既知の不具合

ADX2ツールの既知の不具合は以下のとおりです。
これらの不具合は、順次修正を行う予定です。

Atom Craftの既知の不具合

表示関連

  • Finder(Windowsではエクスプローラー)などの別アプリケーションを操作しているとき、ウィンドウ化したビューが隠れてしまう
  • タイムライン上のウェーブフォームリージョンなどに対してツールチップが表示されない
  • インゲーム時及びPC以外のターゲット使用時のカスタムエフェクトプラグインのGUIでの更新されない不具合。
    回避策は カスタムエフェクトプラグイン を参照ください。

データ関連

  • Ver.2.xx系のWindows版CRI Atom CraftとVer.3系のCRI Atom Craftでプロジェクトが完全一致とならない。
    • プロジェクトの設定値は一致しますが、XMLの記述において一致しない点があります。
    • 互換性については「 V2、V3との違いについて 」を参照ください。
  • Ver.2.27.01未満のプロジェクトを直接開けない。 「 CRI Atom Craftプロジェクトアップデータについて 」を参照ください。
  • 6チャンネルの素材をADXエンコードすることができない。

動作関連

  • CRI Atom Craftでプレビュー再生後にCRI Atom Viewerへインゲーム接続時にViewerが止まる不具合。
    回避策は CRI Atom Viewerのインゲームプレビュー を参照ください。
  • ムービー再生が正しく行われない。詳細は「映像同期再生 」を参照してください。
  • タイムラインで、リージョンの複製コマンドのショートカットと、グリッドを無視するショートカットが重複しているため、グリッドを無視する操作ができない場合がある。
  • F3キーによる原音再生機能。詳細は「音声素材の再生 」を参照してください。
  • Mac版にて「CriAtomCraft を終了 Cmd+Q」が稀に無効になる不具合。回避策としては、Windowの閉じるボタンで終了が可能です。
  • ポイントリストでコントロール値、AISAC値のマウスドラッグで編集した場合、編集不可のエラーが表示されます。  - 値を直接入力して編集することは可能です。