CRI ADX2(Unity)
入門編01 SDKの入手と導入

準備するもの

  • Unityエディタ
    • 本チュートリアルはUnity2017.4 LTSを基に説明します。
    • CRIWAREプラグインは、Unity 5 以降のバージョンであれば動作します。
  • Unityプロジェクト
    • 開発中のアプリのプロジェクト、もしくは新規のプロジェクトをご用意ください。
    • 以降では、新規のプロジェクトを作成した状態で説明します。
  • CRIWAREプラグイン
    • 下記方法で入手できます。

CRIWAREプラグインの入手方法

LE版(CRI ADX2 LE)

下記ページからダウンロードいただけます。
ダウンロード:https://www.adx2le.com/download/index.html

UP版(Unityアセットストア版)

購入ページ:https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/100086
もしくはストアで「CRIWARE」で検索するとヒットします。

Pro版(CRI ADX2)

下記フォームよりお問い合わせください。
試用申し込みフォーム:http://www.cri-mw.co.jp/contact/game.html

UnityプロジェクトにCRIWAREプラグインを導入

LE版/Pro版(.unitypackageをインポート)

1. 圧縮ファイルを解凍して、.unitypackageファイルの位置を確認
  パス:cri\unity\plugin\criware_unity_plugin.unitypackage

2. Unityエディタのメニューから「Assets > Import Package > Custom Package...」を選択

3. .unitypackageファイルを選択

4.Unityパッケージインポート画面で「Import」を押す

以上の手順を踏めば、Assetsフォルダ以下にCRI関連のファイルが配置されます。

UP版

Unityエディタ上でアセットストアのCRIプラグイン製品画面で「Download」⇒「Import」を押し、その後は上記LE版・Pro版ステップ4と同じ要領でインポートできます。
Assetsフォルダ以下の配置が異なりますが、動作に違いはありません。

※オーサリングツール(AtomCraft)について
CRIWAREプラグインで再生する音声データはCRI Atom Craftと呼ばれるオーサリングツールを用いて作成します。
LE版/Pro版の場合はSDKパッケージに含まれますが、UP版の場合、Unity Asset Storeにはプラグインしか置かれておりません。
代わりに、UP版の購入証明(INVOICE・領収書)で、以下のサポートサイトからダウンロードすることができます。

https://unityplugin.crimiddleware.com/
author:テイ