ボリュームを変更するには?

データ側でのボリューム変更

CRI Atom Craftのディテールペイン「FX1」タブで、キューのボリュームを変更します。
ボリュームの変更」を参考にしてください。

メリット

デザイナの意図通りに変更できる。
プログラムを変更する必要がない。

デメリット

データの差し替えがある。

プログラムによるボリューム変更

criAtomExPlayer_SetVolume 関数を使用すると、指定されたボリュームで再生されます。
再生中の音声に対しては、 criAtomExPlayer_UpdateAll 関数を呼び出さないとボリュームは変更されません。
サンプルプログラム「パラメーター変更再生」を参考にしてください。

メリット

データの差し替えがない。

デメリット

調整をデザイナとプログラマとで協力して行う必要がある。

AISACによるボリューム変更

ゲームの状況に応じて、プログラマ制御の下、ボリュームを変化させるにはAISAC インタラクティブサウンド機能「AISAC」を使用します。例えば、車のエンジン音やスポーツの歓声などです。

データ作成方法については、「AISACによるリアルタイムパラメーター制御」を参考にしてください。
再生方法については、「AISACコントロール」を参考にしてください。

トラックオートメーションによるボリューム変更

シーケンスの再生時刻に合わせて、ボリュームを変化させる場合、「トラックオートメーション」を使用します。

Return:Tips

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.