CRI ADXは、クロスプラットフォーム開発に最適なオーディオミドルウェアです。
ゲーム開発で要求される多様なサウンド演出を手軽に実現することで、幅広い開発現場から高い評価をいただいています。

特長

1.国内シェアNo.1のサウンドミドルウェア

累計5,500超のゲームに採用されている国内シェアNo.1のサウンドミドルウェアです。ゲームサウンドにおける多様なノウハウが蓄積されており、強力にゲーム開発をサポートします。

2.マルチプラットフォーム展開を強力にサポート

現行のすべての家庭用ゲーム機に対応しており、サウンド再生部分を共通化します。プログラムを書き換えることなく多機種にコンテンツを展開することができます。

3.自由度の高いサウンドデザイン

サウンドデザイナーによるサウンドの作りこみと、プログラマーによるサウンドの組込みを分業化し、それぞれの作業により注力できる環境を実現します。サウンドデザイナーはツール上でサウンドデザインの細かな調整やプレビューができるため、よりクリエイティブな制作に注力できます。

4.ゲーム開発に特化した独自コーデック「HCA」

48kHzのステレオ音楽を最大1/16まで圧縮し、同等の圧縮率を持つコーデック(MP3、AACなど)と比べて複数音同時再生でも低いCPU負荷を実現します。また、「人の声」のクオリティを保つ特徴があり、声優のボイスなどの再生に向いています。

主な機能

  • 『Sound xR』標準搭載

    ヤマハ社の仮想立体音響ソリューション『Sound xR』を標準搭載。
    異なるプラットフォーム間における立体音響の聞こえ方の差をなくし、ユーザーに対して同一のサウンド体験を提供することができます。

