CriAtomExDsp API


構成

struct  CriAtomExDspPitchShifterConfigTag
 ピッチシフタDSPのアタッチ用コンフィグ構造体 [詳細]
struct  CriAtomExDspTimeStretchConfigTag
 タイムストレッチDSPのアタッチ用コンフィグ構造体 [詳細]

マクロ定義

#define criAtomExVoicePool_SetDefaultConfigForDspPitchShifter(p_config)
 ピッチシフタDSPのアタッチ用コンフィグにデフォルト値をデフォルトセット
#define criAtomExVoicePool_SetDefaultConfigForDspTimeStretch(p_config)
 タイムストレッチDSPのアタッチ用コンフィグにデフォルト値をデフォルトセット

型定義

typedef CriAtomExDspPitchShifterConfigTag CriAtomExDspPitchShifterConfig
 ピッチシフタDSPのアタッチ用コンフィグ構造体
typedef CriAtomExDspTimeStretchConfigTag CriAtomExDspTimeStretchConfig
 タイムストレッチDSPのアタッチ用コンフィグ構造体

関数

void CRIAPI criAtomExVoicePool_DetachDsp (CriAtomExVoicePoolHn pool)
 DSPのデタッチ
CriSint32 CRIAPI criAtomExVoicePool_CalculateWorkSizeForDspPitchShifter (const CriAtomExDspPitchShifterConfig *config)
 ピッチシフタDSPアタッチ用ワーク領域サイズの計算
void CRIAPI criAtomExVoicePool_AttachDspPitchShifter (CriAtomExVoicePoolHn pool, const CriAtomExDspPitchShifterConfig *config, void *work, CriSint32 work_size)
 ピッチシフタDSPのアタッチ
CriSint32 CRIAPI criAtomExVoicePool_CalculateWorkSizeForDspTimeStretch (const CriAtomExDspTimeStretchConfig *config)
 タイムストレッチDSPアタッチ用ワーク領域サイズの計算
void CRIAPI criAtomExVoicePool_AttachDspTimeStretch (CriAtomExVoicePoolHn pool, const CriAtomExDspTimeStretchConfig *config, void *work, CriSint32 work_size)
 タイムストレッチDSPのアタッチ

マクロ定義

#define criAtomExVoicePool_SetDefaultConfigForDspPitchShifter ( p_config   ) 

値:

{\
    (p_config)->num_dsp = CRIATOMEX_DEFAULT_VOICES_PER_POOL;\
    (p_config)->max_channels = CRIATOM_DEFAULT_INPUT_MAX_CHANNELS;\
    (p_config)->max_sampling_rate = CRIATOM_DEFAULT_INPUT_MAX_SAMPLING_RATE;\
    (p_config)->specific.mode = 0;\
    (p_config)->specific.window_size = 1024;\
    (p_config)->specific.overlap_times = 4;\
}
ピッチシフタDSPのアタッチ用コンフィグにデフォルト値をデフォルトセット

引数:
[out] p_config ピッチシフタDSPのアタッチ用コンフィグへのポインタ
説明:
ピッチシフタDSPのアタッチ用コンフィグ( CriAtomExDspPitchShifterConfig )に、 デフォルトの値をセットします。
参照:
CriAtomExDspPitchShifterConfig, criAtomExVoicePool_AttachDspPitchShifter

#define criAtomExVoicePool_SetDefaultConfigForDspTimeStretch ( p_config   ) 

値:

{\
    (p_config)->num_dsp = CRIATOMEX_DEFAULT_VOICES_PER_POOL;\
    (p_config)->max_channels = CRIATOM_DEFAULT_INPUT_MAX_CHANNELS;\
    (p_config)->max_sampling_rate = CRIATOM_DEFAULT_INPUT_MAX_SAMPLING_RATE;\
    (p_config)->specific.reserved = 0;\
}
タイムストレッチDSPのアタッチ用コンフィグにデフォルト値をデフォルトセット

引数:
[out] p_config タイムストレッチDSPのアタッチ用コンフィグへのポインタ
説明:
タイムストレッチDSPのアタッチ用コンフィグ( CriAtomExDspTimeStretchConfig )に、 デフォルトの値をセットします。
参照:
CriAtomExDspTimeStretchConfig, criAtomExVoicePool_AttachDspTimeStretch


