リスナーを移動するには?

3Dポジショニングによるリスナー移動

  1. criAtomEx3dListener_Create 関数で3Dリスナーハンドルを作成します。
  2. criAtomEx3dListener_SetPosition 関数でリスナーの位置をセット
  3. criAtomEx3dListener_SetVelocity 関数でリスナーの速度をセット(ドップラー効果を効かせる場合)
  4. criAtomEx3dListener_SetOrientation 関数でリスナーの向きをセット
  5. criAtomEx3dListener_Update 関数で更新
3Dポジショニングの概要については、「3Dポジショニング」を参考にしてください。
サンプルプログラム「3Dポジショニング」も併せて参考にしてください。

Return:Tips

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.