CRIWAREの初期化パラメータ詳細

プロジェクト設定画面で設定可能な項目について

現在のバージョンでは、プロジェクト設定で以下のパラメータを編集できます。

Systemライブラリ初期化設定

Non-Asset Content Directory
コンテンツの配置場所を指定します。
絶対パスまたはContentフォルダに対する相対パスを指定します。
(「/」で始まるパスが指定された場合は絶対パス、「/」以外で始まるパスが指定された場合はContentフォルダに対する相対パスと解釈されます。)
また、このパスは Atom CueSheet Import Dialog による AWB ファイルのコピー先候補となります。
詳細は Atom CueSheet Import Dialog の概要 を参照してください。
Number of Binders
バインダ数を指定します。
CRIWARE UE4プラグインとは別に、アプリケーションでCriFsBinderHnを作成する場合に使用します。
16個を超えるバインダを使用する場合や、メモリ使用量削減のためバインダ数を減らしたい場合には、本パラメータを変更してください。
Maximum Number of Binds
最大バインド回数を指定します。
CRIWARE UE4プラグインとは別に、アプリケーションでCPKファイルをバインドする場合に使用します。
16回を超えるバインドを同時に行う場合や、メモリ使用量削減のためバインド数を減らしたい場合には、本パラメータを変更してください。
Number of Loaders
ローダ数を指定します。
CRIWARE UE4プラグインは、ストリーム再生にローダを使用します。
16本以上の音声をストリーム再生する場合や、アプリケーションで別途CriFsLoaderHnを作成する場合、本パラメータを変更する必要があります。
Maximum Path Length
CRIWARE UE4プラグインで扱えるファイルの最大パス長を指定します。
(使用を想定しているパスの長さを、バイト単位で指定します。)
アプリケーション実行中に以下のエラーが出る場合、本パラメータの値を増やす必要があります。
LogCriWare: Error: E2008092451:Can not store path. (Increase max_path of CriFsConfig.)
Output log
ファイルアクセスログを出力するかどうかの指定。
本パラメータをONに設定した場合、CRIWARE UE4プラグイン内のファイルアクセス情報がログとして出力されます。
ファイルを配置しているのにリードエラーが発生する場合等、予期せぬ不具合が発生した際のデバッグに役立ちます。

