バスセンド

バスセンドはウェーブフォームの出力を各DSPバスに出力する設定です。
DSPバスはDSPバス設定ごとに最大64個のバスを登録することができ、ウェーブフォームはその内最大8つのDSPバスにバスセンドを通して音を出力することができます。

バスセンドの出力先DSPバス

バスセンドの出力先DSPバスは、複数のキューで同じ出力先DSPバスを参照することができるバスマップを使用するか、
キューごとに出力するDSPバスを設定するかの方法で指定することができます。

バスセンドの用途

参照:
声にリバーブをかける
なお、音量調整については、「カテゴリによる複数サウンドの制御 」「エフェクト/バスの用途を決める 」も参照ください。

「新規ワークユニット適用バスマップ」

プロジェクトを新規作成し、キューを作成するとバスセンドから出力するDSPバスは、
マスターバスの「MasterOut」バスが設定された「新規ワークユニット適用バスマップ」が適応されます。

バスセンドのデフォルト

キューのバスセンドのデフォルトは「MasterOut」バスに最大ボリューム(1.00)で出力し、
トラックやリージョンからのバスのボリューム値はすべてスルー状態(バスセンドスイッチがOFF)となります。

DSPバスにリバーブ等を登録し、出力先DSPバスにエフェクト効果の掛かるDSPバスを指定することで、キューに含まれるウェーブフォームにフィルターの効果を掛けることができます。
DSPバス設定、DSPバスの詳細については「 DSPバスによるエフェクト設定 」を参照してください。

criatom_tools_atomcraft_fx1.png

バスセンドの設定

バスセンドは、設定するキューを選び、インスペクタのセンド画面から設定することができます。
バスセンドを使用してDSPバスに出力するには、出力先DSPバスの設定をし、出力先DSPバスに対してセンド量を調整していきます。
ここでは、センド先のバスの設定とバスセンド量の設定について説明します。

# 出力先バスの設定

バスマップを使用した出力先バスの設定

あらかじめ、出力先のバスを設定したバスマップを用意しておきます。バスマップの作成については「 バスマップ 」を参照してください。
ここでは、リバーブ効果のDSPバスを設定したバスマップを使用します。

バスマップの設定は、バスセンド画面右上のバスマップのプルダウンメニューから行うことができます。
バスマップのプルダウンメニューをクリックし、「BusMap_Reverb」を選択します。
選択をすると、バスマップに設定されているDSPバス名が出力先バス名に表示され、バス名が設定されているバスセンドのスイッチが設定可能になります。

criatom_tools_atomcraft_fx1_busmap_edit.png

キューごとに出力先DSPバスを設定

キューごとに出力先DSPバスを設定するには、クリックします。
クリックすると、DSPバス設定に登録されているDSPバス一覧が表示されるので、出力先に指定するDSPバス名を選択します。
選択すると、バスマップ欄が「カスタム」に変わり、センド先DSPバス名欄にDSPバス名が表示されます。

criatom_tools_atomcraft_fx1_busmap_edit_edit_custom.png

# バスセンド量の調整 バスセンド量は以下の方法で設定します。

バスセンドの設定

項目 説明
criatom_tools_atomcraft_fx1_bussend_switch.png
DSP内の各バスに対するボリューム値を使用するかどうかを設定します。
有効にするとバスセンド値が有効になります。
無効にすると設定はスルーされます。
キューのMasterOutのバスセンドスイッチは常に有効状態で、スルー状態にすることはできません。
criatom_tools_atomcraft_fx1_bussend_knob.png
DSP内の各バスに対するボリューム値を、つまみで設定します。
つまみ右の数値をクリックすると直接編集を行うことができます。

バスセンド量は掛け合わせ

バスセンドのスイッチを有効にした場合のみ計算されます。
バスセンド設定はキュー、トラック、ウェーブフォームリージョン、キューリンク、サブシーケンス、AISACに指定でき、ボリューム量はそれらをかけ算した結果となります。

AISACやプログラムからの設定について

AISACやプログラムからバスセンドを指定する場合はスイッチはなく、センド量を指定した時にバスへセンドされます。
センド有効数の合計が8個を超えた場合は実行時にエラーになります。
プログラムからはプレーヤーを経由してコントロールするため、一つのプレーヤーで様々な組み合わせのキューを再生すると意図せずオーバーする可能性があります。
この場合は、プレーヤーを分けるなどの対応が必要になります。

バスセンドをプログラムからコントロールしたい場合、センドのスイッチをオフにする

キュー、トラック、ウェーブフォームリージョンすべての場所でスルーした場合は、データ側は無視されプログラムの設定でセンドが行われます。
プログラムからコントロールするためにデータ側でスイッチをオンにする必要はありません。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.