId  aisac_control_id,
CriFloat32 *  control_value 
)

ID指定でカテゴリにアタッチされているAISACコントロールの現在値を取得する

引数
[in]category_idカテゴリID
[in]aisac_control_idAISACコントロールID
[out]control_valueAISACコントロールの現在値
戻り値
CRI_TRUE= 情報が取得できた
CRI_FALSE= 情報が取得できなかった
説明:
カテゴリにアタッチされているAISACコントロールの現在値を取得します。
存在しないカテゴリやAISACコントロールを指定した場合、CRI_FALSEが返ります。
参照
criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById

◆ criAtomExCategory_GetCurrentAisacControlValueByName()

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetCurrentAisacControlValueByName ( const CriChar8 *  category_name,
const CriChar8 *  aisac_control_name,
CriFloat32 *  control_value 
)

名前指定でカテゴリにアタッチされているAISACコントロールの現在値を取得する

引数
[in]category_nameカテゴリ名
[in]aisac_control_nameAISACコントロール名
[out]control_valueAISACコントロールの現在値
戻り値
CRI_TRUE= 情報が取得できた
CRI_FALSE= 情報が取得できなかった
説明:
カテゴリにアタッチされているAISACコントロールの現在値を取得します。
存在しないカテゴリを指定した場合や、無効なインデックスを指定した場合、CRI_FALSEが返ります。
参照
criAtomExCategory_GetNumAttachedAisacsById

◆ criAtomExCategory_SetReactParameter()

void CRIAPI criAtomExCategory_SetReactParameter ( const CriChar8 *  react_name,
const CriAtomExReactParameter react_parameter 
)

REACT駆動パラメーターの設定

引数
[in]react_nameREACT名
[in]react_parameterREACT駆動パラメーター構造体
説明:
REACTを駆動させるパラメーターを設定します。
REACTが動作している間はパラメーターを設定することはできません(警告が発生します)。
存在しないREACT名を指定した場合は、エラーコールバックが返ります。
参照
criAtomExCategory_GetReactParameter

◆ criAtomExCategory_GetReactParameter()

CriBool CRIAPI criAtomExCategory_GetReactParameter ( const CriChar8 *  react_name,
CriAtomExReactParameter react_parameter 
)

REACT駆動パラメーターの取得

引数
[in]react_nameREACT名
[out]react_parameterREACT駆動パラメーター構造体
戻り値
CRI_TRUE= 情報が取得できた
CRI_FALSE= 情報が取得できなかった
説明:
REACTを駆動させるパラメーターの現在値を取得します。
存在しないREACT名を指定した場合は、エラーコールバックが発生しCRI_FALSEが返ります。
参照
criAtomExCategory_SetReactParameter

◆ criAtomExCategory_GetNumCuePlayingCountById()

CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumCuePlayingCountById ( CriAtomExCategoryId  id)

ID指定でカテゴリに所属する発音中のキュー数を取得する

引数
[in]idカテゴリID
戻り値
カテゴリに所属する発音中のキュー数
説明:
カテゴリに所属する発音中のキュー数を取得します。
存在しないカテゴリを指定した場合、負値が返ります。

◆ criAtomExCategory_GetNumCuePlayingCountByName()

CriSint32 CRIAPI criAtomExCategory_GetNumCuePlayingCountByName ( const CriChar8 *  name)

名前指定でカテゴリに所属する発音中のキュー数を取得する

引数
[in]nameカテゴリ名
戻り値
カテゴリに所属する発音中のキュー数
説明:
カテゴリに所属する発音中のキュー数を取得します。 存在しないカテゴリを指定した場合、負値が返ります。

◆ criAtomExCategory_StopById()

void CRIAPI criAtomExCategory_StopById ( CriAtomExCategoryId  id)

ID指定でカテゴリに所属する発音中のキューを停止する

引数
[in]idカテゴリID
説明:
指定したカテゴリに所属する発音中のキューを停止します。

◆ criAtomExCategory_StopByName()

void CRIAPI criAtomExCategory_StopByName ( const CriChar8 *  name)

名前指定でカテゴリに所属する発音中のキューを停止する

引数
[in]nameカテゴリ名
説明:
指定したカテゴリに所属する発音中のキューを停止します。

◆ criAtomExCategory_StopWithoutReleaseTimeById()

void CRIAPI criAtomExCategory_StopWithoutReleaseTimeById ( CriAtomExCategoryId  id)

ID指定でカテゴリに所属する発音中のキューを即時停止する

引数
[in]idカテゴリID
説明:
指定したカテゴリに所属する発音中のキューを即時停止します。

◆ criAtomExCategory_StopWithoutReleaseTimeByName()

void CRIAPI criAtomExCategory_StopWithoutReleaseTimeByName ( const CriChar8 *  name)

名前指定でカテゴリに所属する発音中のキューを即時停止する

引数
[in]nameカテゴリ名
説明:
指定したカテゴリに所属する発音中のキューを即時停止します。