3Dポジショニング

サンプルのディレクトリ

/cri/pc/samples/criatomex/control_3d_pos

サンプルの解説

3Dポジショニング を行うには、以下の要素が必要です。
これらを AtomExプレーヤー(CriAtomExPlayerHn )に登録する必要があります。
以下が登録関数です。
リスナーや音源のパラメーター、例えば位置情報を設定するには以下の関数を使います。
パラメーター設定後、実際にパラメーターを反映するには以下の関数を使います。
その他、リスナーや音源にはいくつかのパラメーター設定が可能です。
3Dポジショニングを行うコードを以下に示します。
    CriAtomEx3dListenerHn listener;
    CriAtomEx3dSourceHn source;
    CriAtomExVector pos;

    listener = criAtomEx3dListener_Create(NULL, NULL, 0);
    source = criAtomEx3dSource_Create(NULL, NULL, 0);
    player = criAtomExPlayer_Create(NULL, NULL, 0);
    criAtomExPlayer_Set3dListenerHn(player, listener);
    criAtomExPlayer_Set3dSourceHn(player, source);

    pos.x = 0.0f;
    pos.y = 0.0f;
    pos.z = 0.0f;
    criAtomEx3dSource_SetPosition(source, &pos);
    criAtomEx3dSource_Update(source);
    // Start playback
    id = criAtomExPlayer_Start(player);
                   :
    pos.x += 10.0f;
    criAtomEx3dSource_SetPosition(source, &pos);
    criAtomEx3dSource_Update(source);

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.