プロジェクトツリー

プロジェクト以下のオブジェクトがツリー上に配置されています。
「キューシートフォルダー下にはキューシート」、「キューシート下にはキューまたはキューフォルダー」というようにオブジェクトの上下構造にはルールがあります。
それぞれのオブジェクトのルールは以下の通りです。


プロジェクトツリーのフォルダー
項目 説明 子要素
プロジェクト プロジェクトを意味する単位です。
削除できません。名前変更可。
GlobalSetteingsフォルダー
Usersフォルダー
全体設定フォルダー 広域な設定を含むフォルダーです。
削除できません。
ターゲットコンフィグフォルダー
AISACコントロールフォルダー
DSPバス設定フォルダー
ボイスリミットグループフォルダー
ターゲットコンフィグフォルダー ターゲットコンフィグ を含むフォルダーです。
削除できません。
ターゲットコンフィグオブジェクト
言語設定フォルダー 言語設定 を含むフォルダーです。
削除できません。
言語設定オブジェクト
DSPバス設定フォルダー DSPバス設定を含むフォルダーです。
削除できません。
DSPバス設定オブジェクト
カテゴリフォルダー カテゴリグループ、それ以下にカテゴリを含むフォルダーです。
削除できません。
カテゴリグループオブジェクト
ボイスリミットグループフォルダー ボイスリミットグループを含むフォルダーです。
削除できません。
ボイスリミットグループ (作成可)
AISACコントロールフォルダー AISACコントロールを含むフォルダーです。
削除できません。
AISACコントロールオブジェクト
グローバルAISACフォルダー グローバルAISACを含むフォルダーです。
削除できません。
AISACオブジェクト
ユーザーフォルダー キューシート、キューなどオーサリングするフォルダーです。
を削除できません。
キューシートフォルダー
リファレンスフォルダー ユーザー単位で参照するAISACを含むフォルダーです。
を削除できません。
AISACフォルダー
キューシートフォルダー キューシートを含むフォルダーです。
削除できません。
キューシート(作成可)
キューシート キューシートバイナリファイルを出力する単位となります。 キュー (作成可)
キューフォルダー (作成可)
キュー キュートラックおよびトラックが配置されます。
キュートラックはキューと同名で、削除できません
マテリアルフォルダーからマテリアルをドロップすると、ウェーブフォームリージョン配置済みのトラックが追加されます。
チェックを無効にするとキューシートバイナリファイルから除外されます。
トラック (作成可)
キューフォルダー キューを階層管理できます。
キューを整理することなどに利用することができます。また、キューフォルダーごとにツリーを閉じることができるため、
例えばキューリンクとして使うキューを1つのキューフォルダーに集める、という使い方も便利です。
キュー (作成可)
キューフォルダー (作成可)
トラック リージョンが配置されるオブジェクトです。マテリアルフォルダーからマテリアルをドロップすると、
トラック下にウェーブフォームリージョンが配置されます。
チェックを無効にするとキューシートバイナリファイルから除外されます。
ウェーブフォームリージョン
キューリンク
サブシーケンス (作成可)
ウェーブフォームリージョン 最も低レベルなオブジェクトです。波形と静的なパラメーターを持ちます。
トラック下のウェーブフォームリージョンは、マテリアルルートフォルダー下のマテリアルのリンクとなります。
タイムラインのトラック下のものを、ウェーブフォームリージョンと呼びます。
マテリアルルートフォルダー 削除できません。
マテリアルを管理するフォルダーです。
サブフォルダー
マテリアル


参照:

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.