Atomライブラリ初期化設定

Automatically Create Cue Asset
注意
このオプションは CRIWARE UE4 Plugin v1.28.01.00 で削除されました。
代替インタフェースとして、Atom CueSheet Import Dialog の "New AtomCue Assets" トグルを使用してください。
詳細は Atom CueSheet Import Dialog の概要 を参照してください。
ACBファイルをエディタにインポートした際、自動的にAtom Cueアセットを作成するかどうかの指定です。
本パラメータがONの場合、ACBファイルをエディタにインポートした際、Atom Cue Sheetアセットと共に、ACBファイルに含まれるキューがAtom Cueアセットとして展開されます。
本パラメータをOFFに変更した場合、ACBファイルをエディタにインポートしても、Atom Cue Sheetアセットのみが作成され、Atom Cueアセットは作成されません。
Use In Game Preview
インゲームプレビューを行うかどうかの指定。
インゲームプレビュー機能を使用する場合、本パラメータをONに設定する必要があります。
Output Log
発音等の情報をログとして出力するかどうかの指定。
本パラメータをONに設定した場合、Atomライブラリ内のコマンド処理がログとして出力されます。
音源を配置しているのに聞こえない等、予期せぬ不具合が発生した際のデバッグに役立ちます。
AWB Root Directory
このパスは Atom CueSheet Import Dialog による AWB ファイルのコピー先候補となります。
詳細は Atom CueSheet Import Dialog の概要 を参照してください。
Atom Monitor Communication Buffer Size
InGame PreviewによるCRI Atom Craftと通信を行う際に利用するバッファ数の指定。
"W2010111005:Not able to get a buffer for sending data."が出る場合には、本パラメータの値を上げてください。
Max Pitch CRI Atom ライブラリ内で適用されるピッチ変更の上限値を設定します。
Max Pitch に設定された値以上のピッチ変更が、ライブラリ内でクリップされます。
ピッチはセント単位で指定します。
1セントは1オクターブの1/1200です。半音は100セントです。
例えば、 max_pitch に 1200.0f を設定した場合、 1200セントを超えるピッチが設定されたキューを再生したとしても、 ピッチが1200セントに抑えられて再生されます。
Maximum Number of Virtual Voices
バーチャルボイス数を指定します。
バーチャルボイスは音声データの発音を管理するオブジェクトです。
バーチャルボイス数の目安は「同時に再生する波形データの数」+「1Vにリクエストする発音要求の数」です。
バーチャルボイス数が不足した場合、エラーがログに出力され、音声の再生に失敗します。
バーチャルボイスが不足する場合、本パラメータでバーチャルボイスの数を多めに設定してください。
Number of Standard Memory Voices
メモリ再生に使用するボイスの数を指定します。
本パラメータで指定した数以上の波形データを同時に再生した場合、ボイスプライオリティに応じて再生する音声が選択されます。
Number of Channels of Standard Memory Voice
メモリ再生用ボイスで再生可能な最大チャンネル数を指定します。
本パラメータで指定した値を超えるチャンネル数の音声データは再生することができません。
Sampling Rate of Standard Memory Voice
メモリ再生用ボイスで再生可能な最大サンプリングレートを指定します。
本パラメータで指定した値を超えるサンプリングレートの音声データは再生することができません。
48000Hzを超える音声を再生する場合、ピッチ変更を行う場合、本パラメータを変更する必要があります。
(ピッチ変更を行う場合、ピッチ変更を加味した値を指定する必要があります。)
Number of Standard Streaming Voices
ストリーム再生兼用(メモリ再生とストリーム再生の両方が可能な)ボイスの数を指定します。
本パラメータで指定した数以上の波形データを同時に再生した場合、ボイスプライオリティに応じて再生する音声が選択されます。
Number of Channels of Standard Streaming Voice
ストリーム再生兼用ボイスで再生可能な最大チャンネル数を指定します。
本パラメータで指定した値を超えるチャンネル数の音声データは再生することができません。
Sampling Rate of Standard Streaming Voice
ストリーム再生兼用ボイスで再生可能な最大サンプリングレートを指定します。
48000Hzを超える音声を再生する場合、ピッチ変更を行う場合、本パラメータを変更する必要があります。
(ピッチ変更を行う場合、ピッチ変更を加味した値を指定する必要があります。)
Atom Config
ACFファイルから作成した AtomConfig アセットへの参照を指定します。
CRIWARE UE4プラグインは、起動時に本パラメータで指定された AtomConfig アセットを自動的ロードします。
AtomConfig アセットには AtomCraft プロジェクトの全体設定 (DSPバス設定やカテゴリ設定など) が含まれます。
このアセットが未登録の場合、DSPバス設定やカテゴリ設定を使用することはできません。
原則として、AtomConfig アセットは 1つの UE4 プロジェクトにつき、1つだけ作成してください。
Atom Config Data Table
この設定は AtomAudioVolume 機能を使用するユーザにのみ関連があります。
詳細は AtomAudioVolume を参照してください。
Distance Factor
距離係数を指定します。
距離係数は、Unreal Engine 4とCRI Atom Craftの距離単位の違いを吸収するための係数です。
具体的には、「Unreal Engine上の距離1を、Atomライブラリでいくつと解釈するか」を示す値です。
例えば、Unreal Engine 4の座標系をセンチメートル単位、CRI Atom Craftの距離単位をメートルと想定してデータを作成した場合、DistanceFactorには0.01を指定する必要があります。
DistanceFactorの未指定時の値(デフォルト値)は1.0です。
(Unreal Engine 4とCRI Atom Craftで同じ距離単位を使用。)
Asr Rack Config
この設定項目は特定のサウンドデバイスに対して音声を出力したい場合に使用します。
詳しくは「 出力サウンドデバイスを選択する 」をご参照ください。
Sampling Rate of HCA-MX Voice
HCA-MXデータのサンプリングレートを指定します。
Number of HCA-MX Memory Voices
HCA-MXメモリ再生に使用するボイスの数を指定します。
本パラメータで指定した数以上の波形データを同時に再生した場合、ボイスプライオリティに応じて再生する音声が選択されます。
HCA-MXを使用しない場合には、本パラメータを0に設定してください。
Number of Channels of HCA-MX Memory Voice
HCA-MXメモリ再生用ボイスで再生可能な最大チャンネル数を指定します。
本パラメータで指定した値を超えるチャンネル数の音声データは再生することができません。
Number of HCA-MX Streaming Voices
HCA-MXストリーム再生兼用(メモリ再生とストリーム再生の両方が可能な)ボイスの数を指定します。
本パラメータで指定した数以上の波形データを同時に再生した場合、ボイスプライオリティに応じて再生する音声が選択されます。
HCA-MXを使用しない場合には、本パラメータを0に設定してください。
Number of Channels of HCA-MX Streaming Voice
HCA-MXストリーム再生兼用ボイスで再生可能な最大チャンネル数を指定します。
本パラメータで指定した値を超えるチャンネル数の音声データは再生することができません。
Economic Tick Margin Distance (Unreal Unit)
最適化に関するオプションです。
詳細は Economic-Tick を参照してください。
Economic Tick Frequency (Unreal/Second)
最適化に関するオプションです。
詳細は Economic-Tick を参照してください。
Culling Margin Distance (Unreal Unit)
最適化に関するオプションです。
詳細は 距離に応じたサウンド再生処理のカリング を参照してください。
WASAPI Is Exclusive
WASAPI排他モードによる出力を行うかどうか指定します。
注意
WASAPI排他モードが利用できるかどうかは、PCによって異なります。
(ハードウェアやドライバ、ユーザ設定等に依存します。)
組み込み機器等、あらかじめアプリケーションが動作するハードウェアが限定されている場合にのみご使用ください。
(不特定多数のPCで動作するアプリケーションでWASAPI排他モードを使用した場合、環境に依存してアプリケーションが動作しない可能性があります。)

