大量のセリフデータを再生するには?


大量のセリフデータを再生する場合、再生パラメーター(ボリュームやピッチなど)は不要なことが多いので、 CRI Atom Craftで作成したACBファイルでのストリーミング再生では、メモリに常駐するパラメーター部分が冗長になります。 「CRI Atom Encoder」でエンコード/パッキングしただけのAWBファイルを再生することを勧めます。 AWBファイルでは内部の波形データのインデックス情報しかありませんので、メモリ効率が良くなります。

プログラム側は criAtomExAcb_LoadAcbFile 関数の代わりに、 criAtomAwb_LoadToc 関数を使用します。 criAtomExPlayer_SetCueId 関数の代わりに、 criAtomExPlayer_SetWaveId 関数にIDを指定して再生します。 具体的な再生方法については、サンプルプログラム「AWB再生」を参考にしてください。

Return:Tips

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.