CRI Atom Craft ロボット について

CRI Atom Craft ロボット とは

「CRI Atom Craft ロボット」は、CRI Atom Craft への大量のサウンドデータの登録や登録済みサウンドデータの設定変更というような、手間のかかる作業や人為的ミスが発生しがちな作業を任意のルールで自動化することができる機能です。
CRI Atom Craft ロボット機能を活用することで、サウンドデザイナーの作業負担の軽減や運営型ゲームのデータ作成を簡略化、サウンド制作ワークフローの改善などに貢献します。

例えば次のような用途に使用できます。

ユースケース1:大量データへの編集自動化

criatom_tools_atomcraft_robot_usecase_1.png

大量データに対する、データ設定、設定値確認、編集など、一連操作の自動化が行えます。
一括設定だけでなく、キュー名に応じて付けるカテゴリを変えるなど設定ルールを決めて独自のパラメータ設定を自動で行えます。

ユースケース2:エラーフリーな追加配信データ作成

criatom_tools_atomcraft_robot_usecase_2.png

スプレッドシートを元にしたゲームデータの作成、出力が容易に行えます。
例えば、エクセルに記述されているサウンドリストを元に、指定したルールでキューシート&キュー生成&ビルドまでを1回の処理で実行させることができます。
GUI 操作無しでデータ作成が可能なので、誰でも容易に使用できます。

ユースケース3:DAW等との連携強化

criatom_tools_atomcraft_robot_usecase_3.png

スクリプト対応ツールを始めとした、外部アプリケーションとの連携が行えます。
例えば、Reaperのタイムライン情報を取り込んだり、バウンス結果をマテリアルに自動登録したりできます。

CRI Atom Craft ロボット への指示

CRI Atom Craft ロボットへの指示はスクリプトを記述し、実行することで行います。
本機能用のスクリプトコードを記述するための API セットとして CRI Atom Craft API を提供しています。
CRI Atom Craft API がサポートしているスクリプト言語は Python3 のみとなります。
CRI Atom Craft API の詳細は「 リファレンス 」を参照してください。

Python3 のインストールを始めとした環境の準備には「 実行環境の準備 」を参照してください。
また、Python3 以外の言語で本機能を使用可能にするために、下位レイヤーである JSON フォーマットも公開しています。
他言語での実行については「 他プログラミング言語からの実行 」を参照してください。

スクリプトの実行

本機能によるスクリプトの実行には、下記2つの方法があります。

ローカル実行

CRI Atom Craft で Python スクリプトを実行します。
本機能用にスクリプトを管理・編集・実行するための専用エディターが用意されています。
ツールにて管理しているスクリプトは、専用エディターだけでなくメニューからも実行することができます。
詳しくは「 Python スクリプトのローカル実行 」を参照してください。

コンソール版 CRI Atom Craft での実行方法については「 コンソール版 CRI Atom Craft からのスクリプト実行 」を参照してください。

リモート実行

TCP-IP通信を使用した外部からのリモートによる Python スクリプト実行で CRI Atom Craft を操作します。
ツール外のエディターを使用する等、他ツールからの操作を行う場合は、この方法でスクリプトを実行します。
リモート実行の場合、ローカル実行用の専用エディター向け拡張機能は使用できません。
詳しくは「 Python スクリプトのリモート実行 」を参照してください。