また、WASAPI排他モードを使用する場合、UE4標準の音声出力を併用することもできません。
WASAPI Bits Per Sample
WASAPI排他モード時の出力量子化ビット数を指定します。
WASAPI排他モードを使用しない場合、本パラメータは使用されません。
WASAPI Sampling Rate
WASAPI排他モード時の出力サンプリングレートを指定します。
WASAPI排他モードを使用しない場合、本パラメータは使用されません。
WASAPI Number of Output Channels
WASAPI排他モード時の出力チャンネル数を指定します。
WASAPI排他モードを使用しない場合、本パラメータは使用されません。

Manaライブラリ初期化設定

Initializes Mana
Manaライブラリを初期化するかどうかを指定します。
Sofdec2ムービ再生機能を使用するには、本パラメータをONにする必要があります。
Enable Decode Skip
デコードスキップ機能を有効にします。
ムービーの再生が間に合わない場合(アプリケーションがコマ落ちしている場合)デコードスキップの設定によって以下のように動作が変わります。

デコードスキップ設定による動作の違い

設定 動作
ON コマ落ちが発生した際、フレーム表示をスキップします。
再生時間が延びることはありませんが、一部のフレームが表示されない可能性があります。
OFF コマ落ちが発生した場合でも、全てのフレームを表示します。
フレーム間隔が開くため、ムービーを最後まで再生し終えるまでにかかる時間が延びる可能性があります。
Maximum Number of Decoder Handles
作成するManaデコーダの数を指定します。
本パラメータで指定した数分のムービーが同時に再生可能となります。
Maximum Bitrate of Movie
再生するムービーファイルの最大ビットレートを指定します。
Maximum Number of Movie Streams
ムービーの最大同時再生ストリーム数を指定します。この値を設定することで、CRIライブラリは必要最低限のストリーミングバッファだけを確保することができます。メモリを無駄に使用しません。
Use Hardware Decoder
一部のムービコーデックに対する、ハードウェアデコードを有効化します。
H.264 と VP9 ムービコーデック は一部のプラットフォームでハードウェアによるデコードを行う必要があります。
これらのコーデックを再生するには、必ず Use Hardware Decoder を有効にしてください。
本設定の変更時には UE4 Editor の再起動が必要です。

プロジェクト設定での設定例

プロジェクト設定での簡単な設定例を以下に示します。
≪例≫
criware_ue4_100_projectsettings_setting_example.png