カスタムエフェクトプラグイン

カスタムエフェクトプラグインとは

ADX2のオーディオエフェクトとしてCRI標準のエフェクトとは別に、ユーザーが作成したエフェクトやサードパーティー製のエフェクトをプラグインとして利用することができます。

CRI Atom CraftではVST2.4形式のプラグインに対応しています。
CRI ADX2 Audio Effect Plugin SDKで作成されたエフェクトプラグインをVSTとして作成することで、ツール上でのパラメーター調整が行いやすくなります。

覚え書き
CRI ADX2 Audio Effect Plugin SDKは「ADX2」テクニカルサポートWebサイトからダウンロードすることが出来ます。
カスタムエフェクトプラグインの作成方法などはそちらのSDKのマニュアルを参照して下さい。

CRI Atom Craftで読み込むには

CRI Atom Craftはデフォルトで以下の位置からVSTプラグインを読み込みます。このフォルダーは「 エフェクトプラグインマネージャーウィンドウ 」で設定することが可能です。

  • MacOS : /Library/Audio/Plug-Ins/VST
  • Windows : C:/Program Files/Common Files/Steinberg/VST2

初回起動時の動作について

初めてCRI Atom Craftを起動する場合、上記のプラグインディレクトリからプラグインの読み込みを行おうとします。
その際に読み込みを行うか確認するダイアログが表示されます。
プラグインが大量にインストールされている場合等は時間がかかる場合があるため、必要に応じて読み込みをキャンセルして下さい。

注意
初回起動時のプラグイン読み込みをキャンセルした場合、読み込み先のディレクトリは空で設定されます。
設定する場合は エフェクトプラグインマネージャーウィンドウ の「プラグイン検索パス」に任意のディレクトリパスを指定して下さい。

VST2.4形式における注意点

  • 32bitプラグインは読み込むことができません。
  • シンセサイザー形式のプラグインは読み込むことができません。

ツール上での使用方法

カスタムエフェクトプラグインはDSPバス設定内で使用します。

を参照してください。

既知の不具合

  • GUI付きの外部エフェクトで、パラメーター変更が即時に行われない。 条件:インゲーム接続時、PC以外の外部ターゲット接続時

回避策

  • GUIの変更後に、エフェクト名をクリックするか、バスなど全体設定以下の項目を一度クリックすることで、変更内容が反映されます。