CRI ADX2(Unreal Engine4)
中級編13 ゲーム実行中に音を配置する

ゲーム実行中に任意のタイミングで任意の場所に音を発生させる方法を解説します。
この音声再生方法は、例えば衝突音や爆発音などを表現する場合に活用することができます。

実装してみる

レベルブループリントを開いてください。
Atomカテゴリにある「Spawn Sound at Location」というノードを配置します。
「Sound」には鳴らしたいキューを指定します。今回は「Bomb_3D」を指定します。
「Location」には音を設置したい座標を指定します。今回はランダムな座標に設置してみましょう。
最後に、スペースキー押下で「Spawn Sound at Location」が実行されるように設定します。

音を聴いてみる

ゲームを開始してください。
スペースキーを押すとランダムな場所から音が再生されます。

コンソールコマンド"cri.ShowSoundLocation 1"を実行して、音の発信源にスピーカーアイコンを表示すると分かりやすいでしょう。
コンソールコマンドの詳細については「デバッグ編 音源を表示する」をご覧ください。

author:上田 雄太,小野 正貴