型定義

typedef struct CriAtomExDspPitchShifterConfigTag CriAtomExDspPitchShifterConfig

ピッチシフタDSPのアタッチ用コンフィグ構造体

説明:
ピッチシフタDSPをボイスプールにアタッチするための構造体です。
注意:
将来的にメンバが増える可能性があるため、 criAtomExVoicePool_SetDefaultConfigForDspPitchShifter マクロを使用しない場合には、使用前に必ず構造体をゼロクリアしてください。
(構造体のメンバに不定値が入らないようご注意ください。)
参照:
criAtomExVoicePool_AttachDspPitchShifter, criAtomExVoicePool_CalculateWorkSizeForDspPitchShifter, criAtomExVoicePool_SetDefaultConfigForDspPitchShifter

typedef struct CriAtomExDspTimeStretchConfigTag CriAtomExDspTimeStretchConfig

タイムストレッチDSPのアタッチ用コンフィグ構造体

説明:
タイムストレッチDSPをボイスプールにアタッチするための構造体です。
注意:
将来的にメンバが増える可能性があるため、 criAtomExVoicePool_SetDefaultConfigForDspTimeStretch マクロを使用しない場合には、使用前に必ず構造体をゼロクリアしてください。
(構造体のメンバに不定値が入らないようご注意ください。)
参照:
criAtomExVoicePool_AttachDspTimeStretch, criAtomExVoicePool_CalculateWorkSizeForDspTimeStretch, criAtomExVoicePool_SetDefaultConfigForDspTimeStretch


関数

void CRIAPI criAtomExVoicePool_DetachDsp ( CriAtomExVoicePoolHn  pool  ) 

DSPのデタッチ

引数:
[in] pool ボイスプールハンドル
説明:
ボイスプールに追加したDSPを取り外します。
注意:
本関数は完了復帰型の関数です。
本関数を実行すると、しばらくの間Atomライブラリのサーバー処理がブロックされます。
音声再生中に本関数を実行すると、音途切れ等の不具合が発生する可能性があるため、 本関数の呼び出しはシーンの切り替わり等、負荷変動を許容できるタイミングで行ってください。

備考: 現在、本関数を使用できないプラットフォームが存在します。

CriSint32 CRIAPI criAtomExVoicePool_CalculateWorkSizeForDspPitchShifter ( const CriAtomExDspPitchShifterConfig config  ) 

ピッチシフタDSPアタッチ用ワーク領域サイズの計算

引数:
[in] config アタッチ用コンフィグ
戻り値:
CriSint32 ワーク領域サイズ
戻り値:
0以上 正常に処理が完了
-1 エラーが発生
説明:
ピッチシフタDSPのアタッチに必要なワーク領域サイズを計算します。
参照:
criAtomExVoicePool_AttachDspPitchShifter

void CRIAPI criAtomExVoicePool_AttachDspPitchShifter ( CriAtomExVoicePoolHn  pool,
const CriAtomExDspPitchShifterConfig config,
void *  work,
CriSint32  work_size 
)

ピッチシフタDSPのアタッチ

引数:
[in] pool アタッチ先ボイスプールハンドル
[in] config アタッチ用コンフィグ
[in] work アタッチ用ワーク領域へのポインタ
[in] work_size アタッチ用ワーク領域のサイズ
説明:
ボイスプールにピッチシフタDSPを追加します。
注意:
本関数は完了復帰型の関数です。
本関数を実行すると、しばらくの間Atomライブラリのサーバー処理がブロックされます。
音声再生中に本関数を実行すると、音途切れ等の不具合が発生する可能性があるため、 本関数の呼び出しはシーンの切り替わり等、負荷変動を許容できるタイミングで行ってください。

備考: 現在、本関数を使用できないプラットフォームが存在します。

CriSint32 CRIAPI criAtomExVoicePool_CalculateWorkSizeForDspTimeStretch ( const CriAtomExDspTimeStretchConfig config  ) 

タイムストレッチDSPアタッチ用ワーク領域サイズの計算

引数:
[in] config アタッチ用コンフィグ
戻り値:
CriSint32 ワーク領域サイズ
戻り値:
0以上 正常に処理が完了
-1 エラーが発生
説明:
タイムストレッチDSPのアタッチに必要なワーク領域サイズを計算します。
参照:
criAtomExVoicePool_AttachDspTimeStretch

void CRIAPI criAtomExVoicePool_AttachDspTimeStretch ( CriAtomExVoicePoolHn  pool,
const CriAtomExDspTimeStretchConfig config,
void *  work,
CriSint32  work_size 
)

タイムストレッチDSPのアタッチ

引数:
[in] pool アタッチ先ボイスプールハンドル
[in] config アタッチ用コンフィグ
[in] work アタッチ用ワーク領域へのポインタ
[in] work_size アタッチ用ワーク領域のサイズ
説明:
ボイスプールにタイムストレッチDSPを追加します。
注意:
本関数は完了復帰型の関数です。
本関数を実行すると、しばらくの間Atomライブラリのサーバー処理がブロックされます。
音声再生中に本関数を実行すると、音途切れ等の不具合が発生する可能性があるため、 本関数の呼び出しはシーンの切り替わり等、負荷変動を許容できるタイミングで行ってください。

備考: 現在、本関数を使用できないプラットフォームが存在します。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.