ランタイムの概要

ADX2ランタイムは、サウンドシステムファイルシステムの2つから構成されています。
各システムが独立したライブラリの形をとっており、サウンドシステム部が「CRI Atomライブラリ」、ファイルシステム部が「CRI File Systemライブラリ」として提供されています。
サウンドシステム部は、機能の違いによりさらに2つのレイヤ(上位レイヤと下位レイヤ)に分けられます。
criatom_library_about_system.png

システム/レイヤ構成図


CRI AtomEx: サウンドシステム上位レイヤ
CRI Atom: サウンドシステム下位レイヤ
CRI File System: ファイルシステム

CRI AtomEx

「CRI AtomEx」はサウンドシステムの上位レイヤです。
プライオリティ付けやグループ分けによる発音数の制御、オーサリングツール「CRI Atom Craft 」で作成された「ACBファイル 」内のキューやシーケンスの再生等、多彩な機能をサポートしています。
CRI Atom

「CRI Atom」はサウンドシステムの下位レイヤです。
省メモリ/低負荷の音声再生を実現するため、音声データを再生するための必要最小限の機能だけがサポートされています。
具体的には、ファイル指定による音声の再生、オンメモリ音声データの再生、エンコードツール「CRI Atom Encoder 」で作成された「AWBファイル 」内の音声データの再生等が行えます。
CRI File System

CRI File Systemは、ADX2ランタイムのファイルシステムとして利用されているライブラリです。
CRI Atomライブラリが行うファイルアクセスは、すべてCRI File Systemライブラリを経由して行われるため、CRI Atomライブラリを使用する際には、CRI File Systemライブラリを必ずリンクする必要があります。
備考:
CRI Atomライブラリで音声再生のみをおこなう場合は、アプリケーションがCRI File Systemライブラリを直接使用することはありません。
CRI Atomライブラリで音声再生をしながら、並行してファイルを読み込みたい場合等に使用します。
Next:モジュール構成

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.