メモリ再生するには?

ACBファイル

ACBファイルには、オンメモリ再生が行われる波形データが格納されています。
CRI Atom Craftのデフォルトでは、Streaming Type = Memoryとなっており、ACBファイルに波形データが格納されます。

プログラム側では、 criAtomExAcb_LoadAcbFile 関数にストリーミング用のAWBファイルを指定するか否かが変わりますが、その他のキューIDの指定などはメモリ再生時もストリーム再生時も同じです。
詳細については、「キュー再生(メモリ)」を参考にしてください。

ADX/HCAファイル

ADX/HCAファイルをアプリケーション側でメモリに読み込んで、メモリから再生することもできます。
その場合、CRI File Systemやアプリケーション独自ファイルシステムなどで、ADX/HCAファイルをメモリ上に読み込みます。
criAtomExPlayer_SetData 関数にADX/HCAデータのアドレスとサイズを指定します。
詳細については、サンプルプログラム「オンメモリ再生」を参考にしてください。

Return:Tips

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.