ディレイ・エコー・マルチタップディレイのパラメーター
[ASRバスエフェクトのパラメーター]

ディレイ・エコー・マルチタップディレイで設定するパラメーターの定義です。 [詳細]

マクロ定義

#define CRIATOMEXASR_DELAY_PARAMETER_DELAY_TIME_MS   (0)
 遅延時間[ms]
#define CRIATOMEXASR_DELAY_NUM_PARAMETERS   (1)
 ディレイのパラメーター数
#define CRIATOMEXASR_DELAY_PARAMETER_MIN_DELAY_TIME_MS   (50.0f)
 ディレイで設定可能な最小の遅延時間[ms]
#define CRIATOMEXASR_DELAY_PARAMETER_MAX_DELAY_TIME_MS   (1000.0f)
 ディレイで設定可能な最大の遅延時間[ms]
#define CRIATOMEXASR_ECHO_PARAMETER_DELAY_TIME_MS   (0)
 遅延時間[ms]
#define CRIATOMEXASR_ECHO_PARAMETER_FB_GAIN   (1)
 フィードバックゲイン
#define CRIATOMEXASR_ECHO_NUM_PARAMETERS   (2)
 エコーのパラメーター数
#define CRIATOMEXASR_ECHO_PARAMETER_MIN_DELAY_TIME_MS   (0.0f)
 エコーで設定可能な最小の遅延時間[ms]
#define CRIATOMEXASR_ECHO_PARAMETER_MAX_DELAY_TIME_MS   (1000.0f)
 エコーで設定可能な最大の遅延時間[ms]
#define CRIATOMEXASR_ECHO_PARAMETER_MIN_FB_GAIN   (-0.99f)
 エコーで設定可能な最小のフィードバックゲイン
#define CRIATOMEXASR_ECHO_PARAMETER_MAX_FB_GAIN   (0.99f)
 エコーで設定可能な最大のフィードバックゲイン
#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_TAPS   (4)
 マルチタップディレイのタップ数
#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_CHANNELS   (4)
 マルチタップディレイの出力チャンネル数
#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_PARAMETER_MAX_DELAY_TIME_MS   (10000.0f)
 マルチタップディレイで設定可能な最大の遅延時間[ms]
#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_PARAMETER_PAR_TAP   (4)
 マルチタップディレイの1タップ当たりのパラメーター数
#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_PARAMETER_MAX_SUM_FEEDBACK_GAIN   (0.90f)
 マルチタップディレイのフィードバック量総和上限値
#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_PARAMETERS   (CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_PARAMETER_PAR_TAP * CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_TAPS)
 マルチタップディレイのパラメーター数
#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_PARAMETER_DELAY_TIME_MS(i_tap)   (0 + (i_tap) * CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_PARAMETER_PAR_TAP)
 遅延時間[ms]
#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_PARAMETER_LEVEL(i_tap)   (1 + (i_tap) * CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_PARAMETER_PAR_TAP)
 出力レベル[振幅]
#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_PARAMETER_AZIMUTH(i_tap)   (2 + (i_tap) * CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_PARAMETER_PAR_TAP)
 方向(パン)角度[°]
#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_PARAMETER_FEEDBACK(i_tap)   (3 + (i_tap) * CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_PARAMETER_PAR_TAP)
 フィードバックゲイン

説明

ディレイ・エコー・マルチタップディレイで設定するパラメーターの定義です。

参照:
criAtomExAsrRack_SetEffectParameter, criAtomExAsrRack_GetEffectParameter

マクロ定義

#define CRIATOMEXASR_DELAY_PARAMETER_DELAY_TIME_MS   (0)

遅延時間[ms]

説明:
本パラメーターインデックスにディレイの遅延時間を指定します。
最大ディレイ時間の半分の値で初期化されます。 パラメーターの最小値は50.0f、最大値は1000.0fです。

#define CRIATOMEXASR_DELAY_PARAMETER_MAX_DELAY_TIME_MS   (1000.0f)

ディレイで設定可能な最大の遅延時間[ms]