  • スマホ・Switchの音声遅延ゼロ

    スマートフォン・Switchでの音声再生遅延を限りなくゼロにし、リズムゲームをはじめとしたさまざまなゲームの体験を向上します。

    詳細
  • インタラクティブサウンド

    通常BGMから戦闘BGMへの自然な変化や、遷移タイミングの装飾音などのゲームと連動した演出が容易に設定できます。

  • 強力なデバック機能

    音数、CPU負荷といったサウンドの再生状況を数値およびグラフによってツール側で視覚的に確認できます。

  • 大量のサウンドデータ管理

    カテゴリごとの音量の一括調整など大量のサウンドデータを効率的に管理することができます。

  • 波形ファイルプレビュー

    大量の波形データの様々なパラメータを一覧で表示し、効率的な管理に貢献します。

  • カスタム拡張・自動化

    大量データの一括登録やDAW連携など、Pythonスクリプトで自由に拡張できます。サンプルスクリプトも提供しています。

    詳細
  • 暗号化によるコンテンツ保護

    一般的なコーデックとは異なり、PCのメディアプレイヤーなどでは再生できない特殊なコーデックでコンテンツを保護します。

  • 軽快なファイルシステム

    独自のファイルシステムで高速・軽快なファイルの読み込みを実現します。ロード時間の削減に貢献します。

    詳細
  • 強力なデバック機能

    音数、CPU負荷といったサウンドの再生状況を数値およびグラフによってツール側で視覚的に確認できます。

  • インゲーム・プレビュー

    作成したサウンドを開発機で再生する「実機プレビュー」機能もあり、携帯ゲーム機での実際の聞こえ方を確認することができます。

  • 作業シーンごとのGUI

    データ管理、調整など作業に応じた最適なGUIを8種搭載しています。

    詳細
  • Unityでのアセット管理効率化

    CRIWAREの独自ファイルがUnityアセットとして取り扱えるようになるなど効率的な管理が可能になりました。

    詳細
  • インタラクティブサウンド

    通常BGMから戦闘BGMへの自然な変化や、遷移タイミングの装飾音などのゲームと連動した演出が容易に設定できます。

  • 大量音声の発音数制御

    CPU負荷の軽減はもちろん、重要な音声の強調など演出面でも効果的な機能です。

  • スマホ・Switchの音声遅延ゼロ

    スマートフォン・Switchでの音声再生遅延を限りなくゼロにし、リズムゲームをはじめとしたさまざまなゲームの体験を向上します。

    詳細
  • 低レイテンシ再生機能

    タッチ音や操作音など、レスポンスが重要なサウンドの低レイテンシ再生を実現します。

  • トランシーバー機能

    3D空間での音の聞こえ方をよりリアルにする機能です。壁越しに聞こえる音や開いたドアから聞こえる音などを再現します。

    詳細
  • サウンド演出を素早く実現

    音量のバランス調整やランダム再生などゲーム開発に不可欠なサウンド演出を素早く実現します。

  • PlayStation®5・Switchの振動演出

    音声と連動したコントローラーの振動演出をツールから手軽に実装

  • 『Sound xR』標準搭載

    ヤマハ社の仮想立体音響ソリューション『Sound xR』を標準搭載。
    異なるプラットフォーム間における立体音響の聞こえ方の差をなくし、ユーザーに対して同一のサウンド体験を提供することができます。

  • NUENDO連携

    ADXからワンクリックで直接Nuendoプロジェクトの該当箇所に遷移することでゲームサウンド開発を大幅に効率化します。

    詳細
  • McDSPが使用可能

    ML4000 ML1/AE600 Active EQ/FutzBox/SA2 Dialog Processorの4種のプラグインを提供しています。

    詳細

その他の新機能

学習コンテンツ

ADXを学習する方向けにマニュアルやチュートリアルを公開しています。
※CRI ADXを試すには、問い合わせフォームより無償試用申し込みを行っていただくか、無償版サウンドミドルウェア「CRI ADX LE」(日本国内限定)をご利用下さい。

製品仕様

対応プラットフォーム iOS / Android
PlayStation®5 / Xbox Series X / Xbox Series S / Nintendo Switch / PlayStation®4 / Xbox One
Windows / macOS / アーケード
Stadia / HTML5
対応ゲームエンジン Unity / Unreal Engine 5 / Unreal Engine 4 /Cocos2d-x
ツール動作環境(OS) Windows7 以降 / macOS 10.11以降

導入フロー・料金

タイトルの販売形態によって導入フロー・料金が異なります。
アーケードゲーム向けなど下記に該当しない場合は個別にお問い合わせください。

STEP1
試用申し込み
お問い合わせフォームより、開発するプラットフォームやゲームエンジンなどをお知らせください。
STEP2
試用
各プラットフォーム向けの製品版を無期限で試用できます。
無償テクニカルサポートも利用できます(法人企業様に限ります)。
STEP3
導入決定
営業担当にご連絡ください。
ソフトの形態に応じて許諾料のご説明をし、許諾契約を行います。
契約締結後、「CRIWARE採用通知書」をご提出いただくことで、初期費35万円が発生します。
STEP4
タイトルリリース
配信日が確定したタイミングで「使用タイトル配信通知書」を提出いただきます。配信開始月から月額許諾料が発生します。
STEP5
サービス中
毎月の売上を翌月15日までにご報告いただきます。
売上額に応じて翌月の月額許諾料をご請求させていただきます。
STEP6
サービス終了
「使用タイトル配信終了通知書」をご提出いただきます。
月額のご請求が終了します。

料金表

下記に該当しない場合は個別にお問い合わせください。

STEP1
試用申し込み
お問い合わせフォームより、開発するプラットフォームやゲームエンジンなどをお知らせください。
STEP2
試用
各プラットフォーム向けの製品版を無期限で試用できます。
無償テクニカルサポートも利用できます(法人企業様に限ります)。
STEP3
導入決定
営業担当にご連絡ください。
ソフトの形態に応じて許諾料のご説明をし、許諾契約を行います。
STEP4
タイトルリリース
契約内容によっては、リリース後4半期ごとに製造本数などの報告が必要な場合がございます。

料金表

下記に該当しない場合は個別にお問い合わせください。

STEP1
試用申し込み
お問い合わせフォームより、開発するプラットフォームやゲームエンジン、コンテンツの販売形態などをお知らせください。
STEP2
試用
各プラットフォーム向けの製品版を無期限で試用できます。
無償テクニカルサポートも利用できます(法人企業様に限ります)。
STEP3
導入決定
営業担当にご連絡ください。
コンテンツの形態に応じて許諾料のご説明をし、許諾契約を行います。
STEP4
タイトルリリース
契約内容によっては、リリース後4半期ごとに製造本数などの報告が必要な場合がございます。

試用申し込み

お問い合わせフォームより、希望する製品やプラットフォーム、エンジンなどをお知らせください。
契約や料金についてのお問い合わせも下記フォームで受け付けております。