バージョン管理の準備作業

CRI Atom Craftのプロジェクトをバージョン管理するためには、あらかじめリポジトリにプロジェクトを登録しておく必要があります。

Subversionの場合

リポジトリの作成については「 Subversionリポジトリのセットアップ 」を参照してください。
リポジトリへのプロジェクトの登録は、クライアントツールのインポートコマンドから行います。

具体例は、Subversionチュートリアルの「 1.プロジェクトを登録する 」を参照してください。
既に登録してあるプロジェクトを取得する場合は、「 2.プロジェクトを取得する 」を参照してください。

覚え書き:
既にリポジトリがあり、CRI Atom Craftのプロジェクトフォルダーを登録するという場合は、追加コマンドを使用します。

Perforceの場合

リポジトリの作成は、Perforce社の説明資料を参考に行ってください。
リポジトリの作成が完了したら、ワークスペースを作り、ワークスペース上のプロジェクトを登録する必要があります。
ワークスペースの作成とプロジェクトの登録は、クライアントツール(P4V)を使用して行います。
具体例は、Perforceチュートリアルの「 1.プロジェクトを登録する 」を参照してください。
既に登録してあるプロジェクトを取得する場合は、「 2.プロジェクトを取得する 」を参照してください。

バージョン管理ツールの設定

CRI Atom Craftのプロジェクトに対し、どのバージョン管理プラグインを使用するかを指定する必要があります。
具体例は、Subversionの場合はSubversionチュートリアル「 3.バージョン管理ツール設定を行う 」を、
Perforceの場合はPerforceチュートリアル「 3.バージョン管理ツール設定を行う 」を参照してください。



CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.