アクション機能

アクション機能

アクション機能はキューのシーケンスに合わせて再生や停止、パラメーター変更などの命令を実行するための機能です。
アクション機能を利用することで、サウンドの制御の命令をデータ作成側(CRI Atom Craft側)で設計できます。
例えば、以下のような演出をデータ作成側で実装できます。

  • 楽曲の区間に合わせて、発音させるサウンドの種類を変える
  • 特定のトラックの再生完了に合わせて他のサウンドの再生を停止する
  • ビート同期 を併用して、ビートに同期した効果音の再生やBGMの切り換えを行う

アクションとトラック

アクション機能を利用するには「アクション」と「アクション用トラック」が必要です。
アクションはアクション用トラック上に作成できる要素で、キューのシーケンスがアクションに到達すると当該アクションが実行されます。
作成可能なアクションとアクションが作用する対象は、アクション用トラックの種類によって異なります。

アクション用のトラックの種類と特徴

名称 特徴
アクショントラック キューやカテゴリに作用するアクションを作成できるトラックです。
プレーヤーアクショントラック ランタイムの概念である、プレーヤーに作用するアクションを作成できるトラックです。
セレクターアクショントラック セレクターに作用するアクションを作成できるトラックです。