CRI ADX2 サウンドオーサリングツール
AtomCraft ロボット

「Atom Craft ロボット」は、AtomCraftへの大量のサウンドデータの登録や登録済みサウンドデータの設定変更というような、手間のかかる作業や人為的ミスが発生しがちな作業を任意のルールで自動化することができる機能です。
※CRI Atom Craft ロボットは、Ver.3.44.18 以降から使用できます。

動画

  1. チュートリアルを試してみよう

  2. ロボット機能でアイテムのパラメーターを取り出してみよう

  3. 条件に合うトラックに色づけしてみよう

  4. サウンドデータを自動化しよう(CEDEC+KYUSHU 2020)

「条件に合うトラックに色づけしてみよう」で使用するサンプルスクリプトはこちらからダウンロードできます。

テキスト

  1. 01 Python3のインストール

  2. 02 データの準備

  3. 03 CRI Atom Craftのオブジェクト構造を理解しよう

  4. 04 オブジェクト名とパラメーターフィールド名

  5. 05 Hello Worldをスクリプトログに表示する

  6. 06 プロジェクトの作成と波形ファイルをキューに登録

  7. 07 パラメーター変更とプレビュー

  8. 08 ゲームデータ(ACF, ACB)の出力

  9. 09 オブジェクト検索関数の種類

  10. 10 find_object関数を使用してみよう

  11. 11 find_objects関数を使用してみよう

  12. 12 get_child_objects関数を使ってみよう

  13. 13 get_selected_objects関数を使ってみよう

  14. 14 スクリプトエディターに搭載されている便利機能を試そう

  15. 15 CSVを使ったキューシートの作成

  16. 16 CSVを使った未登録キューのチェック