注意:
コンフィグ設定した値以上に設定しても、こちらの値が優先して制限されます。

#define CRIATOMEXASR_ECHO_PARAMETER_DELAY_TIME_MS   (0)

遅延時間[ms]

説明:
本パラメーターインデックスにエコーの遅延時間を指定します。

#define CRIATOMEXASR_ECHO_PARAMETER_FB_GAIN   (1)

フィードバックゲイン

説明:
本パラメーターインデックスにエコーのフィードバックゲインを指定します。
フィードバックゲインが大きい事によるエコー音は再生を停止しても止まらない点に注意して下さい。また、フィードバックゲインの絶対値の最大値は1.0fですが、内部的には0.99fに切り詰められる為、持続振動してしまう(エコーが消えない)事はありません。
説明:
パラメーターの初期値は0.0f、最小値は-0.99f、最大値は0.99fです。上記の制限により、1.0fを設定した場合でも減衰が生じます。

#define CRIATOMEXASR_ECHO_PARAMETER_MAX_DELAY_TIME_MS   (1000.0f)

エコーで設定可能な最大の遅延時間[ms]

注意:
コンフィグで設定した最大遅延時間よりも、こちらの値が優先して制限されます。

#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_CHANNELS   (4)

マルチタップディレイの出力チャンネル数

説明:
通常は4チャンネル(L, R, サラウンドL, サラウンドR)に設定されます。

#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_PARAMETER_MAX_DELAY_TIME_MS   (10000.0f)

マルチタップディレイで設定可能な最大の遅延時間[ms]

注意:
コンフィグでこの値以上に設定しても、こちらの値が優先して制限されます。

#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_PARAMETER_MAX_SUM_FEEDBACK_GAIN   (0.90f)

マルチタップディレイのフィードバック量総和上限値

説明:
マルチタップディレイでは各タップでフィードバックを行うので、出力が発散してしまう場合があります。全タップのフィードバック総和上限値を用いて、発散をなるべく回避します。
注意:
この上限値を用いても出力が発散する場合があります。

#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_PARAMETER_DELAY_TIME_MS ( i_tap   )     (0 + (i_tap) * CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_PARAMETER_PAR_TAP)

遅延時間[ms]

引数:
[in] i_tap 設定対象のタップのインデックス
説明:
本パラメーターインデックスにマルチタップディレイの各タップの遅延時間を指定します。
パラメーターの初期値は最大ディレイ時間の半分の値、最大値は10000.0f、最小値は4つのタップ1,2,3,4それぞれで20.0f、40.0f、60.0f、80.0fに制限されます。

#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_PARAMETER_LEVEL ( i_tap   )     (1 + (i_tap) * CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_PARAMETER_PAR_TAP)

出力レベル[振幅]

引数:
[in] i_tap 設定対象のタップのインデックス
説明:
本パラメーターインデックスにマルチタップディレイの各タップの出力レベルを指定します。
パラメーターの初期値は0.0f、最小値は0.0f、最大値は1.0fです。

#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_PARAMETER_AZIMUTH ( i_tap   )     (2 + (i_tap) * CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_PARAMETER_PAR_TAP)

方向(パン)角度[°]

引数:
[in] i_tap 設定対象のタップのインデックス
説明:
本パラメーターインデックスにマルチタップディレイの各タップの水平方向の角度を指定します。
この角度を指定することで、水平方向に広がりを持った遅延音声を表現できます。
パラメーターの初期値は0.0f、最小値は-180.0f、最大値は180.fです。

#define CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_PARAMETER_FEEDBACK ( i_tap   )     (3 + (i_tap) * CRIATOMEXASR_MULTITAP_DELAY_NUM_PARAMETER_PAR_TAP)

フィードバックゲイン

引数:
[in] i_tap 設定対象のタップのインデックス
説明:
本パラメーターインデックスにマルチタップディレイのフィードバックゲインを指定します。
注意:
フィードバックゲインが大きすぎると出力が発散します。
パラメーターの初期値は0.0f、最小値は0.0f、最大値は各タップで1.0fですが、全タップの総和が0.90fになるように制限されます。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.